公開日:2020/11/27

大人なら知っておきたい!寒中見舞いのマナーあれこれ

寒中見舞いは、はがきや手紙で出す場合と、品物を贈る場合があります。そこで今回は、大人ならぜひ知っておきたい寒中見舞いの基本的なマナーをご紹介します。

 

 

寒中見舞いとは?


寒中見舞いの「寒中」とは、二十四気の小寒から立春までの間のことです。二十四気とは1年を24の節目で区分する暦の区分法です。その中で、一年の最後に来る節目が「小寒」と「大寒」です。「小寒」は冬の寒さが厳しくなり始める頃で、「大寒」は冬の寒さがもっとも厳しい頃です。この「大寒」の後に来る節目が、春の始まりを告げる「立春」です。つまり、「寒中」とは「小寒」から「立春」の直前までを指します。ちなみに、2021年の「小寒」は1月5日(火)、「立春」は2月3日(水)です。従って、「寒中」は1月5日から2月2日までの期間となります。
寒中見舞いとは、日本で古くから伝わる慣習の一つで、小寒から立春までの間に行う季節の便りのことです。一年の中で、もっとも寒さが厳しいとされる1月から2月初旬に、相手の健康を願いながら手紙や品物を贈ります。寒中見舞いは、喪中で年賀状が出せなかったときの代用や、相手が喪中ということを知らずに年賀状を出してしまったときのお詫び状としても活用できます。

 

<老若男女問わず喜ばれる  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

寒中見舞いをはがきや手紙で出す場合のマナーって?


いつ出すの?

寒中見舞いは、「松の内」を過ぎてから立春までの間に送るのが一般的なマナーとされています。「松の内」とは、正月飾りである門松を飾っている期間のことです。寒中見舞いを送る期間は地域によって異なります。関東では1月8 日〜2月4日の期間に、それ以外の地域では1月15日〜2月4日までの期間に送るのが本来のマナーです。最近は、年賀状を出しそびれてしまった場合や返事ができなかった場合に寒中見舞いを送る方が多いようですが、年賀状の代わりになるからといって、新年を迎えてすぐに出すのはマナー違反になります。
もし、期間内に寒中見舞いを出しそびれてしまった場合は、寒中見舞いではなく「余寒見舞い」として送ります。

どうやって書くの?

寒中見舞いをはがきや手紙で出す場合は、「寒中お見舞い申し上げます」という定型文から書きはじめます。そして、相手の近況をうかがう言葉やこちらの近況をつづり、最後は「本年もどうぞよろしくお願いいたします」といったあいさつで締めくくるのが一般的です。「皆様もお身体にどうかご自愛くださいませ」といった相手を気遣うフレーズと組み合わせるのもおすすめです。年賀状の代わりとして寒中見舞いを出す場合は、「ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません」もしくは「服喪中のため新年のご挨拶を控えさせていただきました」などのお詫びの言葉をかならず添えましょう。はがきや手紙は、季節を感じさせるデザインやポストカード、便箋を使用するのがおすすめです。余った年賀はがきを使いまわすのはマナー違反にあたるので避けましょう。

 

<日持ちがするのでギフトにも安心 クッキー詰め合わせはこちら

 

寒中見舞いに品物を贈る場合のマナーって?


お歳暮の代わりにもなる

お歳暮は本来、12月20日頃までに贈るのがマナーとされていますが、慌ただしくしているうちにお歳暮を贈りそびれてしまったということもあるでしょう。そのような時は、寒中見舞いをお歳暮の代わりにすることもできます。その場合も、はがきや手紙と同じように、松の内が過ぎてから立春までの間に贈るようにしてください。のし紙は「紅白蝶結び」のものを使い、表書きには「寒中御見舞」と書きましょう。贈り先が目上の方の場合は「寒中お伺い」とするのがマナーです。自身もしくは相手が喪中の場合は、「無地の奉書紙もしくは白の短冊」を使用し、表書きには「寒中御見舞」と記してください。

どんなものを贈ればいいの?

寒中見舞いをお歳暮代わりに贈る場合は、品物を選ぶ必要があります。お酒やジュースなどの飲料品、クッキーやアイスクリームなどのスイーツなど、お歳暮として選ばれているものと同じものが人気です。相手の年齢や家族構成を考えて選ぶのもポイントです。例えば、小さな子どもがいる家庭であれば、家族みんなで楽しめるお菓子の詰め合わせを。ご高齢の夫婦ならば、食べきりサイズの和菓子などを選ぶと喜ばれます。何を贈れば良いのか迷った場合は、どこの家庭でも使う洗剤やタオルなどを選ぶと良いでしょう。

 

<のし・手提げ袋無料  ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したマナーをしっかり押さえて、適切な時期に、適切な方法で、寒中見舞いを送ってください。寒中見舞いは寒い時期のごあいさつですが、気持ちが伝わることで、こころがあったかくなりますよ。

 

【関連コラム】

相手に喜んでもらえるお歳暮の選び方

いつ渡すの?持参方法は?お歳暮を手渡しする際のマナー

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

お歳暮は喪中に出しても大丈夫? マナーと注意点

  1. ゴールデンウィーク
  2. 詰め合わせ
  3. スイーツ
  4. プロポーズ
  5. お花見
  6. 卒寿
  7. 銀婚式
  8. 入園祝い
  9. お正月
  10. 出産祝い
  11. 寒中見舞い
  12. 餞別
  13. ラングドシャー
  14. 由来
  15. 南青山ロール
  16. お香典返し
  17. クリスマス
  18. マナー
  19. 節分
  20. 梅雨
  21. お土産
  22. 楽しい
  23. 成人内祝い
  24. 転職
  25. 結婚
  26. 年末年始
  27. シガール
  28. 子ども
  29. フルーツジュレ
  30. 異動
  31. 栄転祝い
  32. お礼状
  33. 金婚式
  34. 引き出物
  35. クリスマスケーキ
  36. 洋菓子
  37. 新築内祝い
  38. おもてなし
  39. 入社祝い
  40. お返し
  41. 卒園祝い
  42. アイスティー
  43. 父の日
  44. 贈り物
  45. バレンタイン
  46. 退職祝い
  47. 成人式
  48. クッキーラングドシャ―
  49. お菓子
  50. 手土産
  51. 残暑見舞い
  52. 快気祝い
  53. プレゼント
  54. 年始
  55. 昇進祝い
  56. おうち時間
  57. ケーキ
  58. 誕生日
  59. 風呂敷
  60. ジューンブライド
  61. 法事
  62. 年末
  63. クッキー
  64. 卒業祝い
  65. 配送
  66. 退職
  67. ギフト
  68. お歳暮
  69. 緑寿
  70. 紅茶
  71. 葬式
  72. ウエディング
  73. 敬老の日
  74. ハロウィン
  75. 子供
  76. お祝い
  77. 冠婚葬祭
  78. ティータイム
  79. 喪中
  80. 喜寿
  81. お盆
  82. 七夕
  83. 還暦
  84. 帰省
  85. 洋菓子詰め合わせ
  86. 結婚記念日
  87. 夏休み
  88. 義母
  89. ビジネス
  90. 節句
  91. お中元.マナー
  92. 結婚式
  93. 暑中見舞い
  94. 引越し内祝い
  95. 長寿
  96. 開業祝い
  97. 卒業
  98. プチギフト
  99. 謝罪
  100. 発表会
  101. 就職祝い
  102. お年賀
  103. プレゼント.贈りもの
  104. 初節句
  105. 米寿
  106. 期間限定商品
  107. 訃報
  108. ホワイトデー
  109. のし
  110. 母の日
  111. ご挨拶
  112. 引越し
  113. 取引先
  114. 傘寿
  115. お供え物
  116. お泊り会
  117. ダイヤモンド婚式
  118. チョコレート
  119. バレンタインデー
  120. 雨の日
  121. クッキー詰め合わせ
  122. 香典返し
  123. 季節のご挨拶
  124. アイスクリーム
  125. クッキー詰めわせ
  126. 職場
  127. イースター
  128. お中元
  129. 初詣
  130. チョコ
  131. 入学祝い
  132. 水引
  133. 家庭訪問
  134. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  135. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  136. 白寿
  137. 義父
  138. お彼岸
  139. お見舞い
  140. 結納
  141. カーネーション
  142. 成人祝い
  143. 新築祝い
  144. お餞別
  145. GW
  146. お礼
  147. 引越し祝い
  148. 贈りもの
  149. ガトーエクセラン
  150. 歴史
  151. 結婚祝い
  152. 子どもの日
  153. 七五三
  154. クッキーラングドシャー
  155. 出産内祝い
  156. 内祝い
  157. 端午の節句
  158. ご褒美