関連キーワード

公開日:2021/06/25

「厄年」の方に贈りたいおすすめギフトと贈ってはいけないもの

「厄年」とは、その名のとおり、災いに遭いやすい年齢とされています。ただの迷信と思っている方も多いようですが、年齢を重ねれば誰にでも訪れるものなので、やはり気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、厄年の方に贈りたいおすすめのギフト、贈ってはいけないないものをご紹介します。

 

 

そもそも厄年とは?


厄年とは、古くから日本に伝わる風習で、災難に遭いやすいとされる年齢のことです。厄年を迎えたら体調や災難に気をつけて過ごしたい年とされています。厄年は男女によって年齢が異なります。男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳。女性の場合は、数え年で19歳、33歳、37歳が一般的です。

厄年は本厄と呼び、その前後の年を、前厄・後厄と呼んでいます。数え年は生まれた年を1歳として、元旦を迎えるごとにひとつ歳をとります。

 

厄年の贈りものは縁起のいい日に渡す


厄年の贈りものは、いつまでに渡さなければいけないという決まりはありませんが、元旦から立春の前日までの間、つまり「節分の日」までに渡すのが一般的です。元旦は「一年の始まり」であり、立春には「年度の始まり」という考え方があることから、厄年の贈りものは節分までに渡すのがよいでしょう。

縁起のいい日といえば「大安」が有名ですが、1年でもっとも縁起のいい日とされる「天赦日」、物事を始めるのにいいとされる「一粒万倍日」、金運の象徴といわれる「寅の日」「辰の日」も縁起のいい日とされています。神社などで厄払いをする予定がある場合は、その日に合わせて贈ってもよいですが、災いはいつ起こるかわからないので早めに渡すことをおすすめします。

 

<バターの風味豊かでコーヒーや紅茶との相性抜群 「シガール」はこちら

 

厄年の方に贈るおすすめのギフト


【厄除けになる贈りもの】

長いもの

厄年の贈りものとして定番なのが、長寿を連想させる「長いもの」です。男性に贈るなら、ネクタイ、ベルト。女性に贈るなら、ネックレスやスカーフなどがおすすめです。マフラー、長財布、ベルト付きの腕時計などは、男女どちらに贈ってもよいでしょう。

 

七色のもの

縁起のいい数字である「7」に関連した「七色のもの」も人気です。「七色のもの」を身につけておくと、厄年に降りかかる災いや難を取り除くといわれているためです。男性に贈るなら、七色の糸を織り込んだネクタイ。女性に贈るなら、七色を取り入れたアクセサリーなどがおすすめです。

 

ヘビ柄のもの

古くから「ヘビ柄のもの」を身につけると魔除けになり、厄を免れるといわれています。これは、ヘビが神様に仕える神聖な生き物とされているためです。男性に贈るなら、ヘビ柄のベルトやバッグ。女性に贈るなら、ヘビ柄の財布やポーチなどのファッションアイテムがおすすめです。

 

<サクッとした生地にチョコレートをサンド  クッキーラングドシャーはこちら

 

【健康を気遣う贈りもの】

厄年は健康に注意しなければならない年なので、仕事や趣味で忙しくされている方や年配の方には、健康を気遣う贈りものもおすすめです。マッサージグッズ、血圧計、万歩計などの健康器具や、バスソルト、アロマグッズなど、日頃の疲れを癒してくれるようなアイテムも人気です。人間ドックや健康診断に使えるギフト券と贈る場合は、相手にしっかり説明できるよう使える場所や検診内容などを確認しておきましょう。

 

のし紙はどうするの?


厄年の贈りものには、のし紙をつけて渡すのがマナーです。紅白5本の結び切り、もしくは、蝶結びの水引を選んでください。表書きには「厄除け祈念」「厄払い祈願」もしくは「厄除」と書きましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。厄年は災いに遭いやすい年とされているため、厄年を迎える多くの方が不安な思いをされているかと思います。しかし厄年は人生の節目であり、健康について考える絶好の機会ともいえます。「厄年の人=役に立つ人」と捉えるという説もあり、必ずしも悪い意味ばかりではないようです。

厄年を迎えた方が、すこしでも幸せな気持ちになっていただけるような縁起のいいギフトを選びましょう。

 

【関連コラム】

知っておきたい!「災害見舞い」の選びかたと注意するべきこと

「快気祝い」とどこが違うの?「快気内祝い」の意味やマナー

「快気祝い」って一体なに? どんなものを贈れば良いの

きちんと贈れば好印象!「昇進祝い」の贈りかたと正しいマナー

  1. ゴールデンウィーク
  2. 敬老の日
  3. お餞別
  4. 快気内祝い
  5. お見舞い
  6. お土産
  7. 入社祝い
  8. バレンタインデー
  9. 内祝い
  10. 傘寿
  11. 焼き菓子
  12. 新築祝い
  13. 産休
  14. 子ども
  15. お菓子
  16. 発表会
  17. 卒園祝い
  18. 職場
  19. 寒中見舞い
  20. 義父
  21. 成人式
  22. 還暦
  23. 焼き菓子詰め合わせ
  24. 金婚式
  25. お正月
  26. 手渡し
  27. ハロウィン
  28. 職場復帰
  29. クッキーラングドシャー
  30. 季節のご挨拶
  31. バレンタイン
  32. 入学祝い
  33. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  34. ケーキ
  35. 詰め合わせ
  36. 新築内祝い
  37. 就職祝い
  38. 洋菓子
  39. 義母
  40. お供え物
  41. お盆
  42. 期間限定商品
  43. クリスマス
  44. 年始
  45. 南青山ロール
  46. 結婚
  47. 誕生日
  48. 出産祝い
  49. 洋菓子詰め合わせ
  50. アイスティー
  51. 出産内祝い
  52. スイーツ
  53. プチギフト
  54. 新盆
  55. 引き出物
  56. 喪中
  57. 配送
  58. 年末年始
  59. ホワイトデー
  60. お泊り会
  61. 家庭訪問
  62. 厄払い
  63. 厄年
  64. 入園祝い
  65. クッキー詰め合わせ
  66. お宮参り
  67. ご挨拶
  68. 謝罪
  69. 冠婚葬祭
  70. お中元
  71. お香典返し
  72. 快気祝い
  73. イースター
  74. 風呂敷
  75. 銀婚式
  76. のし
  77. 退職
  78. 引越し祝い
  79. 節句
  80. クッキーラングドシャ―
  81. ダイヤモンド婚式
  82. 紅茶
  83. ウエディング
  84. 香典返し
  85. 由来
  86. 七五三
  87. 白寿
  88. 結婚式
  89. お中元.マナー
  90. 葬式
  91. お花見
  92. 歴史
  93. 暑中見舞い
  94. 結納
  95. プロポーズ
  96. 引越し
  97. 餞別
  98. 訃報
  99. 手土産
  100. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  101. お彼岸
  102. 取引先
  103. 退職祝い
  104. 初詣
  105. 引越し内祝い
  106. 帰省
  107. 災害見舞い
  108. 旧盆
  109. シガール
  110. お年賀
  111. 昇進祝い
  112. ジューンブライド
  113. 卒業
  114. 菓子折り
  115. 楽しい
  116. ふくさ
  117. お礼
  118. プレゼント
  119. 米寿
  120. お祝い
  121. ティータイム
  122. クッキー詰めわせ
  123. 年末
  124. 異動
  125. 長寿
  126. カーネーション
  127. 緑寿
  128. 成人内祝い
  129. マナー
  130. チョコ
  131. 結婚記念日
  132. 節分
  133. クリスマスケーキ
  134. お礼状
  135. 初節句
  136. ビジネス
  137. 栄転祝い
  138. 結婚祝い
  139. 七夕
  140. 法事
  141. 端午の節句
  142. 卒寿
  143. ギフト
  144. アイスクリーム
  145. 夏休み
  146. 子どもの日
  147. 贈りもの
  148. 子供
  149. 水引
  150. チョコレート
  151. ガトーエクセラン
  152. 梅雨
  153. 父の日
  154. プレゼント.贈りもの
  155. ご褒美
  156. お歳暮
  157. 雨の日
  158. 贈り物
  159. ラングドシャー
  160. お返し
  161. フルーツジュレ
  162. 喜寿
  163. 開業祝い
  164. クッキー
  165. 成人祝い
  166. おもてなし
  167. GW
  168. 残暑見舞い
  169. 転職
  170. おうち時間
  171. 卒業祝い
  172. 母の日