公開日:2021/05/21

失礼になる前に押さえておきたい!取引先に贈るお中元のマナー

ビジネスシーンにおいて、取引先への季節のご挨拶は欠かせないものです。しかし、正しい贈り方を知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、取引先に贈るお中元のマナーをご紹介します。大事な取引先に失礼がないように基本的なマナーを押さえておきましょう。

 

<大切な人へ感謝の気持ちをお届け  ヨックモックのお中元特集2021はこちら

 

お中元を贈る時期は?


お中元を贈る時期は地域によって異なります。関東では7月1日〜15日、関西では7月15日〜8月15日頃に贈りあうのが一般的です。お中元を贈る時期は相手の地域にあわせて贈るのがマナーです。

 

北海道:7月15日〜8月15日頃 ※

東北:7月1日〜15日

関東:7月1日〜15日

北陸:7月1日〜15日

東海:7月15日〜8月15日頃※

関西:7月15日〜8月15日頃※

中国:7月15日〜8月15日頃※

四国:7月15日〜8月15日頃※

九州:8月1日〜15日頃

沖縄:旧暦のお盆まで

 

・※の地域では、最近は7月初旬から贈るという方が増えているようです。

・北陸地方は地域によって異なります(例:金沢7月1日〜15日、能登7月15日〜8月15日)

 

時期を過ぎてしまった場合は?


お中元を贈る時期を過ぎてしまってもマナー違反にはなりません。もし遅れそびれてしまった場合は、のしの表書きを変えて贈ってください。

・7月16日〜立秋(8月7日頃)まで 「暑中御見舞」もしくは「暑中御伺」に
・立秋(8月7日頃を過ぎてから)〜9月上旬まで 「残暑御見舞」もしくは「残暑御伺」に

 

<ヨックモックの夏ギフト フルーツ ジュレはこちら

 

取引先に贈るお中元の相場は?


取引先に贈るお中元の予算は、5,000〜10,000円程度が相場です。特にお世話になっている取引先には10,000円を上限に選ぶとよいでしょう。ただし、あまり高価なものを贈るのはNGです。人数の多い職場に贈る場合は10,000円程度を想定しておきましょう。

 

<バター豊かな風味は紅茶やコーヒーと相性抜群 「シガール」はこちら

 

お中元を贈ってはいけない人もいる


お中元は日頃の感謝を伝えるために贈るものですが、中には、贈ってはいけない相手もいます。政治家や公務員にお中元などの金品を贈ることは法律で禁止されているので注意してください。せっかく贈っても返送されてしまうこともあるので、かえって迷惑になります。

また、会社によっては、お中元のやり取りを禁止している場合もあります。あらかじめ上司や先輩などに、お中元を贈っても大丈夫なのかどうかを事前に確認しておくことをおすすめします。どうしても品物を贈りたい場合は、お中元ではなく、「御礼」の品として贈りましょう。

 

取引先に贈るお中元の選び方は?


日持ちがするものを選ぶ

賞味期限の短い食べものや生ものは、すぐに食べきらないといけないので、仕事や作業の邪魔になって迷惑になることもあります。「なるべく早くお召し上がりください」という一言を添えたとしても、すぐに食べていただける保証もありません。長く日持ちがする、ゆっくりと食べられるものを選ぶようにしましょう。

個包装でシェアしやすいものを選ぶ

個別に包装されているお菓子などは、仕事中や作業中のちょっとした合間に食べることができるので便利です。職場内や部署内でシェアしやすいというメリットもあります。事前に人数などを考慮し、なるべく多くの方の手に行き渡ることを想定しておきましょう。

毎年同じものを選ぶ

はじめての取引先に贈る場合は、相手に名前を覚えてもらうために、あえて毎年同じものを贈るという方もいらっしゃいます。女性が多い職場には、TVなどで紹介された話題の商品を贈ってもよいでしょう。また、先方が普段あまり目にすることのない地元の特産品なども喜ばれるのではないでしょうか。

 

<個包装だから、仕事の合間に楽しめる ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

お中元の渡し方は?


お中元は本来、直接手渡しするのがマナーです。しかし最近は、宅配便などを利用することも珍しくありません。郵送などで贈る場合には、品物だけではなく送り状を同封するのがマナーです。

送り状には、以下のような内容を書くのが一般的です。すべてを盛り込む必要はありませんが、相手との関係性を考慮しながら、自分の素直な気持ちを率直に書き記してください。

1)時候のあいさつ
2)お礼・感謝の気持ち
3)いただいた品物に対する感想
4)家族や社員などの反応や感想
5)今後のお付き合いをお願いする言葉
6)相手の健康を気遣う言葉

 

 

いかがでしたでしょうか。お世話になっている大事な取引先へのお中元は、贈るものだけではなく、贈りかたも重要になります。取引先から好印象を持たれれば、あなた自身の社内評価も上がるかもしれません。お中元の準備は忙しい仕事の合間で手間がかかることかもしれませんが、今回ご紹介したマナーをしっかり押さえて本当に喜ばれるお中元を贈ってください。

 

【関連コラム】

取引先に贈る「お中元」のおすすめギフト

お中元とお歳暮の違いとは

お中元の時期は全国で違うって本当?地域別・お中元を贈る時期

間違ったら恥ずかしい!水引の種類と正しい使い方

「お中元」を配送で贈るときのメリットとマナーって?

 

 

  1. お祝い
  2. フルーツジュレ
  3. 初節句
  4. 卒業
  5. お礼
  6. 結婚
  7. ゴールデンウィーク
  8. 謝罪
  9. イースター
  10. 引越し祝い
  11. 結納
  12. 米寿
  13. のし
  14. 就職祝い
  15. お彼岸
  16. 成人内祝い
  17. お土産
  18. 夏休み
  19. 葬式
  20. お盆
  21. 入園祝い
  22. 残暑見舞い
  23. クッキー詰め合わせ
  24. ウエディング
  25. 還暦
  26. 雨の日
  27. 年始
  28. 結婚祝い
  29. お菓子
  30. 結婚記念日
  31. 帰省
  32. 成人式
  33. 紅茶
  34. 引き出物
  35. クッキーラングドシャ―
  36. 子どもの日
  37. お正月
  38. 入社祝い
  39. ハロウィン
  40. ホワイトデー
  41. アイスティー
  42. おうち時間
  43. 贈り物
  44. 配送
  45. 白寿
  46. 節句
  47. ラングドシャー
  48. 入学祝い
  49. プレゼント.贈りもの
  50. 金婚式
  51. 香典返し
  52. 喪中
  53. バレンタイン
  54. 楽しい
  55. 冠婚葬祭
  56. ジューンブライド
  57. 初詣
  58. お供え物
  59. ケーキ
  60. 快気祝い
  61. 職場
  62. お礼状
  63. 新築内祝い
  64. 寒中見舞い
  65. 栄転祝い
  66. 節分
  67. 卒園祝い
  68. 新築祝い
  69. お返し
  70. お歳暮
  71. ダイヤモンド婚式
  72. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  73. クッキー
  74. 七五三
  75. ティータイム
  76. プロポーズ
  77. お見舞い
  78. 転職
  79. スイーツ
  80. クッキーラングドシャー
  81. 出産祝い
  82. 南青山ロール
  83. シガール
  84. 緑寿
  85. 退職祝い
  86. 喜寿
  87. 結婚式
  88. 成人祝い
  89. 端午の節句
  90. 子ども
  91. 異動
  92. お香典返し
  93. クリスマスケーキ
  94. 卒寿
  95. 義母
  96. クリスマス
  97. マナー
  98. 訃報
  99. お餞別
  100. ギフト
  101. 歴史
  102. 季節のご挨拶
  103. 法事
  104. 出産内祝い
  105. 暑中見舞い
  106. 傘寿
  107. 取引先
  108. 敬老の日
  109. 内祝い
  110. 風呂敷
  111. 梅雨
  112. 贈りもの
  113. クッキー詰めわせ
  114. お中元.マナー
  115. アイスクリーム
  116. ご挨拶
  117. 銀婚式
  118. 引越し
  119. 発表会
  120. カーネーション
  121. プチギフト
  122. 洋菓子詰め合わせ
  123. 引越し内祝い
  124. 退職
  125. お泊り会
  126. 手土産
  127. 開業祝い
  128. 義父
  129. バレンタインデー
  130. ご褒美
  131. 父の日
  132. 水引
  133. 七夕
  134. プレゼント
  135. 期間限定商品
  136. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  137. GW
  138. 誕生日
  139. 年末年始
  140. チョコレート
  141. お年賀
  142. 詰め合わせ
  143. ガトーエクセラン
  144. ビジネス
  145. 餞別
  146. お中元
  147. おもてなし
  148. 昇進祝い
  149. 年末
  150. 母の日
  151. お花見
  152. 卒業祝い
  153. 長寿
  154. 洋菓子
  155. 家庭訪問
  156. チョコ
  157. 由来
  158. 子供