関連キーワード

公開日:2021/04/23

6月の花嫁・ジューンブライドの由来とは?

“6月の花嫁”といえば、「ジューンブライド」です。

一年の中で、もっとも多くの女性が憧れる結婚式として有名ですが、その由来について知っているという方は少ないのではないでしょうか。ジューンブライドの由来には諸説があるといわれています。

そのいくつかの由来とともに、ジューンブライドのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

 

<大切な人の幸せを願って  ヨックモックの結婚お祝いギフトはこちら

 

ジューンブライドの由来は?


ジューンブライドの由来には諸説あります。特に有名なのは、以下の3つです。

 

女神ユノ説

もっとも有力な説は、ローマ神話の主神・ユピテルの妻ユノ(Juno)を由来とする説です。

ローマ神話では、1月から6月までのそれぞれの月を守る神がいましたが、6月を守る神が“結婚・出産・育児”の象徴といわれているユノです。ユノはアルファベットで「Juno」と書きますが、これは「June=6月」の語源にもなっています。「6月に結婚すると女神・ユノに守られて幸せな結婚生活を送ることができる」という伝説は、ここから生まれたとされています。

結婚解禁月説

かつてヨーロッパでは、農作業が忙しくなる3月〜5月の3ヶ月間は結婚が禁止されていました。晴れて解禁となる6月に多くのカップルが結婚式を挙げたことから、これを由来とする説もあります。農作業を終えた多くの人々から祝福されるため他の月よりも幸せになれると考えられていたそうです。

ただし、ヨーロッパのいつ頃の話なのか、本当に結婚式が禁じられていたのかどうかは定かではありません。

結婚式ベストシーズン説

ヨーロッパの6月は1年間でもっとも雨が少なく、晴天が多い時季にあたります。結婚式を挙げる最適なタイミングであることから、ジューンブライドが生まれたという説もあります。また6月のヨーロッパには「復活祭」があることから、ヨーロッパ全体がお祝いムードに包まれています。多くの人から祝福されることによって、6月に結婚すると幸せになれると伝えられています。

 

<バター豊かな風味は紅茶やコーヒーと相性抜群 「シガール」はこちら

 

どうやって日本に広まったの?


ジューンブライドはどのようにして日本に広まったのでしょうか。気候に恵まれているヨーロッパとは異なり、日本の6月は梅雨の季節にあたります。あたたかい気候ではありますが、雨が多いため結婚式に適しているとはいえません。そのため、昔は6月に結婚式を挙げるカップルは少なかったようです。

ジューンブライドが日本に広まったのは、1960年代後半といわれています。梅雨の時期に閑散としてしまうブライダル業界をなんとかしたいと考えたホテルオークラの副社長が、「6月に結婚式を挙げたカップルは幸せになれる」とした女神ユノのエピソードを宣伝に使用しました。このロマンチックな伝説に共感する人々が少しずつ増えていき、ジューンブライドは日本全国に広まっていきました。

 

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

ジューンブライドのメリット&デメリットは?


メリット1:費用が安め

日本では6月は梅雨の時期にあたるため、結婚式の費用が比較的安く抑えられるというメリットがあります。繁忙期ではないこともあり、結婚式場などによってはお得なプランが用意されている場合もあります。

メリット2:気候がちょうど良い

6月は雨の多い季節ですが、適度な気温で過ごせるという魅力があります。暑すぎず寒すぎない、ちょうどいい温度なので、ゲストのみなさんが服装選びに悩むことも少ないでしょう。

メリット3:新婚旅行に最適の季節

結婚式が終わった後に、海外に新婚旅行に出かける計画があるなら、6月は最適の季節です。どこの国に行くかによって異なりますが、ハワイやヨーロッパなどは過ごしやすい季節なので存分に満喫することができます。6月はシーズンオフにあたるので旅行費用も抑えられます。

 

デメリット1:屋外演出が計画しにくい

雨が降りやすい季節なので、教会の外でのフラワーシャワーやバルーンリリース、ガーデンパーティなどの演出は、雨が降った場合の代替案を考えておかなければなりません。雨が降っても問題ない全天候型の結婚式場を選ぶなどの対策が必要です。

デメリット2:服装や髪型に困る

雨になることで湿気も多くなるので、結婚式に参列するゲストにとっては服装や髪型に気を付けなければなりません。6月に結婚式を行う場合は、タオルやドライヤーなどを準備しておくと喜ばれます。

 

<みんなで分け合える  ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

いかがでしたでしょうか。ジューンブライドの由来には諸説がありますが、どの説をとっても女性が幸せを感じることには変わりありません。6月は日本では雨の多い季節なのでジューンブライドを避けるというカップルも多いようですが、女神のご加護を受けるジューンブライドは、結婚式を挙げるカップルだけではなく、参列するゲストの方々をも幸せにしてくれる結婚式だと言えるでしょう。

「愛する人と結婚して末永く幸せになりたい」という願いは、世界共通なのです。

 

【関連コラム】

【覚えておきたい基本マナー】 結婚式の内祝いの相場ってどれぐらい?

どんなものを贈ればいいの?「新築祝い・引越し祝い」のマナー

ティータイムを楽しもう! ギフトの洋菓子にぴったりの紅茶の選び方

選んで楽しい&もらってうれしい!おすすめプチギフト

  1. プレゼント.贈りもの
  2. 異動
  3. 還暦
  4. 節句
  5. お年賀
  6. アイスクリーム
  7. イースター
  8. 退職祝い
  9. 傘寿
  10. ラングドシャー
  11. シガール
  12. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  13. お泊り会
  14. 職場
  15. 詰め合わせ
  16. 喜寿
  17. ケーキ
  18. 喪中
  19. 米寿
  20. 雨の日
  21. ジューンブライド
  22. 開業祝い
  23. 新築祝い
  24. 栄転祝い
  25. 洋菓子詰め合わせ
  26. ウエディング
  27. お彼岸
  28. ご褒美
  29. 年末
  30. 引き出物
  31. お正月
  32. 初節句
  33. お花見
  34. 出産内祝い
  35. 入園祝い
  36. ご挨拶
  37. スイーツ
  38. 節分
  39. 楽しい
  40. 成人祝い
  41. 香典返し
  42. ビジネス
  43. お餞別
  44. アイスティー
  45. 結婚式
  46. 梅雨
  47. 紅茶
  48. 緑寿
  49. お香典返し
  50. プロポーズ
  51. 訃報
  52. カーネーション
  53. おもてなし
  54. 端午の節句
  55. GW
  56. 誕生日
  57. 期間限定商品
  58. 子供
  59. 手土産
  60. クッキー
  61. 葬式
  62. 結婚祝い
  63. ホワイトデー
  64. 寒中見舞い
  65. 新築内祝い
  66. 贈りもの
  67. お祝い
  68. 取引先
  69. 成人内祝い
  70. 転職
  71. チョコレート
  72. のし
  73. ハロウィン
  74. ゴールデンウィーク
  75. お供え物
  76. プレゼント
  77. 夏休み
  78. 歴史
  79. 配送
  80. お菓子
  81. 家庭訪問
  82. 退職
  83. クッキーラングドシャー
  84. 入学祝い
  85. 義父
  86. お盆
  87. 結婚
  88. プチギフト
  89. クッキー詰めわせ
  90. 義母
  91. お見舞い
  92. 卒寿
  93. 風呂敷
  94. 父の日
  95. 残暑見舞い
  96. 発表会
  97. 餞別
  98. 年末年始
  99. お歳暮
  100. お礼
  101. 就職祝い
  102. 内祝い
  103. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  104. 快気祝い
  105. 季節のご挨拶
  106. お土産
  107. 引越し
  108. 子どもの日
  109. 初詣
  110. 卒業
  111. ギフト
  112. ティータイム
  113. 出産祝い
  114. 水引
  115. お中元
  116. 入社祝い
  117. 母の日
  118. クッキーラングドシャ―
  119. おうち時間
  120. 由来
  121. 成人式
  122. 長寿
  123. 年始
  124. 引越し祝い
  125. チョコ
  126. 結納
  127. 敬老の日
  128. 南青山ロール
  129. ガトーエクセラン
  130. クッキー詰め合わせ
  131. 銀婚式
  132. 卒園祝い
  133. 暑中見舞い
  134. マナー
  135. バレンタインデー
  136. バレンタイン
  137. 卒業祝い
  138. クリスマスケーキ
  139. 昇進祝い
  140. 結婚記念日
  141. クリスマス
  142. 冠婚葬祭
  143. 法事
  144. 帰省
  145. 謝罪
  146. 引越し内祝い
  147. 洋菓子
  148. 七五三