公開日:2020/12/18

直接会えない時の結婚祝いの選び方とマナー

結婚式は、人生の中でも特に大事なお祝いごとの一つです。それが親しい友人や親戚の結婚式ともなれば、是が非でも駆けつけて、新郎新婦の門出を祝福したいものです。しかし、様々な事情により結婚式に出席できないという方もいらっしゃいます。そんな方も「せめて結婚祝いだけでも贈りたい」と思うのは当然のことではないでしょうか。そこで今回は、直接お祝いできないときの結婚祝いの選び方や、結婚祝いの基本的なマナーなどをご紹介します。

 

 

直接お祝いできないときに気を付けたい結婚祝いのポイント


結婚祝いは配送で
本来であれば直接お会いして渡したいところではありますが、直接お祝いできないときは、結婚祝いを配送で贈りましょう。

品物選びはオンラインショッピングで
結婚祝いを選ぶために百貨店やデパートに行くことが難しい方もいらっしゃると思います。そこで便利なのがオンラインショッピングです。購入した品物はサイトや店舗から相手先に直接贈ることもできます。

「おうち時間」を楽しめるものを贈る
インテリア雑貨、入浴剤、アロマグッズ、キッチンアイテムなど選択肢は豊富にあります。また、ショッピングサイトなどからお取り寄せした有名店のスイーツやお菓子の詰め合わせなどを贈るのも喜ばれるのではないでしょうか。

 

<オンラインショップ限定  ヨックモックの洋菓子ギフト「ガトー エクセラン」はこちら

 

<個包装で日持ちがするのでご挨拶やお手土産におすすめ  クッキー詰め合わせはこちら

 

結婚祝いの相場は?


結婚式に出席できないという方は、10,000円程度の現金やプレゼントを贈りましょう。また、相手が結婚式を行わないという場合にも、10,000円程度の現金やプレゼントを贈るようにしましょう。

 

通常の結婚祝いの場合
一般的な結婚祝いの相場は、贈る相手によって異なります。

 

兄弟・姉妹の場合
兄弟・姉妹の場合、ご祝儀の相場は30,000円〜100,000円程度です。20代前半であれば、金額が相場に届かなくても構いません。結婚式に出席し、さらに結婚祝いも贈る場合は、ご祝儀+プレゼントの金額が相場程度になるように調整するとよいでしょう

親戚(甥・姪・いとこ)の場合
親戚へのご祝儀の相場は、30,000円〜50,000円程度になります。事前に結婚祝いとしてプレゼントを渡していた場合は、プレゼント代も含めて30,000円〜50,000円程度に収まるようにしましょう。

友人・知人の場合
友人・知人の場合は、20,000円~30,000円程度がご祝儀の相場です。ただし、自分が先に結婚していて、今回結婚祝いを贈る相手から結婚祝いを受け取っている場合は、その金額に合わせるとよいでしょう。

会社関係の方の場合
同僚や部下など、会社関係者に贈る結婚祝いの相場は、20,000円~30,000円程度です。ただし、先に結婚祝いを受け取っている場合は、その金額に合わせます。自分が贈る相手の上司の場合は、50,000円~100,000円程度にするのが一般的です。

 

<バターの風味が豊かな味わい  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

結婚祝いはいつ贈るの?


結婚式に出席できない場合は、結婚報告を直接受けてから1か月以内に贈ります。できるだけ時間を空けすぎないようにしましょう。

通常の結婚祝いの場合
結婚祝いを渡すタイミングの目安は、結婚式の2か月前から1週間前が一般的です。手渡しが望ましい形ですが、遠方で難しい場合は宅配便などで送りましょう。ただし、結婚式に出席する場合でも結婚式当日に手渡しするのはマナー違反にあたります。

 

結婚祝いの「のし」は?


結婚祝いの「のし」は一般的なマナーと同様です。結婚祝いを包む場合は、紅白や金銀の「あわじ結び」もしくは「結び切り」の水引を使用します。「あわじ結び」と「結び切り」は、「一度結ぶと解けにくい」という意味が込められた結び方で、慶事にふさわしい水引とされています。水引の本数は、通常のお祝いに使われる5本の倍である10本の水引を使用します。表書きには「寿」もしくは「御結婚御祝」と書きます。濃い墨の「毛筆」や「筆ペン」を使い、楷書で書くのがマナーです。

 

<用途に応じたのしを無料でご用意 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。結婚祝いを贈ることは、貴重なコミュニケーションの機会にもなります。お相手の幸せを思いながら品物を選び、適切な配送方法を選んで贈ることで、気持ちは伝わるはずです。いつの日か直接お祝いを伝えられることを楽しみに、心のこもった結婚祝いを贈りましょう。

 

【関連コラム】

感謝とお祝いを込めて! 寿退社する女性に贈るプレゼントのマナー

2人の結婚を祝福したいから。結婚お祝いのマナー

どんなものを贈ればいいの?「新築祝い・引越し祝い」のマナー

  1. 転職
  2. プチギフト
  3. お礼状
  4. お泊り会
  5. 厄年
  6. 残暑見舞い
  7. 発表会
  8. 手土産
  9. ホワイトデー
  10. ご褒美
  11. 金婚式
  12. 結婚記念日
  13. ビジネス
  14. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  15. クッキー詰め合わせ
  16. お菓子
  17. お花見
  18. 白寿
  19. アイスティー
  20. 快気内祝い
  21. ウエディング
  22. 引越し
  23. お土産
  24. ゴールデンウィーク
  25. 暑中見舞い
  26. 七夕
  27. 誕生日
  28. 訃報
  29. 詰め合わせ
  30. 贈り物
  31. 職場
  32. 職場復帰
  33. 初節句
  34. 取引先
  35. 節分
  36. 菓子折り
  37. ご挨拶
  38. お彼岸
  39. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  40. 洋菓子
  41. 楽しい
  42. 南青山ロール
  43. 厄払い
  44. 水引
  45. 義父
  46. 雨の日
  47. 結婚式
  48. プレゼント.贈りもの
  49. 開業祝い
  50. 喪中
  51. バレンタイン
  52. 快気祝い
  53. シガール
  54. 餞別
  55. 七五三
  56. 旧盆
  57. GW
  58. 卒寿
  59. ジューンブライド
  60. ふくさ
  61. バレンタインデー
  62. 傘寿
  63. お礼
  64. 手渡し
  65. クッキー詰めわせ
  66. 敬老の日
  67. 異動
  68. 還暦
  69. 帰省
  70. アイスクリーム
  71. プレゼント
  72. 新盆
  73. ハロウィン
  74. 入社祝い
  75. お正月
  76. 新築祝い
  77. 期間限定商品
  78. 昇進祝い
  79. プロポーズ
  80. 年始
  81. ケーキ
  82. 栄転祝い
  83. 母の日
  84. 葬式
  85. 配送
  86. 引き出物
  87. 銀婚式
  88. 夏休み
  89. 冠婚葬祭
  90. 謝罪
  91. マナー
  92. 成人式
  93. 出産祝い
  94. 由来
  95. 卒業祝い
  96. 結婚
  97. お香典返し
  98. ギフト
  99. フルーツジュレ
  100. チョコレート
  101. 結納
  102. 歴史
  103. 節句
  104. 退職祝い
  105. おもてなし
  106. のし
  107. 成人内祝い
  108. 内祝い
  109. お見舞い
  110. 焼き菓子
  111. お中元
  112. お中元.マナー
  113. 子ども
  114. 初詣
  115. ティータイム
  116. 年末
  117. 父の日
  118. 梅雨
  119. ラングドシャー
  120. 卒園祝い
  121. お餞別
  122. 洋菓子詰め合わせ
  123. 成人祝い
  124. 産休
  125. 子どもの日
  126. 結婚祝い
  127. ダイヤモンド婚式
  128. お盆
  129. 子供
  130. 法事
  131. 長寿
  132. クリスマスケーキ
  133. 義母
  134. クッキーラングドシャー
  135. 季節のご挨拶
  136. お供え物
  137. クッキー
  138. 寒中見舞い
  139. おうち時間
  140. 緑寿
  141. 贈りもの
  142. ガトーエクセラン
  143. チョコ
  144. 退職
  145. 喜寿
  146. 風呂敷
  147. クッキーラングドシャ―
  148. お宮参り
  149. 焼き菓子詰め合わせ
  150. 紅茶
  151. カーネーション
  152. クリスマス
  153. 香典返し
  154. 引越し内祝い
  155. 入学祝い
  156. スイーツ
  157. 家庭訪問
  158. イースター
  159. お返し
  160. 端午の節句
  161. お年賀
  162. 卒業
  163. 引越し祝い
  164. お祝い
  165. 年末年始
  166. 就職祝い
  167. 災害見舞い
  168. 入園祝い
  169. お歳暮
  170. 米寿
  171. 新築内祝い
  172. 出産内祝い