公開日:2021/01/22

Happy Birthday!誕生日の豆知識と正しい贈り方

誕生日は、一年に一回、この世に生まれた誰にでも訪れるおめでたい日です。家族や友人、職場の仲間など、自分の大切な人たちの誕生日には、心のこもったプレゼントを贈ってお祝いしたいものです。そこで今回は、誕生日の歴史や世界の誕生日の様子、誕生日のお祝いを贈る際に気をつけておきたいことなどをご紹介します。

 

 

日本における「誕生日」の歴史


海外では、誕生日は神の生誕を祝う日とされています。イエス・キリストの生誕を祝う「クリスマス」のように宗教的な意味合いが強いものです。

現在では、個人の誕生日をお祝いする習慣は一般的になっていますが、もともと日本には誕生日をお祝いする習慣がありませんでした。昔は年齢を「数え年」で数えていたので、生まれた歳を1歳とし、1月1日になると、誰もがみな一斉に歳をとっていました。特に、女の子は生まれてすぐに歳を取るのはかわいそうだということで、12月生まれでも1月生まれということにしていたようです。明治35年に施行された「年齢計算ニ関スル法律」によって「満年齢」を導入し、一人ひとりの誕生日が1年に1回必ずやってくることを浸透させようとしましたが、なかなか一般の間に普及しませんでした。

日本で現在のような誕生日をお祝いする習慣が定着したのは、昭和25年に「年齢のとなえ方に関する法律」を施行した以降のことです。また、歳をとるのは誕生日の前日の午後12時とされています。前日に歳をとることから選挙権などに影響が出ることもあるようですが、誕生日前日に提出する書類などに年齢を書き込む場合は、その時の年齢でOKです。

ちなみに、日本で初めて自分の誕生日をお祝いしたのは織田信長だという説があります。

 

<老若男女問わず選ばれる ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

誕生日にケーキを食べる習慣って?


誕生日の楽しみのひとつにバースデーケーキがありますが、その起源は古代ギリシャの時代にまで遡ります。

古代ギリシャ人は、月の女神であるアルテミスの誕生を祝うために、月の形を模したハニーケーキを焼いてお供え物として献上しました。火のついた細長いロウソクをケーキの上に挿して、輝く月の光を表現したそうです。このケーキが、バースデーケーキのルーツであり、ケーキにロウソクを灯す起源もここにあるのでは、と考えられています。

15世紀のドイツでは、「キンダーフェスト」と呼ばれる子どもの誕生日会が行われており、ケーキをみんなで分け合って食べていました。当時のドイツでは子どもの誕生日に悪霊がやって来ると考えられていたため、バースデーケーキの上にロウソクを灯すことで神に祈りを捧げ、子どもたちを守っていたそうです。無事に1日が終わるとロウソクの火を消し、誕生日をお祝いしていました。

このような誕生日にバースデーケーキを食べる習慣は19世紀にアメリカに伝わり、日本には戦後、GHQの指導によって広まったと考えられています。

 

世界の誕生日のお祝い


日本以外の国では、どのような誕生日が行われているのでしょうか。以下の5つの国の誕生日祝いをのぞいてみましょう。

 

オランダ
オランダの誕生日が日本の誕生日といちばん異なる点は、誕生日を迎える本人がパーティーをセッティングするということです。自分を祝ってもらうために料理や飲み物を自費で用意するなんて、日本では考えられないことですよね。また、パーティーに招かれたゲストは、本人だけではなく、その人の家族全員にお祝いの言葉をかけるのが一般的です。

ロシア
オランダと同じように誕生日を迎える本人がパーティーを主催する風習があるのが、ロシアです。自宅やレストランにゲストを招待してご馳走をします。かかる費用もすべて本人が負担します。誕生日のケーキは職場や学校に持っていき「今日は私の誕生日だからたべてね」と振る舞うそうです。また、ロシアは前祝いは不吉とされているため、「明日誕生日だよね、おめでとう」などと前日にお祝いをするのはタブーです。

インド
インドの誕生日は、レストランやイベント会場などを借り切って盛大にお祝いをします。誕生日を祝ってもらう側が、祝ってくれる側の人々にお返しをする「リターンギフト」という習慣があるのも特徴的です。日本でいうなら、「誕生日の内祝い」といったところでしょうか。また、パーティーのテーブルには、全員が食事を楽しめるようにベジタリアン料理のみが並びます。

ブラジル
リオのカーニバルのように仲間で盛り上がることが大好きなブラジルには、昔から誕生日を迎えた人に、ケーキの材料である小麦粉や卵などをかける、という独特のお祝いがあるそうです。その理由は、「雛は卵から生まれる」というものから、「ケーキを作るのが大変だから」というものまで諸説があり、はっきりとはわかっていません。

中国
中国では、自分の誕生会にかかる費用は、すべて本人が負担するのが一般的です。「自分はこれだけ豪華なお祝いができる」ということを周囲にアピールする狙いがあるようです。また、「麺のように長く、長生きしてほしい」という意味から、誕生日には麺を食べるという風習があります。欧米の文化や風習が広まりつつある中国ですが、誕生日にケーキを食べるという習慣が浸透してきたのも、ここ20年ぐらいのことです。

 

世界各国を見ても、誕生日という日がとても神聖で、特別な日であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

<特別な日にはこだわりの詰め合わせを オンラインショップ限定  「ガトー エクセラン」はこちら

 

誕生日祝いの相場は?


誕生日祝いの金額に、特に決まりはありません。しかしながら、それほど親しい間柄ではない人に高価なものを贈ってしまうと、かえって相手を困らせてしまうこともあります。誕生日祝いの予算は、相手との関係性によって違いをもたせると良いでしょう。一般的には、3,000〜10,000円程度が相場といわれています。

 

<さまざまな美味しさを詰めあわせ  個包装で少しずつ楽しめるクッキー詰め合わせはこちら

 

誕生日祝いはいつ渡すの?


誕生日祝いは、できるだけ誕生日当日に手渡しで渡しましょう。当日に渡すのが難しい場合は、誕生日当日に相手の自宅に届くように配送で贈ると良いでしょう。当日にプレゼントを渡せない場合でも、電話かメールなどで「誕生日おめでとう」のメッセージを伝えると喜ばれるはずです。

 

<サクッとした生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

贈ってはいけないものもある?


「縁起が悪い」というような理由から、誕生日に贈ってはいけないものもあります。目上の方には、別れを想起させる「ハンカチ」や足で踏みつけるという意味のある「靴下、スリッパ」、縁を切るという意味になる「包丁」などを贈るのは避けましょう。

 

<ラッピング・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。誕生日のお祝いを選ぶときは、どれぐらいの予算で、どんなものを贈ればいいのか。あれこれ悩んでしまうこともありますが、大切なことは、相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶこと。そして、毎年忘れずに贈り続けることです。誕生日のお祝いは、1年に1回、大切な人に「おめでとう」と「ありがとう」を伝える貴重な機会でもあります。相手の立場に立ったお祝いを選んで、心のこもったHappy Birthdayを!

 

【関連コラム】

上司や先輩への誕生日プレゼントに絶対選んではいけないもの

プチギフトにも使える!クッキーのラッピング方法

選んで楽しい&もらってうれしい!おすすめプチギフト

 

 

 

  1. のし
  2. 父の日
  3. おうち時間
  4. お香典返し
  5. 災害見舞い
  6. 転職
  7. スイーツ
  8. 歴史
  9. 長寿
  10. 引越し内祝い
  11. 孫の日
  12. 新年会
  13. 年始
  14. 義父
  15. ガトーエクセラン
  16. ハロウィン
  17. クッキーラングドシャ―
  18. 男性
  19. 梅雨
  20. スポーツ
  21. 周年記念
  22. クッキー詰め合わせ
  23. 移転祝い
  24. お土産
  25. 結婚式
  26. クリスマス
  27. 定年退職祝い
  28. お返し
  29. 敬老の日
  30. お食い初め
  31. 初節句
  32. 結婚祝い
  33. お餞別
  34. 焼き菓子
  35. お礼
  36. おもてなし
  37. 法事
  38. お宮参り
  39. 親睦会
  40. ビジネス
  41. 訃報
  42. シガール
  43. 水引
  44. お供え物
  45. 年末年始
  46. 卒園祝い
  47. 成人内祝い
  48. 傘寿
  49. 旧盆
  50. アイスクリーム
  51. ご褒美
  52. 餞別
  53. ふくさ
  54. 成人式
  55. 風呂敷
  56. 焼き菓子詰め合わせ
  57. お中元
  58. 暑中見舞い
  59. クリスマスケーキ
  60. 葬式
  61. ゴールデンウィーク
  62. イベント
  63. ジューンブライド
  64. 楽しい
  65. マナー
  66. イースター
  67. お歳暮
  68. 新築内祝い
  69. 謝罪
  70. 子ども
  71. 冠婚葬祭
  72. お中元.マナー
  73. プレゼント
  74. 菓子折り
  75. アイスティー
  76. 節分
  77. 雨の日
  78. ダイヤモンド婚式
  79. クッキー詰めわせ
  80. 喪中
  81. 快気内祝い
  82. プレゼント.贈りもの
  83. 初詣
  84. お盆
  85. 結婚記念日
  86. 端午の節句
  87. 手土産
  88. お菓子
  89. カーネーション
  90. フルーツジュレ
  91. 入社祝い
  92. 産休
  93. 異動
  94. 米寿
  95. 寒中見舞い
  96. 出産内祝い
  97. 還暦
  98. チョコレート
  99. 年末
  100. 社内表彰
  101. 出産祝い
  102. 内祝い
  103. 栄転祝い
  104. 昇進祝い
  105. ギフト
  106. 引越し祝い
  107. クッキーラングドシャー
  108. 入学祝い
  109. ホワイトデー
  110. ケーキ
  111. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  112. 卒寿
  113. 喜寿
  114. 銀婚式
  115. 厄払い
  116. 義母
  117. 就職祝い
  118. お正月
  119. ウエディング
  120. 紅茶
  121. 残暑見舞い
  122. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  123. 母の日
  124. 緑寿
  125. 結婚
  126. お花見
  127. 忘年会
  128. ティータイム
  129. 誕生日
  130. お見舞い
  131. 新盆
  132. 入園祝い
  133. 帰省
  134. 退職祝い
  135. 発表会
  136. ご挨拶
  137. 夏休み
  138. バレンタインデー
  139. お泊り会
  140. 退職
  141. 開業祝い
  142. 景品
  143. 社内イベント
  144. 職場
  145. 七五三
  146. 子どもの日
  147. 白寿
  148. 引き出物
  149. ラングドシャー
  150. 南青山ロール
  151. 香典返し
  152. おすすめ
  153. 成人祝い
  154. 厄年
  155. 職場復帰
  156. 季節のご挨拶
  157. プロポーズ
  158. 詰め合わせ
  159. 節句
  160. お礼状
  161. バレンタイン
  162. 引越し
  163. 七夕
  164. 子供
  165. 洋菓子
  166. 贈りもの
  167. 卒業
  168. 期間限定商品
  169. 結納
  170. 洋菓子詰め合わせ
  171. 配送
  172. お彼岸
  173. オンライン
  174. 家庭訪問
  175. 由来
  176. クッキー
  177. 快気祝い
  178. チョコ
  179. 贈り物
  180. お祝い
  181. 取引先
  182. 新築祝い
  183. 卒業祝い
  184. GW
  185. 金婚式
  186. 手渡し
  187. お年賀
  188. プチギフト