公開日:2021/01/29

社会人デビューおめでとう!就職祝いの基本的なマナー

就職とは、学生から社会人となる節目の機会です。厳しい就職活動を努力で乗り越えて、ようやくつかみ取った結果だからこそ、心のこもったお祝いを贈りたいものです。そこで今回は、就職祝いの相場や渡す時期など基本的なマナーをご紹介します。

 

就職祝いとは?


就職祝いとは、就職が決定した人に贈る餞別のことを指します。就職が決定したことへのお祝いの気持ちや、新社会人に向けたエールなどを込めて贈るものです。

 

<老若男女問わず喜ばれる バターの風味豊かなヨックモックの「シガール」はこちら

 

就職祝いの相場って?


就職祝いの相場は、相手との関係によって異なります。明確な基準は決まっていませんが、血縁が近いほど予算が増える傾向があります。おおよその目安は以下のようになっています。

 

自分の子供  30,000円前後

孫      30,000〜50,000円前後

兄弟・姉妹  20,000〜30,000円前後

甥・姪    10,000〜20,000円前後

それ以外の親戚 5,000〜10,000円前後

友人・知人  5,000〜10,000円前後

彼氏・彼女  5,000〜10,000円前後

 

お子さんやお孫さんへの就職祝いは相場がもっとも高く、遠い親戚や血縁関係のない友人・知人へのお祝いは予算が低くなる傾向があります。また、親戚に贈る場合は、全員平等の金額にしておくことが大切です。金額に差をつけてしまうと、のちのち人間関係のトラブルに発展する可能性があります。ケースにもよりますが、できるだけ同じ予算で就職祝いを選ぶようにしてください。もし金額に迷ったら、事前にご両親や親戚に相談するとよいでしょう。予算が決まれば、贈りものが選びやすくなります。あまり高価なプレゼントは、かえって相手に気を遣わせてしまうことがあるので注意してください。やはり相場に見合った品物を選んで贈るのが安心でしょう。

 

<さまざまな美味しさを詰めあわせ  個包装で少しずつ楽しめるクッキー詰め合わせはこちら

 

就職祝いを渡す時期は?


就職祝いは、できるだけ早い時期に贈るのが原則です。入社式の2週間ほど前が適しています。もし事情があって遅くなってしまう場合でも、入社式の1ヶ月以内には贈るようにしましょう。ただし、「内定が決まった」という段階では、すぐに贈らないほうが無難です。内定先によっては、内定から入社までの期間が長いケースもあるので、あまり早く贈りすぎるのもよくないとされています。近年は、さまざまな事情から「内定辞退」や「内定取り消し」ということもあるので注意が必要です。

 

<こだわりの詰め合わせで想い伝わる オンラインショップ限定  「ガトー エクセラン」はこちら

 

就職祝いの贈り方のマナーは?


親しい相手に就職祝いを贈る場合は、普通のプレゼントを渡すときと同様の方法でも構いませんが、就職祝いにかかわるマナーを押さえておくことはとても大切です。

 

水引にルールはない

水引の結び方には、何度繰り返してもよいお祝い事に使われる「蝶結び」と、一回限りのお祝い事に使われる「結び切り」の2種類があります。就職祝いは、厳密には一回限りの慶事とされてきましたが、近年は、キャリアアップのために何度も転職をする方が増えているため、「蝶結び」と「結び切り」のどちらでも大丈夫だとされています。その場合は、紅白で、のし付きのものを選びましょう。表書きには、「御就職祝」「祝御就職」などのように書くか、もしくはシンプルに「御祝」としてもよいでしょう。

メッセージも添えて贈る

就職祝いを贈る場合は、品物だけではなく心のこもったメッセージを添えて贈ると喜ばれます。メッセージカード、手紙、メールなど送り方はさまざまなので、相手に合わせて適切な方法を選びましょう。就職祝いは、その人の新しい人生を応援するという意味合いもあります。ぜひメッセージカードや手紙を使って直筆でメッセージを送ることをおすすめします。

 

<のし・ラッピング・リボン掛け承ります   ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。就職祝いを選ぶ際は関係性などを考慮することも大切ですが、もっとも大事なのは、相手の喜ぶものを選んで贈ることです。何にすれば良いのか決められない時は、相手が使いやすいものを選ぶのがポイントです。就職には不安もつきまといます。相手の方が胸を張って、社会人デビューできるように、思い出に残る就職祝いを贈りましょう。

 

【関連コラム】

直接会えない時の結婚祝いの選び方とマナー

贈る相手で大違い!出産祝いの相場っていくらぐらい?

「快気祝い」って一体なに? どんなものを贈れば良いの?

  1. クッキー
  2. 訃報
  3. 卒業祝い
  4. 寒中見舞い
  5. クリスマス
  6. 義母
  7. お香典返し
  8. 引越し
  9. お菓子
  10. 内祝い
  11. 成人式
  12. お花見
  13. 成人祝い
  14. プチギフト
  15. 節分
  16. チョコ
  17. 葬式
  18. 家庭訪問
  19. 退職
  20. 夏休み
  21. プロポーズ
  22. 贈りもの
  23. お正月
  24. ケーキ
  25. 敬老の日
  26. 結婚
  27. 子どもの日
  28. 子供
  29. 梅雨
  30. クッキーラングドシャー
  31. 期間限定商品
  32. クリスマスケーキ
  33. 新築祝い
  34. 結婚記念日
  35. 洋菓子詰め合わせ
  36. 異動
  37. ゴールデンウィーク
  38. 雨の日
  39. ダイヤモンド婚式
  40. 節句
  41. 初詣
  42. お礼状
  43. プレゼント.贈りもの
  44. 発表会
  45. お餞別
  46. 銀婚式
  47. ウエディング
  48. クッキーラングドシャ―
  49. 七五三
  50. 退職祝い
  51. スイーツ
  52. お土産
  53. 配送
  54. 紅茶
  55. お年賀
  56. 初節句
  57. 長寿
  58. お見舞い
  59. お返し
  60. アイスクリーム
  61. 結婚祝い
  62. シガール
  63. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  64. 入学祝い
  65. アイスティー
  66. 職場
  67. ホワイトデー
  68. 香典返し
  69. お供え物
  70. 母の日
  71. ティータイム
  72. 金婚式
  73. 年始
  74. 謝罪
  75. 卒寿
  76. ガトーエクセラン
  77. 贈り物
  78. 入社祝い
  79. お中元
  80. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  81. 楽しい
  82. 端午の節句
  83. 昇進祝い
  84. 出産祝い
  85. ご挨拶
  86. フルーツジュレ
  87. 転職
  88. バレンタイン
  89. 白寿
  90. ジューンブライド
  91. クッキー詰め合わせ
  92. 父の日
  93. おうち時間
  94. 風呂敷
  95. 歴史
  96. 水引
  97. イースター
  98. 米寿
  99. 成人内祝い
  100. のし
  101. 年末年始
  102. 結納
  103. 還暦
  104. お泊り会
  105. 法事
  106. ハロウィン
  107. ご褒美
  108. チョコレート
  109. 暑中見舞い
  110. GW
  111. 卒業
  112. 誕生日
  113. 喜寿
  114. プレゼント
  115. 栄転祝い
  116. 新築内祝い
  117. 取引先
  118. 喪中
  119. おもてなし
  120. 子ども
  121. 冠婚葬祭
  122. 引越し祝い
  123. 詰め合わせ
  124. 年末
  125. マナー
  126. 結婚式
  127. 開業祝い
  128. お中元.マナー
  129. 残暑見舞い
  130. お礼
  131. 由来
  132. 引き出物
  133. 七夕
  134. クッキー詰めわせ
  135. カーネーション
  136. ビジネス
  137. 手土産
  138. ギフト
  139. バレンタインデー
  140. 義父
  141. 季節のご挨拶
  142. ラングドシャー
  143. お祝い
  144. 快気祝い
  145. 洋菓子
  146. 餞別
  147. 緑寿
  148. お盆
  149. お彼岸
  150. 傘寿
  151. 南青山ロール
  152. 帰省
  153. 出産内祝い
  154. お歳暮
  155. 引越し内祝い
  156. 卒園祝い
  157. 入園祝い
  158. 就職祝い