公開日:2021/07/30

お彼岸の帰省にはどんな手土産がいいの?

秋のお彼岸シーズンになると、お墓参りをするために家族や親戚が集まることが多いのではないでしょうか。そこで必要になるのが、手土産です。そこで今回は、秋のお彼岸の帰省に持っていく手土産の選び方やマナーなどについてご紹介します。

 

お彼岸とは?


お彼岸の「彼岸」は、「波羅蜜多(はらみった)」という仏教用語からきた言葉とされています。現世をあらわす「此岸(しがん)」にある者が、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の修行をすることで「悟りの世界」にたどり着けるという教えが由来になっています。また、現世の向こう岸=「彼岸」にあるのが「極楽浄土」と考えられています。お彼岸はもともと「祖先のお祭り」をする日だったことから、祖先のお墓参りをする習慣が芽生えていったそうです。

お彼岸の期間は、春分の日と秋分の日のそれぞれ前後3日間を含む計7日間です。初日を「彼岸の入り」、春分・秋分の日を「中日」、最終日を「彼岸明け」と呼び、中日が極楽浄土と現世がもっとも近くなる日と考えられています。ちなみに「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、これは「春分の日の頃から寒さがましになり、秋分の日を過ぎれば暑さがやわらぐ」という意味です。

 

<個包装だからお日持ちも安心 ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

お彼岸にはどんなことをするの?


お彼岸のいちばんの目的は、お墓参りをして祖先に想いを馳せることにあります。お墓参りは、お墓を掃除して、お花、お水、お菓子や果物を供えます。やむを得ぬ事情で期間内に訪問できない場合は、家族や親戚に理由を伝え、時期をずらしていきましょう。家によっては、お坊さんにお経を読んでいただいたり、お彼岸の法要を合同で行う場合もあります。

 

そもそもお彼岸の帰省に手土産は必要?


お供え物だけでもマナー違反にはなりませんが、ぜひ手土産を持っていくことをおすすめします。せっかく家族や親戚が集まる機会ですし、久しぶりに会うという方も多いでしょう。手土産を持っていくだけで場の雰囲気もなごみ話題にも花が咲きます。手土産の予算は、それぞれの家の事情によって異なりますが、おおよそ3,000〜5,000円が相場のようです。あまり高価なものは気を遣わせてしまうので避けたほうが無難です。ただし、親戚がたくさん集まることで、手土産の数が多くなって相場よりも高くなってしまう場合もあります。そのようなことがないよう、事前に出席する人数を確認しておくと安心です。

 

<ご予算に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

お彼岸の手土産にはどんなものがあるの?


お供え物も兼ねる場合

お彼岸の手土産には、お供え物としても使えるものを持っていくことが多いようです。秋のお彼岸の場合は、おはぎが定番です。そのほか、日持ちのするお菓子やお花、故人が好きだった食べ物やお酒なども人気です。お花を供える場合は、白や淡い色のお花を選ぶとよいでしょう。

 

お供え物と分ける場合

お彼岸の手土産は、お供え物と違うカテゴリーのものにするのも手です。その場で一緒に食べられるお菓子や果物、地元の名産品や銘菓、義父母の好物などがおすすめです。お菓子は個別に包装されているものを選びましょう。みんなシェアできるので家族や親戚が集まる場所にはぴったりです。

 

<老若男女問わず喜ばれる  ヨックモックの「シガール」はこちら

 

お彼岸の手土産には「のし」をつけて


お彼岸の手土産には、水引だけが印刷された「のし紙」をつけるのが一般的です。のし紙は地域によって異なりますが、「黒白」「黄白」「双銀」のいずれかの色の水引もしくは「結び切り」になっているものを選びます。表書きには「御供」と記します。

 

 

いかがだったでしょうか。お彼岸は家族や親戚が集まり、ご先祖様や故人に想いを馳せる貴重な機会です。慣れない場所で緊張するという方もいらっしゃると思いますが、手土産を持っていけばひとまずは大丈夫です。帰省中のひとときを、より良いものにしてくれるはずです。ぜひ今年のお彼岸は、皆さんに喜んでいただけるような手土産を持って、家族や親戚と一緒に素敵な時間を過ごしてみませんか。

 

【関連コラム】

お盆の前に覚えておきたい「新盆」と「旧盆」の違いって?

押さえておきたい!「お彼岸」のマナーあれこれ

こころ穏やかに過ごすために 知っておきたい「お彼岸」のこと

  1. オンライン
  2. お返し
  3. 移転祝い
  4. シガール
  5. 洋菓子
  6. アイスクリーム
  7. 由来
  8. 成人内祝い
  9. クッキー詰め合わせ
  10. お宮参り
  11. お彼岸
  12. 子ども
  13. プレゼント.贈りもの
  14. 出産祝い
  15. 内祝い
  16. 周年記念
  17. カーネーション
  18. チョコ
  19. 発表会
  20. お中元.マナー
  21. イースター
  22. 出産内祝い
  23. 米寿
  24. クリスマス
  25. フルーツジュレ
  26. ラングドシャー
  27. 異動
  28. プチギフト
  29. お香典返し
  30. 焼き菓子詰め合わせ
  31. ハロウィン
  32. ダイヤモンド婚式
  33. クッキーラングドシャー
  34. 結婚祝い
  35. 紅茶
  36. 贈り物
  37. 定年退職祝い
  38. GW
  39. 卒業祝い
  40. お花見
  41. 子どもの日
  42. 歴史
  43. 引越し内祝い
  44. 手渡し
  45. お祝い
  46. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  47. イベント
  48. プレゼント
  49. チョコレート
  50. 災害見舞い
  51. 雨の日
  52. 手土産
  53. 配送
  54. 香典返し
  55. バレンタインデー
  56. 結婚式
  57. 入学祝い
  58. 詰め合わせ
  59. バレンタイン
  60. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  61. お菓子
  62. ティータイム
  63. ふくさ
  64. 初詣
  65. 就職祝い
  66. 年末
  67. 節句
  68. 冠婚葬祭
  69. 入社祝い
  70. 景品
  71. のし
  72. ビジネス
  73. 男性
  74. 新築内祝い
  75. 厄年
  76. 傘寿
  77. 洋菓子詰め合わせ
  78. 誕生日
  79. 水引
  80. ご褒美
  81. 年始
  82. 入園祝い
  83. 菓子折り
  84. お歳暮
  85. 寒中見舞い
  86. 初節句
  87. 夏休み
  88. クッキー詰めわせ
  89. 忘年会
  90. 法事
  91. 謝罪
  92. お餞別
  93. 結婚記念日
  94. 子供
  95. お礼状
  96. 孫の日
  97. ゴールデンウィーク
  98. 母の日
  99. 白寿
  100. 新盆
  101. 結婚
  102. 残暑見舞い
  103. 風呂敷
  104. 卒寿
  105. 楽しい
  106. ギフト
  107. おもてなし
  108. スイーツ
  109. アイスティー
  110. 開業祝い
  111. お正月
  112. ホワイトデー
  113. 職場復帰
  114. 成人式
  115. ケーキ
  116. お年賀
  117. お礼
  118. お見舞い
  119. 卒園祝い
  120. 社内表彰
  121. 葬式
  122. 昇進祝い
  123. お土産
  124. 餞別
  125. おうち時間
  126. マナー
  127. お盆
  128. 喪中
  129. 金婚式
  130. 七五三
  131. 栄転祝い
  132. ジューンブライド
  133. 父の日
  134. 退職
  135. 家庭訪問
  136. 職場
  137. 新年会
  138. 引越し
  139. 訃報
  140. 端午の節句
  141. お供え物
  142. 義父
  143. お食い初め
  144. 梅雨
  145. おすすめ
  146. 厄払い
  147. 長寿
  148. 退職祝い
  149. お中元
  150. ウエディング
  151. 引き出物
  152. 結納
  153. 期間限定商品
  154. 卒業
  155. 七夕
  156. 成人祝い
  157. 快気祝い
  158. 旧盆
  159. 焼き菓子
  160. 産休
  161. 敬老の日
  162. 快気内祝い
  163. 喜寿
  164. 節分
  165. 暑中見舞い
  166. 銀婚式
  167. 引越し祝い
  168. 社内イベント
  169. 帰省
  170. 年末年始
  171. クリスマスケーキ
  172. 緑寿
  173. 贈りもの
  174. クッキーラングドシャ―
  175. 新築祝い
  176. スポーツ
  177. 義母
  178. 取引先
  179. 親睦会
  180. 転職
  181. 還暦
  182. 季節のご挨拶
  183. ガトーエクセラン
  184. 南青山ロール
  185. クッキー
  186. ご挨拶
  187. お泊り会
  188. プロポーズ