公開日:2021/04/23

「お中元」を配送で贈るときのメリットとマナーって?

お中元は、日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える夏の贈りものです。本来は先方に直接ご挨拶にうかがったうえで品物を手渡しするのがマナーですが、最近はネットショッピングを利用して配送で贈るという方が主流のようです。

そこで今回は、お中元を配送で贈る場合のマナーなどについてご紹介します。

 

 

お中元を配送で贈るメリットは?


お中元を配送で贈ることは、贈るほうにとっても、受け取るほうにとっても、さまざまなメリットがあります。

 

相手に渡すための時間を取らせずにすむ

お中元を直接手渡しをする場合、相手に会うための時間をとってもらう必要があります。相手が働いていたり小さな子どもがいたりすると、お互いの時間を調整するのは簡単なことではありません。しかし、配送であれば、相手に時間をとってもらう必要もありません。

遠方の相手にも気兼ねなく渡せる

お中元を渡すために、遠方に住んでいる親戚や地元を離れた友人に会いにいくのは難しいことです。時間もかかりますし、相手を恐縮させてしまう可能性もあります。配送にすれば、相手に気を遣わせる必要もないうえに、配達時間を指定することで、相手が希望する日時に合わせて届けることができます。到着する時間がわかっていれば、時間をロスすることもありません。

ネットから直接贈ることができる

百貨店やデパートは混雑するから苦手という方でも、ネットショッピングを利用すれば、そのまま品物を贈ることができます。店舗によっては、日時指定やクール便といった宅配サービスを行ってくれるところもあります。

 

<バター豊かな風味は紅茶やコーヒーと相性抜群 「シガール」はこちら

 

配送を利用する際のマナーは?


金額の相場は3,000〜5,000円

お中元は3,000〜5,000円が一般的な相場ですが、贈る相手との関係性によって異なります。相手がいくら目上の方だからといって高額なものを贈ったり、前年と差額がありすぎると印象が良くありません。前年と同じような価格帯の品物を贈るようにしましょう。

贈る前に時期を確認

お中元を贈る際は、手渡しや配送にかかわらず、贈っても良い時期かどうかを確認しましょう。お中元を贈る時期は相手の住んでいる地域によって異なります。関東では7月初旬〜7月15日まで。関西では7月中旬〜8月15日頃までとされています。

送り状を送る

お中元はサプライズで贈るギフトではないので、送り状で事前にお中元を贈る旨を相手に伝えておく必要があります。相手が不在の時に届いてしまう可能性もあるので、「お中元がいつ頃到着します」ということも知らせておきましょう。両親や親戚などのような親しい間柄の方に贈る場合は電話やメールで伝えるだけでも問題ありませんが、職場の上司や取引先の方など目上の方に贈る場合は、送り状を用意しておくことをおすすめします。送り状なしに品物だけを贈ってしまうと、挨拶をしていないと捉えられる可能性もあるためマナー違反です。送り状は、相手の手元にお中元が届くよりも前に発送しましょう。

送り状の宛名に注意を

お中元を配送で贈る場合は、送り状の宛名に注意してください。家同士のお付き合いがある場合は、世帯主の名前を書きます。取引先など会社に贈る場合は社長の名前を、個人に贈る場合は部署名と担当者の名前を書きます。どちらの場合も肩書きを書くことも忘れないようにしましょう。

のしは「内のし」を

お中元ののしには、包装紙の内側に掛ける「内のし」と、外側から掛ける「外のし」があります。配送で贈る場合は、配送中にのし紙が破れたり傷ついてしまう可能性があるので、内側に掛ける「内のし」を選びましょう。「内のし」は控えめに贈りたい場合につけるのしです。「外のし」は、ひと目で用途を伝えたい時に掛けるのしです。

メッセージを添えて贈る

お中元を配送で贈る場合感謝の気持ちを直接伝えることができないので、可能であれば、手紙やメッセージカードを添えて贈ることをおすすめします。日頃の感謝の気持ち、配送で品物を贈ること、相手の健康を気遣う言葉などを書いて気持ちを伝えてください。ショッピングサイトの中には、メッセージカードを作成できるサービスを行っているところもあるので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。お中元を贈る目的は、お世話になった方に日頃の感謝の気持ちを伝えることです。本来とは異なる贈り方でも、正しいマナーで贈れば気持ちはきちんと伝わります。相手に時間を取らせないことや、遠方に住む相手にもスムーズに贈れることから考えても、お中元を配送で贈ることは、相手を思いやる贈り方ともいえます。

お中元は毎年直接渡していたという方は、今年はぜひ配送で贈ってみてください。あなた自身への負担もグッと減らすことができます。

 

【関連コラム】

お中元とお歳暮の違いとは

お中元の時期は全国で違うって本当?地域別・お中元を贈る時期

間違ったら恥ずかしい!水引の種類と正しい使い方

【社会人必見】職場の上司にはお中元を贈るべき?

  1. お香典返し
  2. クッキー詰め合わせ
  3. 配送
  4. 母の日
  5. GW
  6. 雨の日
  7. のし
  8. 子どもの日
  9. 異動
  10. 詰め合わせ
  11. 夏休み
  12. 子供
  13. 緑寿
  14. 新築祝い
  15. 梅雨
  16. 年始
  17. 成人式
  18. 楽しい
  19. お祝い
  20. 新築内祝い
  21. 成人内祝い
  22. お彼岸
  23. 謝罪
  24. 結納
  25. ビジネス
  26. 結婚記念日
  27. 引越し祝い
  28. ご挨拶
  29. 暑中見舞い
  30. スイーツ
  31. 残暑見舞い
  32. 寒中見舞い
  33. おもてなし
  34. 訃報
  35. 結婚式
  36. シガール
  37. お中元
  38. チョコ
  39. 職場
  40. 法事
  41. 成人祝い
  42. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  43. 入学祝い
  44. 引越し内祝い
  45. 洋菓子
  46. 内祝い
  47. プロポーズ
  48. ケーキ
  49. イースター
  50. カーネーション
  51. 退職
  52. 香典返し
  53. ご褒美
  54. 初詣
  55. プレゼント.贈りもの
  56. 卒業
  57. クリスマスケーキ
  58. ティータイム
  59. バレンタイン
  60. 期間限定商品
  61. 還暦
  62. 年末
  63. 年末年始
  64. ゴールデンウィーク
  65. 手土産
  66. お見舞い
  67. お盆
  68. プレゼント
  69. 家庭訪問
  70. 贈りもの
  71. アイスクリーム
  72. 水引
  73. 開業祝い
  74. 風呂敷
  75. 洋菓子詰め合わせ
  76. クッキーラングドシャー
  77. 結婚
  78. 葬式
  79. 節分
  80. 卒寿
  81. 南青山ロール
  82. クッキー
  83. 餞別
  84. ジューンブライド
  85. 昇進祝い
  86. ホワイトデー
  87. 卒業祝い
  88. 義母
  89. 七五三
  90. ギフト
  91. バレンタインデー
  92. 引越し
  93. おうち時間
  94. 帰省
  95. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  96. 端午の節句
  97. 紅茶
  98. 退職祝い
  99. 快気祝い
  100. お供え物
  101. 敬老の日
  102. お正月
  103. 出産祝い
  104. 発表会
  105. 父の日
  106. ハロウィン
  107. 喪中
  108. マナー
  109. 米寿
  110. 冠婚葬祭
  111. アイスティー
  112. ガトーエクセラン
  113. 長寿
  114. プチギフト
  115. 銀婚式
  116. ウエディング
  117. 引き出物
  118. 誕生日
  119. 喜寿
  120. お歳暮
  121. 傘寿
  122. 入社祝い
  123. 出産内祝い
  124. クッキー詰めわせ
  125. お餞別
  126. 取引先
  127. お年賀
  128. お土産
  129. お菓子
  130. 就職祝い
  131. チョコレート
  132. 由来
  133. 節句
  134. クリスマス
  135. 季節のご挨拶
  136. お礼
  137. 結婚祝い
  138. 卒園祝い
  139. お花見
  140. 入園祝い
  141. 初節句
  142. 義父
  143. お泊り会
  144. 歴史
  145. ラングドシャー
  146. クッキーラングドシャ―
  147. 転職
  148. 栄転祝い