公開日:2021/03/05

就職おめでとう!「入社祝い」の基本マナーと選び方

社会人の仲間入りをする就職は、人生におけるひとつの節目です。

そんな素晴らしい門出をお祝いする「入社祝い」は、家族や親戚だけではなく、親しい友人や職場の後輩、彼氏や彼女などに贈る場合もあります。何かと贈る機会が多くなる入社祝いですが、その知識やマナーはよく知らないという方は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、入社祝いの相場や渡す時期、選び方のポイントなどをご紹介します。

 

入社祝いはいつ渡すの?


入社祝いは、就職が決まったら、できるだけ早い時期に贈るのがマナーです。可能な限り、入社式の1ヵ月以内には贈るようにしましょう。入社日付近は、入社の準備や引っ越し作業などで忙しくなるため、早めに渡す方も多いようです。

 

<コーヒーブレイクのお供に バターの風味豊かなヨックモックの「シガール」はこちら

 

入社祝いの相場は?


入社祝いの相場は、相手との関係性によって異なります。両親や兄弟、親戚から贈る場合は、10,000〜30,000円ほど。祖父母から贈る場合は、30,000〜50,000円ほど。友人や知人、後輩、彼氏・彼女から贈る場合は、5,000〜10,000円くらいが相場とされています。明確な基準はありませんが、血縁が近いほど金額が高くなる傾向があります。甥や姪など、贈る相手が複数いる場合は、特定の一人をひいきするようなことはせずに全員を平等に扱うことが大切です。後々もめることがないように、あらかじめ親戚どうしで相談しておくと良いでしょう。また、あまりに高価なものを贈ってしまうと相手に気を遣わせてしまうこともあるので、無理のない範囲で選びましょう。

 

<さまざまな美味しさを詰めあわせ  個包装で少しずつ楽しめるクッキー詰め合わせはこちら

 

入社祝いの正しい贈り方は?


入社祝いを贈る場合は、のし紙をつけて贈るのがマナーです。水引は、出産など複数回起こっても構わないお祝い事に使われる「蝶結び」と、結婚式など1回限りのお祝い事に使われる「結び切り」のどちらでも大丈夫とされています。色は紅白のものを選びましょう。のし紙の表書きには「御就職祝」もしくは「御祝」と書きます。親しい友人などに贈る場合は、のし紙の代わりに包装紙やリボンでラッピングするのもおすすめです。ラッピングが華やかであればあるほど、気持ちの伝わる贈りものになるでしょう。

 

<のし・ラッピング・リボン掛け承ります   ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

入社祝いには何を贈ればいいの?


入社祝いには、社会人として生活をしていく上で役立つものや、ビジネスに使える機能的なものなどをプレゼントするのが一般的です。相手の業種や仕事内容によって選ぶものが変わってくるので、事前にリサーチしておくことをおすすめします。

 

子どもや孫、親戚に入社祝いを贈る場合

ビジネスシーンで使えるシンプルなデザインのものや、名前入りの革製品など特別感のあるアイテムが喜ばれます。ネクタイや定期入れ、腕時計などが定番ですが、最近はタブレット端末なども人気です。自分では買えないような少し高価で上質のものを贈るのがおすすめです。甥や姪に贈る場合も、小さくても高品質なものを選ぶと良いでしょう。希望のものが見つからない場合は、現金をプレゼントしても良いでしょう。「好きなものを買うときの足しにして」と言葉を添え、新札で渡すようにしてください。

友人・知人に入社祝いを贈る場合

相手の好みを事前に把握している場合は、好きなブランドの製品や色使いのものを選ぶのが良いでしょう。ただし、キャラクターが入ったものや可愛すぎるものは、ビジネスシーンでは浮いてしまう可能性があります。大切に使ってもらうためには、ビジネスシーンでも使えるようなシンプルなものを選ぶのがポイントです。名前入りの名刺入れや定期入れ、カバン、折り畳み傘などが人気です。

彼氏・彼女に入社祝いを贈る場合

彼氏には、ブランド物の名刺入れや定期入れ、ベルトやネクタイが人気です。彼女には、ブランド物の財布やネックレス、ポーチなどが人気です。ビジネスシーンだけではなく普段使いもできるアイテムを選ぶと日常的に身につけてもらえます。大切な恋人が、周りから好印象をもたれるような素敵なプレゼントを選びましょう。

 

<こだわりの詰め合わせで想い伝わる オンラインショップ限定  「ガトー エクセラン」はこちら

 

入社祝いをもらった場合は?


入社祝いは、人生の節目を祝うものなので基本的にはお返しは不要です。入社祝いをいただいたら、できるだけ早く御礼状を出して、感謝の気持ちを伝えましょう。たとえ相手が気心の知れた親しい人だとしても、きちんとお礼を伝えることが社会人としてのマナーです。

 

いかがでしたでしょうか。みなさんの大切な人たちが新しいステージで輝けるよう、こころのこもった素敵な入社祝いを贈りましょう。

 

【関連コラム】

社会人デビューおめでとう!就職祝いの基本的なマナー

人生の先輩として覚えておきたい「入学・卒業祝い」の基本マナー

贈る相手で大違い!出産祝いの相場っていくらぐらい?

「快気祝い」って一体なに? どんなものを贈れば良いの?

  1. プチギフト
  2. クリスマス
  3. ホワイトデー
  4. お見舞い
  5. 開業祝い
  6. 夏休み
  7. ビジネス
  8. 風呂敷
  9. お餞別
  10. 転職
  11. お祝い
  12. 結婚記念日
  13. 七夕
  14. 暑中見舞い
  15. 白寿
  16. クッキー
  17. GW
  18. 洋菓子詰め合わせ
  19. 初詣
  20. チョコ
  21. お菓子
  22. 就職祝い
  23. 家庭訪問
  24. 帰省
  25. お中元.マナー
  26. お礼状
  27. 結婚祝い
  28. 洋菓子
  29. プロポーズ
  30. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  31. 雨の日
  32. 法事
  33. 緑寿
  34. 喜寿
  35. 金婚式
  36. クッキーラングドシャ―
  37. 長寿
  38. お年賀
  39. 初節句
  40. ティータイム
  41. 詰め合わせ
  42. 米寿
  43. 香典返し
  44. 贈りもの
  45. ラングドシャー
  46. 引越し
  47. 入園祝い
  48. 喪中
  49. ダイヤモンド婚式
  50. プレゼント
  51. 子どもの日
  52. 入学祝い
  53. お花見
  54. 年末年始
  55. お香典返し
  56. 退職祝い
  57. 出産祝い
  58. 誕生日
  59. お返し
  60. カーネーション
  61. 発表会
  62. マナー
  63. ギフト
  64. 手土産
  65. 冠婚葬祭
  66. 卒園祝い
  67. 傘寿
  68. 内祝い
  69. 謝罪
  70. 節分
  71. ゴールデンウィーク
  72. 敬老の日
  73. 引越し内祝い
  74. 退職
  75. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  76. 紅茶
  77. 成人祝い
  78. ご挨拶
  79. 銀婚式
  80. 季節のご挨拶
  81. プレゼント.贈りもの
  82. 結納
  83. お彼岸
  84. 葬式
  85. 節句
  86. ハロウィン
  87. ジューンブライド
  88. 成人式
  89. チョコレート
  90. アイスクリーム
  91. 快気祝い
  92. 卒業祝い
  93. クリスマスケーキ
  94. アイスティー
  95. 年始
  96. 水引
  97. 入社祝い
  98. おうち時間
  99. 贈り物
  100. クッキー詰めわせ
  101. 楽しい
  102. 期間限定商品
  103. バレンタイン
  104. クッキー詰め合わせ
  105. 昇進祝い
  106. 七五三
  107. 結婚式
  108. お正月
  109. 餞別
  110. 結婚
  111. 卒寿
  112. ご褒美
  113. 端午の節句
  114. ケーキ
  115. 卒業
  116. ガトーエクセラン
  117. スイーツ
  118. クッキーラングドシャー
  119. フルーツジュレ
  120. お盆
  121. 職場
  122. ウエディング
  123. 取引先
  124. 引き出物
  125. お泊り会
  126. 子供
  127. シガール
  128. 寒中見舞い
  129. 新築内祝い
  130. 引越し祝い
  131. 還暦
  132. 異動
  133. おもてなし
  134. お土産
  135. 年末
  136. 梅雨
  137. 由来
  138. 成人内祝い
  139. 義母
  140. 残暑見舞い
  141. 配送
  142. 義父
  143. 南青山ロール
  144. 子ども
  145. 出産内祝い
  146. のし
  147. お礼
  148. 栄転祝い
  149. 父の日
  150. イースター
  151. 母の日
  152. 新築祝い
  153. お中元
  154. バレンタインデー
  155. お歳暮
  156. お供え物
  157. 訃報
  158. 歴史