実は日本発祥だった!?ホワイトデーの由来と気になるマナー

3月14日のイベントといえば、ホワイトデーです。バレンタインデーにチョコレートなどの贈りものをもらった人がお返しをする日です。今年はどんなものを贈ろうかと考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、ホワイトデーが日本独自のイベントであることをご存知ですか?

今回は、ホワイトデーの起源や由来、基本的なマナーなどについてご紹介します。

 

 

<ヨックモックのホワイトデー特集はこちら

 

ホワイトデーの起源


冒頭でもご紹介したようにホワイトデーは日本発祥のイベントですが、バレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈るという風習も日本独自のものです。

1970年代、この日本流のバレンタインデーが全国に広まっていくにつれ、「贈りものをいただいたら必ずお返しをする」という日本的な感覚から、お返しをする人が増えていきました。そこに目をつけたのが、菓子業界でした。マシュマロやキャンディやクッキーを、バレンタインデーのお返しの品として大々的に売り出したのです。当初の名称は「マシュマロデー」や「キャンディの日」などと呼ばれ、日程もさまざまでしたが、1980年に全国飴菓子業協同組合が3月14日を「ホワイトデー」と命名したことから全国に広がっていきました。昔から白には純潔なイメージがあり、若者のさわやかな恋愛にぴったりである、という考えから、「ホワイトデー」と名付けられたそうです。

3月14日になった理由には諸説があるようですが、そのひとつが古代ローマ時代の伝説を起源とする説です。キリスト教の司祭であったバレンタインは、国策で結婚を禁止されていた兵士と恋人のために結婚式を執り行っていました。このことが皇帝の耳に入り、2月14日に処刑されてしまいます(この日がバレンタインデーになりました)。その1ヶ月後の3月14日に、司祭のもとで結婚式をあげたカップルがあらためて永遠の愛を誓い合ったといわれています。

 

<老若男女問わず喜ばれる コーヒーや紅茶との相性抜群 ヨックモックの「シガール」はこちら

 

海外のホワイトデー


ホワイトデーは日本発祥のイベントですが、同じような風習があるのは、日本の風習を取り入れた中国や韓国といった一部のアジア諸国だけだといわれています。中国ではホワイトデーは「白色情人節」と呼ばれており、日本同様に男性が女性にプレゼントを贈る日として定着しています。韓国には、バレンタインデーやホワイトデーの他に、4月14日に「ブラックデー」という日があります。これは、バレンタインデーやホワイトデーに何ももらえなかった人たちが、黒い服を着てジャージャー麺を食べる日だそうです。

 

<こだわりの詰め合わせで想い伝わる オンラインショップ限定  「ガトー エクセラン」はこちら

 

ホワイトデーのマナー


ホワイトデーには冠婚葬祭のような決まったマナーはありません。しかし、できるだけ覚えておいたほうがいいということがあります。

それは、バレンタインにもらったプレゼントの金額を下回らないものを贈るということです。お互いの交際期間が長く、趣味嗜好も把握しているという特別な間柄であれば例外ですが、ホワイトデーのプレゼントは、受け取る側のハードルが上がってしまう傾向があります。そのため、選び方を間違えてしまうと、ガッカリされてしまったり誤解を与えてしまうことになりかねません。そうならないためにも、しっかりと吟味する必要があります。

そして当然のことですが、お返しを忘れるというようなことは絶対にNGです。「お返しは結構です」と事前に言われていたとしても、何かしらのお返しを贈るのが最低限のマナーです。

 

本命へのお返しの選び方

恋人や意中の女性のような「本命」の女性へのお返しは、金額を気にせずに選ぶという方もいらっしゃるでしょう。一般的な相場としては、バレンタインデーにもらった品物よりも高価なものを贈るという方が多いようです。定番なのは、スイーツや洋菓子などの詰め合わせにアクセサリーなど形に残るものをセットにしたプレゼントです。最近は、贈り方に工夫を凝らす人も増えているようなので、シチュエーションやタイミングなど自分なりの工夫を加えてみるのも良いかもしれません。お二人にとっての素敵な思い出になるはずです。

義理へのお返しの選び方

職場の上司や部下などのような「義理」の女性へのお返しには、毎年頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。一般的には、バレンタインデーにもらった品物と同価格程度の品物を選ぶとよいとされています。もらった品物が手づくりの場合や金額がわからない場合は、すこし高級感のあるお菓子などを選んでおけば間違いありません。複数人にお返しをする場合は、品物に優劣をつけずに同じものを贈るとよいでしょう。

 

<用途に応じてお選びいただけます 個包装で少しずつ楽しめるクッキー詰め合わせはこちら

 

家族や友人へのお返しの選び方

奥様や娘さん、気心の知れた友人などにお返しをする場合は、本人に直接欲しいものを聞いてみるのが一番確実な選び方です。リクエストにあったものをプレゼントできるので間違いはないでしょう。「いつもありがとう」や「これからもよろしくね」などのメッセージも添えて贈るとさらに思い出深いものになると思います。

 

<サクッとした生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

いかがでしたでしょうか。本命のギフトや義理のギフトなどホワイトデーの贈りものも相手によってさまざまですが、自分なりの想いを込めた素敵なギフトを選んでください。

まもなくやって来る3月14日が、今までにない素敵なホワイトデーになるよう祈っております。

 

【関連コラム】

選んで楽しい&もらってうれしい!おすすめプチギフト

実は日本発祥だった!?バレンタインの起源と歴史

あなたは何婚式?夫婦で贈り合う結婚記念日ギフト

  1. クッキー詰め合わせ
  2. バレンタイン
  3. 期間限定商品
  4. 南青山ロール
  5. お菓子
  6. 洋菓子
  7. お餞別
  8. 葬式
  9. 初節句
  10. 栄転祝い
  11. 銀婚式
  12. 香典返し
  13. ホワイトデー
  14. 餞別
  15. ご褒美
  16. お中元
  17. 年始
  18. クリスマスケーキ
  19. 異動
  20. クリスマス
  21. 卒業祝い
  22. 出産祝い
  23. お供え物
  24. 節分
  25. 季節のご挨拶
  26. ゴールデンウィーク
  27. 母の日
  28. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  29. クッキーラングドシャー
  30. 卒園祝い
  31. 贈りもの
  32. 楽しい
  33. お見舞い
  34. 結婚祝い
  35. 引越し内祝い
  36. お土産
  37. 米寿
  38. 敬老の日
  39. お正月
  40. 取引先
  41. 七五三
  42. 喪中
  43. 入社祝い
  44. 法事
  45. 父の日
  46. GW
  47. お花見
  48. アイスティー
  49. プレゼント
  50. お泊り会
  51. 快気祝い
  52. 義母
  53. お礼
  54. 寒中見舞い
  55. 結納
  56. 結婚記念日
  57. 歴史
  58. 年末年始
  59. プチギフト
  60. 結婚式
  61. 家庭訪問
  62. ラングドシャー
  63. プレゼント.贈りもの
  64. 帰省
  65. お香典返し
  66. 卒寿
  67. バレンタインデー
  68. 長寿
  69. 卒業
  70. 節句
  71. 詰め合わせ
  72. 配送
  73. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  74. 誕生日
  75. 子供
  76. 結婚
  77. 子どもの日
  78. ビジネス
  79. 残暑見舞い
  80. 転職
  81. 傘寿
  82. 成人祝い
  83. 冠婚葬祭
  84. ウエディング
  85. お彼岸
  86. 暑中見舞い
  87. 内祝い
  88. 入園祝い
  89. 引越し祝い
  90. ご挨拶
  91. 訃報
  92. 開業祝い
  93. 就職祝い
  94. 喜寿
  95. 退職
  96. 洋菓子詰め合わせ
  97. 入学祝い
  98. ギフト
  99. ガトーエクセラン
  100. 退職祝い
  101. チョコレート
  102. おうち時間
  103. 夏休み
  104. 年末
  105. 新築内祝い
  106. シガール
  107. 発表会
  108. クッキー詰めわせ
  109. ハロウィン
  110. 由来
  111. ジューンブライド
  112. ケーキ
  113. お年賀
  114. 端午の節句
  115. プロポーズ
  116. カーネーション
  117. 引き出物
  118. 新築祝い
  119. 昇進祝い
  120. お祝い
  121. 緑寿
  122. おもてなし
  123. お盆
  124. 梅雨
  125. 手土産
  126. クッキー
  127. チョコ
  128. 出産内祝い
  129. 成人式
  130. スイーツ
  131. 還暦
  132. のし
  133. 謝罪
  134. 風呂敷
  135. クッキーラングドシャ―
  136. アイスクリーム
  137. ティータイム
  138. イースター
  139. お歳暮
  140. 紅茶
  141. 雨の日
  142. 水引
  143. 引越し
  144. 成人内祝い
  145. マナー
  146. 初詣
  147. 職場
  148. 義父