公開日:2021/02/19

「母の日」の由来とカーネーションの花言葉あれこれ

5月の第2日曜日といえば、母の日です。そして、その母の日のプレゼントといえば、カーネーションが定番です。なぜ、母の日にカーネーションを贈るのでしょうか。そこで今回は、母の日にカーネーションを贈るようになった由来と、カーネーションの色にこめられた花言葉などをご紹介します。

 

<おいしさで感謝の気持ちを伝えよう ヨックモックの母の日ギフト特集2021はこちら

 

母の日の由来は?


母の日はアメリカ発祥といわれています。

1907年5月12日、アメリカ・フィラデルフィアの教会で、アンナ・ジャービスという女性が、著名な社会活動家でもあった母を追悼したいという想いから、母が好きだった白いカーネーションを教会の参列者に配りました。アメリカ人の平和のために生涯を捧げた、亡き母の遺志や功績に敬意を表した彼女の行動は多くの人々の共感を呼び、これに感動した人々が、その翌年の1908年5月10日に同じ教会で、母に感謝をする「母の日」として祝いました。

1910年にはアンナの出身地であるウェストバージニア州の州知事が「5月第2日曜日を母の日とする」と宣言します。さらに、1914年にはアメリカ議会で5月の第2日曜日が正式に「母の日」として制定されました。

 

<大切な人へ、ラングドシャーにこだわった詰め合わせを オンラインショップ限定  「ガトー エクセラン」はこちら

 

日本における母の日とは?


母の日が日本に広まったのは、明治末期から大正時代にかけてのことです。キリスト教由来の行事として、アメリカから入ってきたとされています。1931年(昭和6年)に結成された大日本連合婦人会が、昭和天皇の皇后さま(香淳皇后)の誕生日であった3月6日を「母の日」として公式に制定しますが、この時点では民間には普及しませんでした。

「母の日」が大きく知名度を上げるきっかけになったのは、1937年(昭和12年)5月のこと。お菓子メーカーの森永製菓が20万人のお母さんを東京の遊園地(豊島園)に無料招待し、「母の日大会」を開催しました。その後、1949年(昭和24年)頃から、日本でも5月の第2日曜日が「母の日」として定着するようになりました。

 

<コーヒーとご一緒に バターの風味豊かなヨックモックの「シガール」はこちら

 

赤いカーネーションを贈るようになった理由は?


母の日にカーネーションを贈るようになったのは、前述のとおり、アメリカのアンナ・ジャービスが亡き母の好きだった白いカーネーションを教会の参列者に配ったことに由来しています。それ以来、白いカーネーションが母の日のシンボルになったわけですが、なぜ「白」から「赤」に変わったのでしょうか?

もともとは白いカーネーションは亡くなった母親に、健在の母親には赤いカーネーションを贈るようになっていたのですが、母親が亡くなった子供たちへの差別を生まないよう、赤いカーネーションが一般的になったといわれています。

 

カーネーションの色と花言葉


母の日の定番は赤いカーネーションですが、近年では、赤にこだわらなくてもいいという風潮から、ちがう色のカーネーションを贈る人も増えてきました。以下のように、それぞれの色に花言葉がこめられているので、その時の気持ちにあった色のカーネーションを選ぶといいでしょう。

 

赤いカーネーション

花言葉・・・「母への愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」
母の日の定番らしく、この日にふさわしい意味がこめられているので、色にこだわりを持っていないお母さんには、赤を選んでおけば間違いはないでしょう。しかし、濃い赤の場合は、「欲望」「哀しみ」といったネガティブな意味になるので注意してください。

ピンクのカーネーション

花言葉・・・「感謝」「上品・気品」「温かい心」「美しい仕草」
赤いカーネーション同様、母の日にぴったりの意味がこめられているので、かわいい色が好きなお母さんには喜ばれるでしょう。

オレンジのカーネーション

花言葉・・・「純粋な愛」「熱愛」「清らかな慕情」
オレンジにも愛情あふれる意味がこめられているので、母の日に贈っても問題はないですが、どちらかといえば恋人向きのカーネーションかもしれません。

紫のカーネーション

花言葉・・・「誇り」「気品」
赤やピンクなどのかわいい色ではありませんが、エレガントで気品のある色を好むお母さんにはぴったりです。

 

<個包装で、家事や仕事の合間にも楽しめる ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

ただし、贈る場合に要注意の色もあります。

白のカーネーション

花言葉・・・「尊敬」「純潔」「亡き母をしのぶ」
「尊敬」「純潔」などの素敵な意味もありますが、健在中の母親に白を贈るのは避けたほうがよいとされています。

 

黄色のカーネーション

花言葉・・・「軽蔑」「嫉妬」「美」「友情」
「美」や「友情」といった素敵な意味もありますが、「軽蔑」「嫉妬」などのネガティブな意味もこめられているので、母の日に贈る場合は注意してください。

 

<ラッピング・リボン掛け 無料で承ります   ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

母の日は、大好きなお母さんに「ありがとう」の気持ちを伝える大切な日です。恥ずかしくてなかなか伝えられないという方は、その気持ちをカーネーションにこめて伝えてみるのはいかがでしょうか。ぜひ、おいしいお菓子の詰め合わせと一緒に贈ってあげてください。

 

【関連コラム】

「いつもありがとう。」の気持ちを込めて。母の日におすすめのプレゼント4選

選んで楽しい&もらってうれしい!おすすめプチギフト

父の日はいつから始まったの?父の日に贈る花といえば?

きっと喜ばれる!父の日に贈りたいおすすめプレゼント特集

  1. スイーツ
  2. 新築祝い
  3. 傘寿
  4. 子供
  5. 年末年始
  6. お中元
  7. 手土産
  8. 成人式
  9. 洋菓子詰め合わせ
  10. お香典返し
  11. 敬老の日
  12. 喜寿
  13. ティータイム
  14. 引越し祝い
  15. 父の日
  16. クッキー
  17. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  18. アイスクリーム
  19. 引越し
  20. 初詣
  21. 入学祝い
  22. 異動
  23. 卒寿
  24. 夏休み
  25. 職場
  26. ギフト
  27. 長寿
  28. ビジネス
  29. バレンタイン
  30. 節句
  31. クッキーラングドシャ―
  32. ホワイトデー
  33. 発表会
  34. 出産内祝い
  35. 紅茶
  36. お盆
  37. お彼岸
  38. 転職
  39. 入園祝い
  40. カーネーション
  41. ご挨拶
  42. 昇進祝い
  43. 初節句
  44. 成人内祝い
  45. ゴールデンウィーク
  46. 餞別
  47. クッキー詰めわせ
  48. お泊り会
  49. ケーキ
  50. 冠婚葬祭
  51. 母の日
  52. お年賀
  53. 栄転祝い
  54. 就職祝い
  55. 義父
  56. ガトーエクセラン
  57. ラングドシャー
  58. お土産
  59. 年末
  60. 季節のご挨拶
  61. 開業祝い
  62. 米寿
  63. 香典返し
  64. ハロウィン
  65. アイスティー
  66. ウエディング
  67. プレゼント
  68. クッキー詰め合わせ
  69. 卒業
  70. 入社祝い
  71. シガール
  72. 子どもの日
  73. 端午の節句
  74. 家庭訪問
  75. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  76. 期間限定商品
  77. 結婚祝い
  78. マナー
  79. 結婚式
  80. お礼
  81. 残暑見舞い
  82. 取引先
  83. 成人祝い
  84. お正月
  85. 葬式
  86. 義母
  87. チョコレート
  88. 水引
  89. 寒中見舞い
  90. 南青山ロール
  91. 新築内祝い
  92. チョコ
  93. イースター
  94. お供え物
  95. お見舞い
  96. 洋菓子
  97. お菓子
  98. ご褒美
  99. お花見
  100. 七五三
  101. 喪中
  102. 年始
  103. 贈りもの
  104. プロポーズ
  105. 退職
  106. クリスマスケーキ
  107. 梅雨
  108. 内祝い
  109. 引き出物
  110. おもてなし
  111. 楽しい
  112. 退職祝い
  113. 訃報
  114. お餞別
  115. クリスマス
  116. 卒業祝い
  117. 卒園祝い
  118. クッキーラングドシャー
  119. 詰め合わせ
  120. プチギフト
  121. 謝罪
  122. 暑中見舞い
  123. プレゼント.贈りもの
  124. バレンタインデー
  125. 誕生日
  126. 由来
  127. お祝い
  128. のし
  129. 風呂敷
  130. 結婚
  131. 結婚記念日
  132. 雨の日
  133. おうち時間
  134. 帰省
  135. お歳暮
  136. 快気祝い
  137. 節分
  138. 出産祝い
  139. 還暦
  140. 法事
  141. 引越し内祝い
  142. GW
  143. 結納