公開日:2021/03/19

子どものいる家庭に贈るお中元6選

日頃お世話になっている方に感謝の気持ち込めて贈るのが、お中元です。

お中元は、7月初旬から8月中旬にかけて贈るのが一般的です。何を贈ればいいのか悩んでしまう方も多いと思いますが、贈り先の家に子どもがいる場合、できるなら子どもにも喜んでもらいたいというのが人情でしょう。子どものいる家庭が喜びやすい商品というのは多くあります。

そこで今回は、子どものいる家庭に贈ると喜ばれるお中元をご紹介します。

 

 

洋菓子(焼き菓子)


子どもは基本的に甘いものが大好きです。ですが、何でも良いという訳ではありません。和菓子の場合は、好き嫌いが分かれてしまうこともあります。

お中元として贈るなら、クッキーやマドレーヌといった洋菓子がおすすめです。チョコレートも子どもには人気ですが、お中元の時期が夏なので、溶けてドロドロになってしまうようなものは避けたほうが良いでしょう。

 

<ラングドシャー生地にチョコレートをサンド クッキーラングドシャーはこちら

 

<バター豊かな風味はすっきりとしたアイスティーにおすすめ 「シガール」はこちら

 

ジュース


暑い夏にはジュースの詰め合わせなども喜ばれやすいでしょう。100%のフルーツジュースや野菜ジュースというのはお中元の定番です。他にも炭酸飲料やカルピスといった子供が飲みやすい商品を贈っても良いかもしれませんね。

 

<こだわりの詰め合わせでゆっくりティータイム オンラインショップ限定  「ガトー エクセラン」はこちら

洗剤


洗剤セットも、子供がいる家庭に喜ばれる傾向があります。子供が野球やサッカーといった活発的な部活動を行っているなら、毎日のようにユニフォームを汚して帰ってくるはずです。そうした家庭では洗剤が極端に減りやすいですから、感謝される可能性も高いでしょう。

 

ゼリー


清涼感に溢れたゼリーも夏場に相応しいお中元です。贅沢にフルーツを使ったものや厳選された素材だけで作ったものなどは、大人も子供も楽しめます。

 

<テーブルを彩るドレスアップゼリー ヨックモックの夏ギフト ジュレ ア ターブルはこちら

 

ハム


ハムのギフトセットと言えば、お中元の定番です。ハムは「子供から大人まで好き嫌いが少ない」「賞味期限が長い」「さまざまな料理に応用が利く」という点から、お中元として人気の高い商品です。ハムの他にもウインナーやローストビーフ・焼き豚との詰め合わせたセットもあります。相手の家族構成を気にすることなく贈れるのも、一つの魅力かもしれません。

 

レトルト食品


レトルト食品は、日々の食事作りに追われるお母さん方の強い味方です。子供はカレーやハヤシライスを好む傾向があるので、そうしたものをメインに考えても良いかもしれません。近年はレトルト食品も進化しています。有名なシェフが監修した商品や有名ホテルの商品をパックしたような高級感漂うギフトも数多くあります。子供だけではなく、大人まで楽しめるギフトだと言えるでしょう。

 

<いろいろなおいしさを選べて楽しい クッキー詰め合わせはこちら

 

お中元を贈る際のマナーについてもご紹介しておきます。


お中元を贈る時期は?

お中元を贈る時期は地域によって異なります。関東地方・東北地方は、7月1日〜15日までに贈るのが一般的です。北海道、東海、関西、中国、四国地方は、7月中旬〜8月15日までに贈るのが一般的とされています。北陸地方は、7月15日までに贈る地域と、8月15日までに贈る地域があります。九州地方は、8月1日〜15日までに贈るものとされており、沖縄は旧盆のお盆の期間に贈るのが一般的です。もしお中元を贈る時期を逃してしまった場合は、「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として贈るようにしましょう。

お中元を贈る際ののしは?

お中元を贈る際は、紅白の蝶結びの水引とのし紙をつけるのが一般的です。紅白の蝶結びには、何度で繰り返しても嬉しいものという意味があります。最近は、短冊ののしを使うケースが多いようです。表書きには、「お中元」もしくは「御中元」と書きます。個人で贈る場合は、その下に名前をフルネームで記入します。連名で贈る場合は、目上の人が一番右にくるように順に並べて書きます。文字は毛筆を使うことが望ましいですが、筆ペンやサインペンでも問題ありません。ただし、ボールペンやシャープペンシル、鉛筆や黒以外のペンは使わないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。お中元を贈る相手というのは、親から親戚・上司・取引先などになります。基本的に、お中元というのは相手からの評価を上げることを目的としたものではありません。気持ちのこもった思いやりの表現であることが大切なのです。せっかくお中元を贈るのですから、相手の家族全員に喜んでもらえるものを用意したいですね。

 

【関連コラム】

親子で素敵な思い出を!おうちで過ごす夏の楽しみかた

お客さまのおもてなしに!お菓子のキレイな盛り付け方

いつ贈る?何を贈る?知っておきたい暑中見舞いのマナー

ティータイムを楽しもう! ギフトの洋菓子にぴったりの紅茶の選び方

  1. プチギフト
  2. お年賀
  3. 出産内祝い
  4. 夏休み
  5. 寒中見舞い
  6. のし
  7. お歳暮
  8. ホワイトデー
  9. 長寿
  10. クッキー詰め合わせ
  11. 成人式
  12. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  13. 引越し
  14. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  15. 就職祝い
  16. 贈りもの
  17. 傘寿
  18. 誕生日
  19. 昇進祝い
  20. 初詣
  21. 年末年始
  22. クリスマス
  23. クッキーラングドシャ―
  24. ビジネス
  25. 取引先
  26. 結納
  27. 退職祝い
  28. ゴールデンウィーク
  29. 歴史
  30. 卒業
  31. 成人内祝い
  32. 快気祝い
  33. 端午の節句
  34. お餞別
  35. 節句
  36. 入学祝い
  37. 謝罪
  38. スイーツ
  39. アイスクリーム
  40. 内祝い
  41. 卒寿
  42. チョコレート
  43. 開業祝い
  44. お彼岸
  45. 法事
  46. ジューンブライド
  47. 季節のご挨拶
  48. カーネーション
  49. お祝い
  50. 敬老の日
  51. 風呂敷
  52. 母の日
  53. お盆
  54. 詰め合わせ
  55. 還暦
  56. ティータイム
  57. アイスティー
  58. ハロウィン
  59. おもてなし
  60. 義母
  61. 出産祝い
  62. 引越し内祝い
  63. お礼
  64. 米寿
  65. 初節句
  66. お見舞い
  67. ガトーエクセラン
  68. 結婚
  69. ギフト
  70. 結婚記念日
  71. 入園祝い
  72. マナー
  73. お菓子
  74. お香典返し
  75. 異動
  76. 冠婚葬祭
  77. クッキー詰めわせ
  78. 職場
  79. クリスマスケーキ
  80. 喪中
  81. バレンタインデー
  82. ウエディング
  83. 七五三
  84. 年始
  85. 引越し祝い
  86. 期間限定商品
  87. 餞別
  88. 緑寿
  89. 喜寿
  90. プレゼント.贈りもの
  91. 銀婚式
  92. 成人祝い
  93. お供え物
  94. 転職
  95. おうち時間
  96. 引き出物
  97. お土産
  98. ラングドシャー
  99. 暑中見舞い
  100. プレゼント
  101. 訃報
  102. ケーキ
  103. 南青山ロール
  104. お中元
  105. クッキーラングドシャー
  106. 卒業祝い
  107. 結婚祝い
  108. 紅茶
  109. ご挨拶
  110. 義父
  111. 退職
  112. 卒園祝い
  113. 子どもの日
  114. 雨の日
  115. 新築祝い
  116. お泊り会
  117. ご褒美
  118. 栄転祝い
  119. チョコ
  120. GW
  121. 結婚式
  122. 由来
  123. 残暑見舞い
  124. シガール
  125. 水引
  126. 梅雨
  127. 発表会
  128. 葬式
  129. バレンタイン
  130. 家庭訪問
  131. 配送
  132. 楽しい
  133. お花見
  134. お正月
  135. 帰省
  136. 入社祝い
  137. イースター
  138. 洋菓子詰め合わせ
  139. クッキー
  140. 新築内祝い
  141. 年末
  142. 手土産
  143. プロポーズ
  144. 洋菓子
  145. 香典返し
  146. 節分
  147. 子供
  148. 父の日