公開日:2021/01/15

ずっと長生きしてほしいから!心をこめて「米寿」のお祝い

平均寿命が80歳を超える日本は、長寿の国として知られています。そんな現在でも、米寿(88歳)になるということは、とてもおめでたいことです。そんな特別なお祝いごとに何を贈れば良いのか、どんな品物がふさわしいのか、悩んでしまいますよね。そこで今回は、「米寿」の由来や贈りものの選び方、押さえておきたい基本的なマナーなどをご紹介します。

 

 

米寿とは?


米寿とは、88歳を迎える方の長寿のお祝いです。88を漢字で書くと、「八」「十」「八」と「米」の字に分解できることから、「米寿」と呼ばれるようになったといわれています。また、日本では「八」は末広がりを意味し、縁起の良い数字とされてきました。その「八」が2つ重なる、88歳の米寿は、長寿の中でも特におめでたい歳とされ、地域によっては、還暦と同じぐらい盛大にお祝いをすることもあるようです。

米寿の他にも長寿のお祝いには以下のようなものがあります。かつては「数え年」で行われましたが、最近では「満年齢」で祝う方が多いようです。

60歳  還暦
70歳  古希
77歳  喜寿
80歳  傘寿
88歳  米寿
90歳  卒寿
99歳  白寿
100歳   百寿または紀寿

この他にも、108歳の茶寿、111歳の皇寿、120歳の大還暦があります。

 

<老若男女問わず喜ばれる 愛され続けるロングセラー ヨックモックの「シガール」はこちら

 

米寿はいつお祝いするの?


米寿をお祝いをする時期は、地域によってさまざまで、特に決まっていません。しかし一般的には、米寿を迎える誕生日もしくは敬老の日が多いようです。お祝いをする日を決める時は、以下の2つのことに注意すると良いでしょう。

 

家族や親戚が集まりやすい日を選ぶ

ご家族が揃いやすい、お正月、コールデンウィーク、お盆、敬老の日といった、なるべくたくさんの人がお祝いできる日を選びましょう。

本人の体調を考慮する

最近は高齢でも若々しい方は多いですが、さすがに88歳ともなると、急に体調を崩したり健康面で心配なこともあります。体に負担をかけないよう体調を考慮してお祝いをするようにしましょう。

 

<個包装だから少しずつ楽しめる  クッキー詰め合わせはこちら

 

<オンラインショップ限定  ヨックモックの洋菓子ギフト「ガトー エクセラン」はこちら

 

米寿のお祝いの選び方は?


長寿の中でも特におめでたい「米寿」のお祝いですから、やはり喜んでもらえるものを贈りたいものです。「どんなものを選べばいいの?」と悩んでしまう方は、以下のようなことに注意してプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。

 

「黄色」「金色」「金茶色」のものを選ぶ

米寿のテーマカラーは、黄色、金色、金茶色です。これは、「米」の文字から連想される色が、収穫を迎える稲穂が金色に光り輝く様子であることに由来しています。このことから、米寿のお祝いには、黄色、金色、金茶色の品物が選ばれるようになりました。中には、金色のちゃんちゃんこや座布団を贈るという方もいらっしゃいますが、最近では、黄色の小物やお花、日常生活で使える便利なアイテムなど選ばれる品物も多様化しています。

記念に残るものを選ぶ

米寿は縁起の良いお祝いだからこそ、これまでの人生をゆっくりと振り返ることができるフォトフレームやアルバム、家族や親戚による寄せ書きのメッセージなど、記念に残るものを選びましょう。さらに、ご本人の名前を入れれば、世界で一つだけのプレゼントになります。家族旅行やホテルでの食事会などの「思い出」をプレゼントするのも素敵です。

縁起の悪いものはNG

米寿のお祝いにふさわしくないとされる品物がいくつかあります。いくつかご紹介します。

靴、靴下・・・「足で踏みつける」という意味合いになることから、目上の方への贈りものには不向きです。
くし・・・言葉の響きが「苦」や「死」を連想させるほか、くしの歯が欠けることが不吉と言われていることからNGです。
日本茶・・・葬儀の席や香典返しに使われることから縁起が悪いとされています。
老いを感じさせるもの・・・補聴器、ステッキ、老眼鏡といった「老い」を連想させるような品物は、相手の気分を害してしまうことがあるため避けた方が無難です。

<季節限定 抹茶の風味豊かなシガール「シガール オゥ マッチャ」はこちら

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。今回は米寿の由来や贈りものの選び方などをご紹介しましたが、ご本人にとっては、自分へのプレゼントのために、家族や親戚が頭を悩ませたり時間を割いてくれたことが、何よりも嬉しいことではないでしょうか。いつまでも元気でいてほしい大切な人だから、真心のこもったプレゼントやメッセージで、88歳をお祝いしてあげてください。

 

【関連コラム】

敬老の日ギフトに贈りたいもの・贈ってはいけないもの

なぜ?どうして?何を贈る?知っておきたい「還暦」のこと

ご存知ですか?「古希祝い」のマナーと意味

喜びあふれる贈りものを!知っておきたい「喜寿」のお祝い

  1. 緑寿
  2. 風呂敷
  3. 米寿
  4. 水引
  5. 由来
  6. 残暑見舞い
  7. 法事
  8. 還暦
  9. クリスマスケーキ
  10. 葬式
  11. お中元.マナー
  12. 卒寿
  13. 出産内祝い
  14. 洋菓子詰め合わせ
  15. チョコレート
  16. ホワイトデー
  17. 謝罪
  18. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  19. 子ども
  20. 夏休み
  21. クッキー詰め合わせ
  22. 季節のご挨拶
  23. 出産祝い
  24. 退職祝い
  25. 新築祝い
  26. 母の日
  27. 引き出物
  28. 詰め合わせ
  29. 子どもの日
  30. 訃報
  31. 期間限定商品
  32. 長寿
  33. バレンタインデー
  34. チョコ
  35. 配送
  36. 年末年始
  37. ビジネス
  38. 贈りもの
  39. ジューンブライド
  40. 入学祝い
  41. クッキー
  42. 楽しい
  43. お泊り会
  44. 取引先
  45. 端午の節句
  46. のし
  47. 七五三
  48. 初詣
  49. 南青山ロール
  50. 餞別
  51. 入社祝い
  52. 快気祝い
  53. 結婚記念日
  54. お彼岸
  55. 年始
  56. クッキーラングドシャー
  57. 家庭訪問
  58. 職場
  59. 白寿
  60. フルーツジュレ
  61. 引越し祝い
  62. お祝い
  63. お香典返し
  64. お餞別
  65. お供え物
  66. お正月
  67. 栄転祝い
  68. 結婚
  69. お歳暮
  70. 引越し内祝い
  71. 節分
  72. 初節句
  73. アイスクリーム
  74. 転職
  75. 結婚祝い
  76. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  77. お返し
  78. 年末
  79. 義父
  80. お年賀
  81. 結婚式
  82. アイスティー
  83. 義母
  84. 結納
  85. 喜寿
  86. お礼
  87. 発表会
  88. 内祝い
  89. 卒業
  90. ダイヤモンド婚式
  91. ゴールデンウィーク
  92. 父の日
  93. ご挨拶
  94. 金婚式
  95. ハロウィン
  96. マナー
  97. 引越し
  98. お土産
  99. 卒業祝い
  100. おうち時間
  101. ご褒美
  102. 節句
  103. クッキー詰めわせ
  104. 梅雨
  105. プレゼント
  106. 開業祝い
  107. ガトーエクセラン
  108. プチギフト
  109. ラングドシャー
  110. プロポーズ
  111. クッキーラングドシャ―
  112. おもてなし
  113. ギフト
  114. プレゼント.贈りもの
  115. 退職
  116. 入園祝い
  117. クリスマス
  118. シガール
  119. 手土産
  120. バレンタイン
  121. 卒園祝い
  122. カーネーション
  123. 敬老の日
  124. 雨の日
  125. 贈り物
  126. 紅茶
  127. 新築内祝い
  128. 昇進祝い
  129. お盆
  130. 誕生日
  131. 寒中見舞い
  132. ケーキ
  133. お中元
  134. 洋菓子
  135. お菓子
  136. 喪中
  137. 暑中見舞い
  138. GW
  139. 成人式
  140. 歴史
  141. ティータイム
  142. お見舞い
  143. 帰省
  144. ウエディング
  145. 七夕
  146. 香典返し
  147. 冠婚葬祭
  148. スイーツ
  149. イースター
  150. 成人祝い
  151. 子供
  152. お礼状
  153. 成人内祝い
  154. お花見
  155. 異動
  156. 傘寿
  157. 銀婚式
  158. 就職祝い