公開日:2020/12/04

会えなくても気持ちは伝わる!年始の挨拶のギフト選び

年始の挨拶まわりはビジネスマンの恒例行事の一つです。しかし今年は、昨年までのような訪問挨拶がむずかしくなってしまいました。「今年はどうしよう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、今だからこそ知っておきたい年始のギフトの選び方をご紹介します。

 

 

今年は宅配便で年始のご挨拶を


年始の挨拶は、本来、手土産を持って相手方を訪問し直接渡すのがマナーとされています。お中元やお歳暮のように宅配便などで配送することはNGとされていました。しかし、対面でのご挨拶ができなくなっている現状を見ると、感謝の気持ちを配送で伝えるという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。しかし、そのような場合でも、相手の失礼にならないようなギフト選びが必要です。

 

<老若男女問わず喜ばれる  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

年始のギフト選びのポイント


年始の挨拶には、さまざまな年齢層の方に幅広く喜ばれる品がおすすめです。金額の相場としては、およそ1,000円から5.000円くらいの品物が選ばれることが多いようです。品物を選ぶ前に、事前に以下のことを確認しておきましょう。

①相手先の人数を確認

会社に送る場合は、個人的に関わりのある担当者だけではなく、関係部署全員分を用意するようにしましょう。その部署に何人くらい人がいるのかを事前に把握し、数が足りるように品物を選んでください。

②冷蔵庫の有無を確認

会社によっては、職場に冷蔵庫を置いていないところがあります。アイスクリームや冷やした方がよい飲み物を贈る場合は事前に確認しておきましょう。冷蔵庫の有無がわからないときは、生菓子は避け、要冷蔵でないものを選びましょう。

③賞味期限の確認

年始はさまざまな挨拶品が贈られるシーズンなので、ある程度日持ちのするものを選びましょう。すぐに食べないと賞味期限が切れてしまうお菓子などを贈るのは失礼にあたるので注意しましょう。

 

年始の挨拶におすすめのギフト


仕事中でも手軽に食べられるもの

仕事中に飲んだり食べたりできるように個包装されたお菓子などは喜ばれます。ひと口で簡単に食べられるクッキーやチョコレートはおすすめです。

 

<個包装でデスクワークの合間にも食べやすい  クッキー詰め合わせはこちら

 

<サクッとした生地に濃厚なチョコレートをサンド 「クッキーラングドシャー」はこちら

 

手間のかからないもの

カットが必要なお菓子やフルーツのように手間がかかるものはなるべく避け、忙しい時でもさっと食べられるものを選ぶようにしましょう。

プレミアム感のあるもの

「期間限定」「地域限定」「要予約」といった、プレミアム感のあるものは喜ばれます。相手が食品系企業の場合はライバル社のものは贈らないように注意してください。

 

<オンラインショップ限定  ヨックモックの洋菓子ギフト「ガトー エクセラン」はこちら

 

※食べ物以外を送る場合

カレンダーや手帳といった実用品、タオルや石けんといった消耗品、干支に関連したグッズなどが人気です。ただし、「相手を踏みつける」という意味にとられる「履物・敷物」や、お金に困っていると思われる「商品券」などはNGとなっています。調べるのが面倒なのであれば、食べ物以外のものを選ぶのは避けておくほうがベターです。

 

贈る際に注意する点


期限がある

年始回りは本来、松の内(1月7日まで)に行うのが基本です。企業の場合は、1月4日頃の仕事始めから15日頃までに行うのが通常です。配送で送る場合は、この期間内に到着するように手配するとスマートです。時期をのがした場合は、「寒中お見舞い」として送りましょう。

のし書きをつける

のし紙は「紅白5本・蝶結びの水引」が一般的です。誰からもらったものなのかが判別できるよう、のし紙の中央下部に、自分の名前と会社名を小さく入れましょう。表書きは「御年賀」もしくは「御年始」とします。目上の方には「御慶」を使うと礼儀正しさが伝わります。1月7日を過ぎてしまう場合は、「寒中見舞い」と書きましょう。

置き配にする

感染予防対策として配送業者と直接対応したくないという会社もあるでしょう。そのような場合は「置き配」を指定するという選択肢もあります。相手の在宅・不在に関わらず、指定した場所に荷物を置いてくれるサービスで、対面での応対もサイン不要です。

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。年始の挨拶は、一年に一度の節目でもありますので、なかなか会うことが出来ない状況でも、工夫してご挨拶ができれば良いですね。しかし、企業の中には、すでに年始の挨拶回りを中止するという企業もあるようです。そのような場合は、無理矢理贈るようなことはせずに、メールや電話で気持ちを伝えてください。

 

【関連コラム】

相手に喜んでもらえるお歳暮の選び方

いつ渡すの?持参方法は?お歳暮を手渡しする際のマナー

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

お歳暮は喪中に出しても大丈夫? マナーと注意点

 

  1. 還暦
  2. 敬老の日
  3. 引越し内祝い
  4. お香典返し
  5. ウエディング
  6. ティータイム
  7. 引越し祝い
  8. 開業祝い
  9. 歴史
  10. 卒業祝い
  11. プロポーズ
  12. 結納
  13. 発表会
  14. 暑中見舞い
  15. 母の日
  16. 出産祝い
  17. 結婚記念日
  18. お中元.マナー
  19. 入学祝い
  20. 義父
  21. お見舞い
  22. 緑寿
  23. のし
  24. 出産内祝い
  25. ホワイトデー
  26. 米寿
  27. 洋菓子
  28. お土産
  29. 栄転祝い
  30. チョコレート
  31. 手土産
  32. 贈り物
  33. ダイヤモンド婚式
  34. 快気祝い
  35. 転職
  36. 初節句
  37. 節句
  38. 葬式
  39. クッキー詰めわせ
  40. 結婚式
  41. 成人内祝い
  42. 結婚祝い
  43. 年始
  44. 配送
  45. 冠婚葬祭
  46. 新築内祝い
  47. 成人式
  48. クッキーラングドシャ―
  49. ご挨拶
  50. 卒寿
  51. 年末年始
  52. プチギフト
  53. 節分
  54. 子供
  55. チョコ
  56. 取引先
  57. お餞別
  58. 七五三
  59. 洋菓子詰め合わせ
  60. 謝罪
  61. クッキーラングドシャー
  62. ハロウィン
  63. 銀婚式
  64. お泊り会
  65. 年末
  66. ゴールデンウィーク
  67. お菓子
  68. 新築祝い
  69. 風呂敷
  70. 南青山ロール
  71. 初詣
  72. 義母
  73. ジューンブライド
  74. 長寿
  75. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  76. 紅茶
  77. クリスマスケーキ
  78. お供え物
  79. 訃報
  80. 入社祝い
  81. カーネーション
  82. クッキー詰め合わせ
  83. ケーキ
  84. アイスクリーム
  85. ガトーエクセラン
  86. 結婚
  87. イースター
  88. 金婚式
  89. 子どもの日
  90. 水引
  91. 喜寿
  92. 楽しい
  93. スイーツ
  94. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  95. バレンタイン
  96. 贈りもの
  97. 卒園祝い
  98. 期間限定商品
  99. 由来
  100. お正月
  101. 夏休み
  102. 寒中見舞い
  103. 就職祝い
  104. 職場
  105. 餞別
  106. 昇進祝い
  107. 法事
  108. プレゼント
  109. シガール
  110. お中元
  111. プレゼント.贈りもの
  112. 香典返し
  113. GW
  114. クッキー
  115. ビジネス
  116. 成人祝い
  117. お返し
  118. クリスマス
  119. 異動
  120. 端午の節句
  121. 入園祝い
  122. マナー
  123. 引越し
  124. 雨の日
  125. ギフト
  126. 卒業
  127. バレンタインデー
  128. お花見
  129. 引き出物
  130. 残暑見舞い
  131. お彼岸
  132. 喪中
  133. おうち時間
  134. お年賀
  135. お盆
  136. ご褒美
  137. 七夕
  138. アイスティー
  139. 季節のご挨拶
  140. 傘寿
  141. お歳暮
  142. おもてなし
  143. 白寿
  144. 帰省
  145. 内祝い
  146. お礼
  147. 詰め合わせ
  148. ラングドシャー
  149. 父の日
  150. 退職祝い
  151. 梅雨
  152. フルーツジュレ
  153. 退職
  154. 子ども
  155. お祝い
  156. お礼状
  157. 家庭訪問
  158. 誕生日