公開日:2021/03/12

どんなものを贈ればいいの?「新築祝い・引越し祝い」のマナー

友人や知人が自宅を新築したり、引越しをしたら、やっぱりお祝いは贈りたいものです。しかし、実際に何を贈れば良いのか悩むところですよね。長年お世話になっている方や仕事関係の方が相手なら、尚更、失礼にならないものを贈らないと取り返しのつかないことになるかもしれません。そこで今回は、知っておいて損はない「新築祝い・引越し祝い」についてのマナーをご紹介します。

 

 

そもそも「新築祝い・引越し祝い」とは?


「新築祝い」は、文字どおり、新築の購入をお祝いするものです。引越し先が一戸建てでもマンションでも、新築で購入したのであれば「新築祝い」になります。友人や知人がマンションの購入を予定しているのであれば、新築かどうかを事前にリサーチしておくとよいでしょう。企業が自社ビルや事務所、店舗などを新築した場合も「新築祝い」です。一方、「引越し祝い」とは、中古住宅や中古マンションを購入して引越しをしたことをお祝いするものです。賃貸物件から賃貸物件への引越しも「引越し祝い」にあたりますが、持ち家ではないため「餞別」として贈ることもあります。企業や事務所の移転は「移転祝い」になります。

 

予算の相場と贈り方は?


「新築祝い・引越し祝い」の予算の相場は、贈る相手との関係性によって異なります。相手が友人・知人の場合は、約5,000〜10,000円が一般的です。仲の良さや日頃からお世話になっているかどうかで決まります。身内の場合は、30,000〜50,000円が相場です。関係が遠い親戚の場合は、10,000円程度の品物を選ぶ方もいるようです。職場関係の方の場合は、立場によっても異なります。上司の場合は、5,000〜10,000円程度。同僚の場合は、3,000〜5,000円が相場です。ただし、特別にお世話になっているという方には、10,000〜20,000円の品物を贈っても良いでしょう。

贈る場合は、のし紙をつけて贈るのがマナーです。「引越し・新築祝い」は何度繰り返してもいいお祝いとされているため、結婚式や快気祝いのような結び切りではなく、蝶結びの熨斗を用意してください。表書きは状況によって異なります。「引越し祝い」の場合は「御餞別」もしくは「御祝」と書き、「新築祝い」の場合は「祝御新築」もしくは「御新築祝」と書くことが多いようです。

 

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

何を選べばいいの?


「新築祝い・引越し祝い」で品物を贈る場合は、好みの分かれにくいシンプルなデザインの家電や観葉植物などがおすすめです。ティッシュケースやタオル、高級調味料といった複数あっても困らなそうな実用品を選ぶのが無難です。家電はエスプレッソマシーンや空気清浄機など、なくても困らないけどあったら便利だなと思えるような品物が喜ばれるようです。相手が親しい方であれば事前に好みを聞いておくと間違いはないでしょう。「どんなものを贈っていいのかわからない」という方は、現金を贈ると喜ばれることもあります。「新築祝い」の場合は、新しい家具や家電製品などを購入することが多いため出費が多くなります。最近では、商品券やカタログギフトを贈るという方も増えているようです。

お菓子の詰め合わせなどのご家族で分け合える食べ物や、ワインなどの飲み物もおすすめです。その一方で、「引越し祝い・新築祝い」でタブーとされている品物もあります。ストーブやコンロなど火事を連想させるものや、壁に穴を開けなくてはいけない絵画などは避けたほうが良いとされています。また、上司にあたる方へのお祝いに、スリッパやマットを贈るのは、「踏みつけて使う」という意味にあたることからNGとされています。

 

<まごころが伝わる ヨックモックの「シガール」はこちら

 

いつ渡すのがいいの?


「引越し祝い」は、新居に移ってから30日以内に贈るのがマナーとされています。「引越し祝い」を御餞別として贈る場合は、引越し前に贈るのが一般的です。引越し当日は何かと慌ただしくなるため、遅くとも前日までには贈るようにしましょう。「新築祝い」は、新居が完成してから30日以内に贈るのがマナーです。ただし、新築や新居のお披露目会に呼ばれている場合は当日でも良いでしょう。

 

<個包装で分け合える ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

「新築祝い・引越し祝い」を贈る際、もっとも大切なのは、相手を思いやる気持ちです。「新しい家がどんな雰囲気なのか」「どんな暮らしを楽しまれるのか」、あれこれ想像しながらギフトを選ぶのも楽しいものです。贈られる人も、贈るあなたも、素敵な笑顔になれるギフトに出会ってください。

 

【関連コラム】

引越しの際に手土産は必要?覚えておきたい挨拶マナー

【社会人必見!】 転勤が決まった時にすることとは?

知っておきたい!帰省の際の手土産の選び方

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

  1. 節句
  2. ジューンブライド
  3. 節分
  4. 雨の日
  5. ティータイム
  6. 子どもの日
  7. 出産祝い
  8. のし
  9. 残暑見舞い
  10. プロポーズ
  11. 退職祝い
  12. バレンタイン
  13. 敬老の日
  14. 訃報
  15. マナー
  16. プチギフト
  17. 洋菓子
  18. お歳暮
  19. 七五三
  20. プレゼント.贈りもの
  21. 手土産
  22. ギフト
  23. 引越し内祝い
  24. 取引先
  25. ホワイトデー
  26. お彼岸
  27. シガール
  28. 発表会
  29. 子ども
  30. 結婚
  31. フルーツジュレ
  32. 誕生日
  33. お土産
  34. 卒寿
  35. クリスマスケーキ
  36. カーネーション
  37. 結婚式
  38. 結婚記念日
  39. 栄転祝い
  40. 風呂敷
  41. 卒業祝い
  42. 成人祝い
  43. 異動
  44. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  45. 義母
  46. 贈り物
  47. おうち時間
  48. ゴールデンウィーク
  49. 就職祝い
  50. お菓子
  51. クッキーラングドシャ―
  52. 初詣
  53. お礼
  54. 入園祝い
  55. 季節のご挨拶
  56. 金婚式
  57. 喜寿
  58. 米寿
  59. 母の日
  60. ガトーエクセラン
  61. 結納
  62. 詰め合わせ
  63. おもてなし
  64. お中元.マナー
  65. 由来
  66. 還暦
  67. 喪中
  68. 職場
  69. お正月
  70. 出産内祝い
  71. イースター
  72. 子供
  73. 餞別
  74. お中元
  75. クッキー詰めわせ
  76. 結婚祝い
  77. 紅茶
  78. お供え物
  79. 南青山ロール
  80. お香典返し
  81. 新築祝い
  82. 七夕
  83. 端午の節句
  84. 長寿
  85. クッキー
  86. 香典返し
  87. 昇進祝い
  88. ケーキ
  89. 新築内祝い
  90. 暑中見舞い
  91. 夏休み
  92. 水引
  93. ビジネス
  94. 家庭訪問
  95. 初節句
  96. 年始
  97. 法事
  98. 贈りもの
  99. 楽しい
  100. お返し
  101. 緑寿
  102. 帰省
  103. チョコ
  104. チョコレート
  105. お年賀
  106. お盆
  107. 義父
  108. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  109. お祝い
  110. スイーツ
  111. GW
  112. 白寿
  113. 寒中見舞い
  114. プレゼント
  115. 転職
  116. クッキー詰め合わせ
  117. 配送
  118. 退職
  119. 引越し
  120. 歴史
  121. クリスマス
  122. ウエディング
  123. 葬式
  124. 引き出物
  125. アイスティー
  126. 梅雨
  127. ラングドシャー
  128. 銀婚式
  129. 入社祝い
  130. 開業祝い
  131. お見舞い
  132. アイスクリーム
  133. お礼状
  134. 成人内祝い
  135. 年末
  136. 冠婚葬祭
  137. クッキーラングドシャー
  138. ハロウィン
  139. 卒業
  140. 快気祝い
  141. 引越し祝い
  142. 入学祝い
  143. 卒園祝い
  144. バレンタインデー
  145. 年末年始
  146. 期間限定商品
  147. 洋菓子詰め合わせ
  148. 父の日
  149. ダイヤモンド婚式
  150. 内祝い
  151. ご褒美
  152. 成人式
  153. ご挨拶
  154. お泊り会
  155. 謝罪
  156. 傘寿
  157. お餞別
  158. お花見