公開日:2020/11/13

焦らなくてもOK!お歳暮を期間内に贈りそびれてしまった時の対処法

お歳暮は、今年一年お世話になった方々に対して、感謝の気持ちを込めて贈るものです。本来であれば、適切な期間内に贈るべきものではありますが、12月は何かと慌ただしい時期です。お歳暮を贈る予定を立てていても、ついうっかりして贈りそびれてしまうこともあるかもしれません。そのような時はどうすれば良いのでしょうか。そこで今回は、お歳暮を期間内に贈りそびれてしまった場合の対処法をご紹介します。

 

もし、お歳暮を贈り損ねたことに気がついたら…


まずは、手元のお歳暮がいつ相手に受け取ってもらえるのかを確認しましょう。

 

◎年内に受け取りができる場合
12月31日までに確実に届くように発送できる場合は、そのまま「お歳暮」として贈っても問題ありません。その場合は、年末の忙しい時期に贈ることのお詫びと、おせわになった挨拶を同封して贈るとより丁寧になります。

◎年内に間に合わない場合
今年中に届かない場合は、時期を遅らせて贈ります。お歳暮は日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、年が明けてから贈っても問題はありません。ただし、本来の時期よりもずれて贈ることになるので、通常の「お歳暮」ではない贈り方になります。のしの表書きを「お年賀」もしくは「寒中見舞い」と変えて贈りましょう。

 

受け取ってもらえる時期を確認したら、「お年賀」あるいは「寒中見舞い」のどちらかで贈ります。
それぞれの期間と贈り方は以下の通りです。

 

<老若男女問わず喜ばれる  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

お年賀として贈る


お歳暮の受け取りが年内に間に合わない場合は「お年賀」として贈ります。のし紙の表書きを「お年賀」に変えて「松の内」の期間に贈るようにしましょう。松の内とは、お正月の門松を飾っておく期間のことをいい、地域によって異なります。関東の場合は、1月1日〜1月7日。それ以外の地域(北海道・東北・東海・関西・中国・四国・九州)は1月1日~1月15日とされています。

お年賀を贈る場合は、「松の内」の期間内に直接相手のお宅に出向き、品物を手渡しするのが一般的なマナーです。お歳暮のように宅配便などで配送することは避けましょう。年配の方や目上の方の中には慣習や儀礼に関心が高い方が多くいらっしゃいます。訪問する際は、あらかじめ相手に連絡をとって訪問日時を決めておきましょう。その際に、お歳暮が遅れてしまうことのお詫びも添えておきましょう。

 

<日持ちがするので贈り物にも安心 クッキー詰め合わせはこちら

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

寒中見舞いとして贈る


寒中見舞いとは、1年の中でも寒さが厳しい時期に、相手を気遣う気持ちを込めて贈る贈りもののを指しています。お歳暮の受け取りが松の内を過ぎてしまう場合は、のしの表書きを「寒中見舞い」と書き直して贈りましょう(目上の方に贈る場合は「寒中御伺い」)。贈る時期は、松の内が終わる頃から立春までの間です。関東の場合は、1月8日〜2月3日(立春の前日)。それ以外の地域(北海道・東北・東海・関西・中国・四国・九州)は1月16日〜2月3日(立春の前日)とされています。喪中や忌中などで、お年賀が持参できなかった場合も「寒中見舞い」として贈りましょう。もし立春を過ぎてしまった場合でも、「余寒見舞い」として贈ることができますが、先延ばしにならないよう早めに手配しておくことが大切です。

寒中見舞いを贈る場合は、品物を選ぶ必要があります。お酒やジュースなどの飲料類、ハムやかまぼこなどの加工食品、クッキーの詰め合わせやアイスクリームなどのスイーツなど、お歳暮として選ばれているものと同様のものが人気です。特に、家族みんなで楽しめる食品やお菓子などは喜ばれるようです。

 

<サクッとした生地に濃厚なチョコレートをサンド 「クッキーラングドシャー」はこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。お歳暮を贈りそびれてしまっても、時期や贈り方に注意すれば、きちんと贈ることができるので焦ることはありません。もっとも避けたいのは、お歳暮を贈りそびれた結果、何も贈らないということです。

お歳暮は大人としてのマナーでもあります。1年間の感謝の気持ちを伝えるものなのできちんと贈りましょう。

 

【関連コラム】

お歳暮とお中元の違いとは

いつ渡すの?持参方法は?お歳暮を手渡しする際のマナー

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

お歳暮は喪中に出しても大丈夫? マナーと注意点

  1. 葬式
  2. お供え物
  3. 父の日
  4. 喜寿
  5. 卒業
  6. チョコレート
  7. ギフト
  8. お祝い
  9. クッキー
  10. 成人式
  11. お正月
  12. プチギフト
  13. 法事
  14. 成人内祝い
  15. 夏休み
  16. ガトーエクセラン
  17. ハロウィン
  18. 洋菓子詰め合わせ
  19. 出産祝い
  20. マナー
  21. 詰め合わせ
  22. クリスマス
  23. 南青山ロール
  24. 洋菓子
  25. クッキー詰めわせ
  26. 引越し祝い
  27. 年末
  28. ビジネス
  29. 梅雨
  30. 快気祝い
  31. 職場
  32. アイスクリーム
  33. 結婚式
  34. 引き出物
  35. 訃報
  36. 喪中
  37. チョコ
  38. お泊り会
  39. ご挨拶
  40. 誕生日
  41. 結婚
  42. 発表会
  43. 内祝い
  44. 初詣
  45. 子供
  46. スイーツ
  47. 帰省
  48. 年末年始
  49. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  50. 節分
  51. 成人祝い
  52. お菓子
  53. 取引先
  54. お礼
  55. クッキーラングドシャー
  56. 新築祝い
  57. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  58. おもてなし
  59. 暑中見舞い
  60. お盆
  61. バレンタイン
  62. 謝罪
  63. 退職
  64. 寒中見舞い
  65. 水引
  66. ウエディング
  67. クッキーラングドシャ―
  68. ケーキ
  69. バレンタインデー
  70. 雨の日
  71. ラングドシャー
  72. 期間限定商品
  73. お歳暮
  74. 出産内祝い
  75. 敬老の日
  76. 開業祝い
  77. プロポーズ
  78. シガール
  79. 七五三
  80. 引越し
  81. 贈りもの
  82. お香典返し
  83. プレゼント
  84. クッキー詰め合わせ
  85. 香典返し
  86. 母の日
  87. 残暑見舞い
  88. 手土産
  89. 結婚記念日
  90. お年賀
  91. 還暦
  92. ご褒美
  93. お見舞い
  94. お彼岸
  95. クリスマスケーキ
  96. お土産
  97. 結婚祝い
  98. 退職祝い
  99. 年始
  100. 季節のご挨拶
  101. お中元
  102. おうち時間
  103. 風呂敷
  104. 冠婚葬祭
  105. 米寿