公開日:2020/11/20

宅配にもルールがある?取引先にお歳暮を贈る時の注意点

歳の暮れになると、お世話になっている方や仕事上の取引先にお歳暮を贈る方も多いのではないでしょうか。直接手渡しする以外にも宅配便という方法がありますが、その場合にも贈る際のマナーがあります。

今回は宅配便を利用したお歳暮を贈る際のマナーについてご紹介します。

 

 

挨拶状を忘れずに


本来ならば持参して手渡しするのが一番良いですが、宅配便で贈ることもあるでしょう。その際には、挨拶状を同封することがマナーです。百貨店やネットショップなどに配送を依頼し、同封できない場合は、品物より先に挨拶状が届くようにしましょう。挨拶状には、日頃お世話になっていることへのお礼や感謝の気持ち、お歳暮を贈ったということをはっきり書くようにしてください。

 

「御歳暮」の熨斗紙は内のしで


お歳暮は、品物に「御歳暮」の熨斗紙をつけて贈ります。宅配便で贈る場合は、品物に直接熨斗紙をつけ、その上から包装紙で包む「内のし」がおすすめです。この方法であれば、配送時に熨斗紙が破れたり、外れてしまったりするトラブルを避けることができます。

 

また、最近、百貨店では包装紙で包まない簡易包装が流行っています。きちんとお願いしないと簡易包装で配送されてしまうこともあります。百貨店に依頼する際には、包装の形態や熨斗紙の種類についてきちんと確認しましょう。

 

<のし・手提げ袋無料  ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

相手に気を遣わせないことが大切


気になるお歳暮の予算ですが、平均的な相場は3,000円~5,000円程度です。あまりにも高価なものを贈りすぎると相手に気を遣わせてしまいます。比較的賞味期限が長めのクッキーなどの焼き菓子やビール、フルーツジュースがおすすめで、先方が皆で分けやすいように、個別包装のものを贈ると喜ばれることでしょう。

 

<デスクワークの合間に食べやすい   個包装がうれしいクッキー詰め合わせはこちら

 

肩書きや部署名を明記する


相手先が大企業の場合、お歳暮の時期には大量の贈り物が届きます。この時、部署名だけではなかなか目的の担当者まで届きません。担当者の肩書きや部署名を必ず明記しましょう。お世話になっている担当者が1人ではない場合は「○○部○○課担当者様」など、出来る限り詳しい所属を書いておくと届きやすいです。

 

年末の営業日までに届けましょう


お歳暮とは1年間の感謝を込めて贈るものです。お歳暮を贈る時期は関東と関西で異なります。関東では12月初旬~12月31日、関西では12月13日~12月31日に贈るのが一般的です。ただし贈り先が会社の場合、年末年始のお休み前に届ける必要があるので、遅くても25日までに贈るようにしましょう。また、忙しくなる年末ではなく、なるべく早めに贈ることを心がけましょう。せっかく一年の感謝を伝えるために贈るので、かえって相手に迷惑がかからないよう、相手の事情を考慮する必要があります。

 

<老若男女問わず愛される ヨックモックの代表作「シガール」はこちら

 

 

【関連コラム】

相手に喜んでもらえるお歳暮の選び方

いつ渡すの?持参方法は?お歳暮を手渡しする際のマナー

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

お歳暮は喪中に出しても大丈夫? マナーと注意点

  1. 初節句
  2. ラングドシャー
  3. 結婚記念日
  4. バレンタイン
  5. シガール
  6. 喪中
  7. 義父
  8. お歳暮
  9. 昇進祝い
  10. ご挨拶
  11. プチギフト
  12. お盆
  13. 洋菓子
  14. プレゼント.贈りもの
  15. 帰省
  16. 新築祝い
  17. 節句
  18. 歴史
  19. 入園祝い
  20. アイスティー
  21. 暑中見舞い
  22. 七五三
  23. 風呂敷
  24. ティータイム
  25. 期間限定商品
  26. 詰め合わせ
  27. 母の日
  28. 取引先
  29. ゴールデンウィーク
  30. 入学祝い
  31. 卒寿
  32. 引越し内祝い
  33. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  34. 年末年始
  35. お餞別
  36. プレゼント
  37. お泊り会
  38. 残暑見舞い
  39. 季節のご挨拶
  40. 成人式
  41. 快気祝い
  42. 寒中見舞い
  43. 冠婚葬祭
  44. お礼
  45. 喜寿
  46. イースター
  47. 誕生日
  48. お菓子
  49. 米寿
  50. 成人祝い
  51. 職場
  52. 銀婚式
  53. 端午の節句
  54. 結納
  55. 家庭訪問
  56. 傘寿
  57. お正月
  58. 新築内祝い
  59. おうち時間
  60. マナー
  61. 初詣
  62. プロポーズ
  63. おもてなし
  64. クッキーラングドシャー
  65. 引越し祝い
  66. カーネーション
  67. チョコレート
  68. お香典返し
  69. ギフト
  70. お花見
  71. クリスマスケーキ
  72. 卒業
  73. クリスマス
  74. お祝い
  75. 餞別
  76. 楽しい
  77. 転職
  78. 義母
  79. お見舞い
  80. ご褒美
  81. 洋菓子詰め合わせ
  82. ホワイトデー
  83. 結婚祝い
  84. 由来
  85. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  86. 引き出物
  87. 出産内祝い
  88. お供え物
  89. 夏休み
  90. 退職
  91. ウエディング
  92. 謝罪
  93. 訃報
  94. 発表会
  95. ケーキ
  96. 結婚
  97. 水引
  98. チョコ
  99. 葬式
  100. 手土産
  101. クッキー詰めわせ
  102. 入社祝い
  103. 卒業祝い
  104. GW
  105. お土産
  106. 就職祝い
  107. 香典返し
  108. お年賀
  109. 南青山ロール
  110. 敬老の日
  111. 贈りもの
  112. クッキーラングドシャ―
  113. ガトーエクセラン
  114. 異動
  115. 年末
  116. 雨の日
  117. 卒園祝い
  118. 退職祝い
  119. 長寿
  120. 法事
  121. 結婚式
  122. 子どもの日
  123. 栄転祝い
  124. バレンタインデー
  125. のし
  126. 引越し
  127. アイスクリーム
  128. 成人内祝い
  129. 子供
  130. ジューンブライド
  131. クッキー
  132. 梅雨
  133. 紅茶
  134. 出産祝い
  135. ハロウィン
  136. お中元
  137. クッキー詰め合わせ
  138. 節分
  139. 還暦
  140. 緑寿
  141. 配送
  142. スイーツ
  143. 開業祝い
  144. ビジネス
  145. お彼岸
  146. 内祝い
  147. 父の日
  148. 年始