公開日:2020/11/20

絶対に押さえておきたい!喪中の際のお歳暮のマナー

今年も、まもなくお歳暮シーズンの到来です。「そろそろお歳暮の準備を始めようかな」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで気になるのが、自分や相手が喪中の場合です。年賀状は喪中の時に出してはいけないとされていますが、お歳暮も同じように贈ってはいけないものなのでしょうか。そこで今回は、ぜひ知っておきたい喪中の基礎知識や、喪中の際のお歳暮のマナーについてご紹介します。

 

<こころからの感謝の気持ちをかたちに ヨックモックのお香典返しはこちら

 

「喪中」と「忌中」の違いとは?


「喪中」とともに「忌中」という言葉もよく耳にしますが、そもそもどのような違いがあるのでしょうか。「喪中」と「忌中」の違いは、期間にあります。忌日(故人が亡くなった日)から四十九日の法要までの期間を「忌中」といい(神式の場合は忌日から五十日祭までの期間)、忌日から1年のことを「喪中」と呼んでいます。つまり「忌中」は「喪中」の一部を指す言葉で、故人への祈りに専念する大切な期間と言えます。親兄弟や祖父母といった近親者が亡くなると「喪に服す」といいますが、これは本来、故人の死を悼むために一定期間娯楽や酒肉を絶って慎ましく生活を送らなくてはなりませんでした。ライフスタイルが多様化した現代では、そこまで厳格ではありませんが、それでも喪中や忌中の間はできるだけ祝事を避ける傾向にあります。

 

<まごころ伝わる洋菓子ギフト  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

喪中の期間はいつまで?


喪中の期間は、明治時代においては法令によって明確に定められていました。父母・夫は13ヶ月、養父母・義父母・祖父母(父方)・夫の父母は150日、妻・子供・兄弟姉妹・祖父母(母方)・伯叔父母・曽祖父母の場合は90日、養子は30日などとされていました。しかし実際は、宗教や考え方の違いで喪中の期間が変わるため、現代ではこれといった定義はありません。喪中の一般的な期間の目安は、父・母や配偶者の場合は12〜13ヶ月間、子供の場合は3〜12ヶ月間、兄弟・姉妹・祖父母は3〜6ヶ月間、同居している家族の場合は新等に関係なく1年前後です。

 

喪中でもお歳暮は贈ってもOK?NG?


喪中はお祝い事を避けたほうがいいとされている期間なので、お歳暮も贈ってはいけないのでしょうか。正解は、OKです。お歳暮は「お祝い事」ではなく、感謝やお礼の意味を込めて贈るものなので、たとえ喪中であっても贈っていいものとされています。先方が喪中の場合でも同様に、お歳暮を贈っても問題ありません。ただし、忌中の場合は、お歳暮を贈るのは控えましょう。仏式では四十九日、神式では五十日を過ぎてから贈るのが無難です。

 

自分が喪中の場合の贈りかた


自分が喪中でもお歳暮を贈ることに問題はありませんが、「のし紙」に注意してください。お歳暮に使うのし紙には、通常ののしと紅白の水引が印刷されていますが、どちらもお祝いの気持ちを表すものなので、喪中にはふさわしくありません。喪中の場合には、無地の奉書紙や白い短冊を使います。表書きは「お歳暮」とし、もしお歳暮期間を過ぎてしまうという場合には、「寒中お見舞い」とします。一方で、年内にお歳暮を贈ることが難しい場合に「お年賀」として相手方に持参する方法がありますが、「お年賀」は新年を慶ぶという祝い事になるため、喪中の場合に使用することはできません。また、「寒中見舞い」は寒さが厳しい時期に相手を気遣う時候の挨拶になるので、お祝い事にはあたりません。寒中見舞いとして贈る場合は、松の内(元旦〜1月7日)が過ぎた1月8日〜立春(2月4日頃)の前日までに贈りましょう。

 

相手が喪中の場合の贈りかた


先にも述べたように、相手が喪中であってもお歳暮を贈ることはできます。その場合は、無地の奉書紙や白い短冊ののし紙を使用し、シンプルな包装紙に包んで贈りましょう。表書きは「御歳暮」としてください。店頭やネットショップで包装を依頼する場合は、喪中の相手に贈るという旨をきちんと伝えましょう。お店側で適切に対処してくれるはずです。また、喪中の相手にお歳暮を贈る場合は、四十九日を過ぎてから贈るのがマナーです。四十九日の法要を終えるまでは、遺族はさまざまな対応に追われ、心身ともに落ち着かない時期です。忌明けを待つとお歳暮の時期を過ぎてしまうような場合は、松の内の期間を終えた後に、「寒中見舞い」もしくは「寒中伺い」として贈りましょう。

 

故人宅にお歳暮が届いた場合は?


喪中の期間であっても、他界したことを知らなかった方や、知ってはいたけれど毎年の習慣で贈ってしまったという方から、故人宅にお歳暮が届くこともあります。そのような場合は、お歳暮の品はありがたく頂戴し、お礼状を添えてお返しの品を贈ります。お礼状を書く際、亡くなったことを知らなかった方には、「○○は、去る○月○日、永眠いたしました。ご連絡が行き届かず、申し訳ありませんでした」などの挨拶を添えると、先方にも事情が伝わります。さらに「頂戴した品は仏前に供えさせていただきました」と書き添えて感謝の気持ちを伝えましょう。知っていて贈っていただいたという方には「生前と変わらぬご厚情に感謝申し上げます」と書き添えましょう。

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。ご紹介したように、相手や自分が喪中であっても、お歳暮は贈ってもよいとされていますが、最低限気をつけておくべきマナーは押さえておきましょう。相手に不幸があった場合は思いやる気持ちを忘れずに。自分が喪中の場合は、お歳暮を贈る相手に気を遣わせないようにすることが大切です。

 

【関連コラム】

相手に喜んでもらえるお歳暮の選び方

いつ渡すの?持参方法は?お歳暮を手渡しする際のマナー

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

真心を込めてお返しする 香典返しの基本的なマナー

 

  1. 風呂敷
  2. ジューンブライド
  3. 家庭訪問
  4. 職場復帰
  5. スイーツ
  6. 香典返し
  7. お礼
  8. クリスマスケーキ
  9. 父の日
  10. 残暑見舞い
  11. 厄払い
  12. 卒寿
  13. 焼き菓子
  14. 葬式
  15. 職場
  16. 母の日
  17. 異動
  18. 新築内祝い
  19. 緑寿
  20. フルーツジュレ
  21. 転職
  22. 結婚
  23. クッキーラングドシャー
  24. 引越し内祝い
  25. 結納
  26. 喪中
  27. お花見
  28. 開業祝い
  29. 景品
  30. 贈り物
  31. 冠婚葬祭
  32. 成人祝い
  33. ギフト
  34. 産休
  35. 紅茶
  36. 期間限定商品
  37. 白寿
  38. 出産祝い
  39. バレンタインデー
  40. 法事
  41. 新年会
  42. お泊り会
  43. チョコレート
  44. 由来
  45. 菓子折り
  46. 初詣
  47. 孫の日
  48. ダイヤモンド婚式
  49. アイスティー
  50. 手土産
  51. 新盆
  52. 長寿
  53. 結婚祝い
  54. 七夕
  55. お見舞い
  56. 子どもの日
  57. オンライン
  58. お菓子
  59. 金婚式
  60. お食い初め
  61. 焼き菓子詰め合わせ
  62. 結婚記念日
  63. お彼岸
  64. ビジネス
  65. 就職祝い
  66. 社内表彰
  67. クリスマス
  68. 子供
  69. イベント
  70. 端午の節句
  71. お祝い
  72. 卒業
  73. 栄転祝い
  74. 快気祝い
  75. 梅雨
  76. お中元.マナー
  77. 快気内祝い
  78. ハロウィン
  79. プレゼント.贈りもの
  80. 詰め合わせ
  81. お歳暮
  82. 昇進祝い
  83. ホワイトデー
  84. ふくさ
  85. 年始
  86. お盆
  87. 餞別
  88. 銀婚式
  89. 誕生日
  90. お礼状
  91. 旧盆
  92. 発表会
  93. お香典返し
  94. 卒園祝い
  95. 退職
  96. 出産内祝い
  97. プレゼント
  98. 夏休み
  99. 七五三
  100. 贈りもの
  101. 男性
  102. 結婚式
  103. 引越し祝い
  104. プロポーズ
  105. 南青山ロール
  106. カーネーション
  107. おすすめ
  108. 水引
  109. お中元
  110. プチギフト
  111. 節分
  112. 義父
  113. 親睦会
  114. ご褒美
  115. 年末
  116. 取引先
  117. クッキー詰め合わせ
  118. アイスクリーム
  119. のし
  120. おもてなし
  121. 引越し
  122. ゴールデンウィーク
  123. 厄年
  124. 洋菓子
  125. 定年退職祝い
  126. スポーツ
  127. ウエディング
  128. 成人内祝い
  129. クッキー詰めわせ
  130. お供え物
  131. 楽しい
  132. 季節のご挨拶
  133. 米寿
  134. 引き出物
  135. 還暦
  136. クッキー
  137. イースター
  138. 成人式
  139. クッキーラングドシャ―
  140. お年賀
  141. お返し
  142. 社内イベント
  143. 初節句
  144. お餞別
  145. GW
  146. 傘寿
  147. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  148. ラングドシャー
  149. シガール
  150. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  151. 新築祝い
  152. お正月
  153. 入社祝い
  154. 入園祝い
  155. 訃報
  156. 節句
  157. マナー
  158. 退職祝い
  159. 移転祝い
  160. 卒業祝い
  161. 喜寿
  162. おうち時間
  163. 災害見舞い
  164. 年末年始
  165. 敬老の日
  166. 入学祝い
  167. 謝罪
  168. 帰省
  169. 洋菓子詰め合わせ
  170. チョコ
  171. バレンタイン
  172. 忘年会
  173. 雨の日
  174. お土産
  175. 配送
  176. ケーキ
  177. ティータイム
  178. ガトーエクセラン
  179. 手渡し
  180. 歴史
  181. 子ども
  182. お宮参り
  183. ご挨拶
  184. 暑中見舞い
  185. 内祝い
  186. 寒中見舞い
  187. 周年記念
  188. 義母