公開日:2021/03/19

「引越し内祝い」「新築内祝い」のマナーとおすすめギフト

引越し祝いや新築祝いをいただいた場合、どのような形でお礼の気持ちを伝えるのが良いのでしょうか。そこで今回は、引越し内祝い・新築内祝いのマナーや選び方、おすすめのギフトなどをご紹介します。

 

 

引越し内祝い・新築内祝いは必要なの?


新築祝いや引越し祝いをもらったら、お返しの代わりに、新居に招いて「お披露目会」を開催するのが基本です。「お披露目会」を開く時期は、引越しから1〜2ヶ月後がおすすめです。「お披露目会」といっても、かしこまる必要はありません。相手をもてなす気持ちで、食事や飲み物を用意しましょう。両親や親戚、会社の同僚、友人・知人など、関係性によって招待する日を分けるのが基本です。遠方にお住まいの方や高齢の方、スケジュールが合わなかった方など、新居に招待できなかった方々には、お礼状を添えて、引越し内祝い・新築内祝いを贈りましょう。

 

引越し内祝い・新築祝いの相場とは?


引越し内祝い・新築内祝いの金額は、相手との関係性によって異なりますが、一般的にはいただいたお祝いの2分の1〜3分の1が相場とされています。身内などから高額なお祝いをいただいた場合は、3分の1よりも少ない額の内祝いを贈ることもあります。年上の方には控えめにし、年下の方には厚めに、というのが基本ですが、一人ひとりの金額にあわせて内祝いを用意するのは大変です。極端に安いものでなければ、全員に同じものを贈っても構いません。

 

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

引越し内祝い・新築祝いはいつ贈るの?


引越し内祝い・新築内祝いは、引越し後1ヶ月から2ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。お礼状やお礼の電話は、お祝いをいただいた当日もしくは翌日までに済ませましょう。

 

のし紙の掛け方は?


引越し内祝い・新築内祝いには、のし紙をつけて贈るのがマナーです。その場合、水引は紅白もしくは金銀の蝶結びを選びましょう。蝶結びは何度でも結び直せることから、「何度あってもうれしいこと」があった際に使われます。水引の上部に「内祝」と書き、下部に贈り主の名前を書きます。二世帯住宅など苗字が複数ある場合は、親の苗字を右側にして連名で書くようにしましょう。

 

 

引越し内祝い・新築祝いの選び方は?


引越し内祝い・新築内祝いの品物は、縁起の良いものを選ぶのがポイントです。昔ながらの風習を大事にするという方もいるので縁起の悪いものを贈らないように注意してください。

 

縁起のいいアイテムとは?

縁起のいいアイテムとして定番なのは、キッチンアイテムです。キッチンアイテムは昔から「入れるもの」や「火に強い」とされており、引越し祝い・新築祝いに贈る習慣があります。コーヒーカップやグラス、お鍋などが一般的ですが、「家を焼かない」という意味合いから、やかんも人気です。

縁起の悪いアイテムとは?

「縁が切れる」という意味になる刃物、「足で踏みつける」という意味になる靴下やスリッパ、弔事の贈りものでもある「お茶」などは、縁起の悪いアイテムとされているため、内祝いにはタブーです。最近はあまり気にしないという方も増えているようですが、失礼にあたる可能性もあるので避けたほうが良いでしょう。現金や金券もNGです。

 

<老若男女問わず喜ばれる  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

引越し内祝い・新築内祝いにおすすめのギフトとは?


両親に贈る場合

両親に贈る内祝いの定番は、グラスやお皿などの食器類やタオルなどの生活雑貨です。その場合は、シンプルなデザインで高品質のものを贈ると良いでしょう。本来は、「お祝いの2分の1〜3分の1の金額」の品物を選ぶことになっていますが、両親の場合は相場にこだわる必要はありません。新居での生活が落ち着いたらなるべく早い段階で、新居に招待し心のこもったおもてなしで感謝の気持ちを伝えましょう。

兄弟姉妹に贈る場合

兄弟や姉妹には直接何が欲しいのかを聞いてみましょう。特に欲しいものがないという場合には、タオルやシーツなどの定番のギフトを贈ると良いでしょう。好きなものを買ってもらえる商品券やカタログギフトも喜ばれます。兄弟や姉妹は身内でもありますし、特に格式張る必要もない間柄です。あまり難しく考えずに、シンプルに喜んでもらえそうなものを想像しながら選びましょう。

上司に贈る場合

上司に贈る内祝いも、タオルやグラスなどが定番です。しかし、多くの部下を抱える上司であれば、使っていないタオルやグラスが家中にあふれている可能性もあります。お酒が好きな上司には、ビールやワインを、甘いものが好きな上司には、スイーツや洋菓子を贈るなど、嗜好にあったものを贈ると喜ばれるでしょう。後に残らないものを選ぶのもポイントです。

友人・知人に贈る場合

友人や知人に内祝いを贈る場合は、家族の役に立つようなアイテムを選ぶと良いでしょう。グラスやタオル、食器などの定番のアイテムや、石鹸、洗剤などの日用品、子どもがいる家庭であればジュースやクッキーの詰め合わせなどもおすすめです。できるだけ質の高いものを選ぶと喜ばれます。

 

<個包装で少しずつ楽しめる  ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

いかがでしたでしょうか。今回は引越し内祝い・新築内祝いのマナーなどをご紹介しましたが、大切なことは、相手に喜んでもらえるものを贈るということです。感謝の気持ちを伝えるギフトなので、失礼のないように贈りましょう。そしていつか、ぜひ新居に招待してあげてください。新しい家で幸せに暮らすみなさんの姿を見せてあげることが、何よりの内祝いなのかもしれません。

 

【関連コラム】

引越しの際に手土産は必要?覚えておきたい挨拶マナー

【社会人必見!】 転勤が決まった時にすることとは?

どんなものを贈ればいいの?「新築祝い・引越し祝い」のマナー

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

  1. クッキー詰めわせ
  2. 開業祝い
  3. お礼
  4. 紅茶
  5. ハロウィン
  6. 誕生日
  7. プロポーズ
  8. 梅雨
  9. ティータイム
  10. 職場
  11. 新築内祝い
  12. 傘寿
  13. 喪中
  14. 卒業祝い
  15. ゴールデンウィーク
  16. 還暦
  17. 結婚記念日
  18. クッキーラングドシャ―
  19. 節句
  20. 楽しい
  21. 風呂敷
  22. 入学祝い
  23. お祝い
  24. 敬老の日
  25. 謝罪
  26. お見舞い
  27. 葬式
  28. 餞別
  29. 水引
  30. ガトーエクセラン
  31. ご褒美
  32. ケーキ
  33. 転職
  34. 法事
  35. 退職
  36. 引越し
  37. ラングドシャー
  38. 引越し祝い
  39. 期間限定商品
  40. 詰め合わせ
  41. GW
  42. アイスクリーム
  43. 出産内祝い
  44. おもてなし
  45. 新築祝い
  46. クッキー
  47. プチギフト
  48. 季節のご挨拶
  49. マナー
  50. 訃報
  51. お泊り会
  52. のし
  53. バレンタイン
  54. 喜寿
  55. ビジネス
  56. 卒寿
  57. 贈りもの
  58. お花見
  59. お餞別
  60. 帰省
  61. プレゼント.贈りもの
  62. 快気祝い
  63. 取引先
  64. お土産
  65. シガール
  66. クリスマスケーキ
  67. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  68. おうち時間
  69. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  70. バレンタインデー
  71. 家庭訪問
  72. 内祝い
  73. 端午の節句
  74. チョコレート
  75. 手土産
  76. 結納
  77. 出産祝い
  78. 洋菓子
  79. お年賀
  80. 初詣
  81. 七五三
  82. 寒中見舞い
  83. 南青山ロール
  84. ウエディング
  85. 暑中見舞い
  86. 長寿
  87. 洋菓子詰め合わせ
  88. 結婚
  89. 引き出物
  90. 卒業
  91. お菓子
  92. 雨の日
  93. 義母
  94. 子供
  95. 年始
  96. 夏休み
  97. 成人祝い
  98. クッキーラングドシャー
  99. 冠婚葬祭
  100. スイーツ
  101. 米寿
  102. ギフト
  103. 引越し内祝い
  104. 入社祝い
  105. 父の日
  106. 初節句
  107. 成人式
  108. お彼岸
  109. 由来
  110. 節分
  111. 昇進祝い
  112. お中元
  113. チョコ
  114. 結婚式
  115. お盆
  116. お歳暮
  117. クッキー詰め合わせ
  118. ご挨拶
  119. お正月
  120. 発表会
  121. 成人内祝い
  122. アイスティー
  123. 義父
  124. プレゼント
  125. ホワイトデー
  126. お香典返し
  127. 卒園祝い
  128. お供え物
  129. 年末
  130. 結婚祝い
  131. 退職祝い
  132. 子どもの日
  133. 入園祝い
  134. 就職祝い
  135. カーネーション
  136. クリスマス
  137. 栄転祝い
  138. 母の日
  139. 残暑見舞い
  140. 異動
  141. イースター
  142. 年末年始
  143. 香典返し