公開日:2020/11/04

お歳暮は喪中に出しても大丈夫? マナーと注意点

一年の終わりに、お世話になった方々に一年の感謝を伝えるお歳暮。
相手や自分が喪中の場合、どんなマナーに気をつければ良いのでしょうか。
今回は、お歳暮を贈る立場の注意点や正しいマナーをご紹介します。

 

 

<こころからの感謝の気持ちをかたちに ヨックモックのお香典返しはこちら

 

お歳暮とは


お歳暮は元来、新年に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を、年の暮れ(12月13日~20日ころ)に嫁ぎ先の者が本家や親元に持って行くという行事でした。
そのためお祝いという意味合いはなく、一年の感謝の気持ちを先祖に贈るものとして広まったのが始まりです。
近年では親族、親戚に限らず、お世話になった方々に贈るものになりました。
またクリスマスの賑わいや年末年始の行事などがあることから、特に関東では、11月末ごろから贈る方も増えています。

 

贈る相手が喪中の場合


贈る相手が喪中の場合でもお歳暮を贈ることはできます。
ただし、ご不幸があってから四十九日を迎えていない場合はお歳暮を贈るのは控えるのがマナーです。
四十九日を過ぎている場合も熨斗(のし)に注意して贈ります。
無地の奉書紙か無地の短冊に「御歳暮」と書いて贈りましょう。
お手紙を添える場合はおめでたい言葉は書いてはいけません。
さらに間違っても亡くなった方の名前宛てに贈らないよう注意しましょう。

 

<老若男女問わず愛される ヨックモックの代表作「シガール」はこちら

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

自分が喪中の場合


自分が喪中の場合は、必ずしもお歳暮を贈ってはならないということはありません。
しかし、四十九日や五十日祭を迎えていない間は控えるべきと考える人もいるため、その時期を避けて贈ったほうが良いでしょう。
また、お歳暮の時期に間に合わなくても、松の内(1月1日~1月7日。ただし関西は1月1日~1月15日。)が明けた後、「寒中御見舞」を贈るという選択肢もあるので慌てる必要はありません。
その際も相手が喪中の場合と同じく、手紙はおめでたい言葉を控え、熨斗は無地の奉書紙か無地の短冊にし、「寒中御見舞」と書いて贈りましょう。
寒中見舞いは2月3日までに贈るようにしましょう。

 

お歳暮は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではないのでお返しの必要はありません。
ただし、お歳暮をいただいた場合は、お礼状を出すことをおすすめします。
さらに、お互いにお歳暮を贈り合う習慣になれば、自然とお互いの絆も深まり親しい間柄になることでしょう。
親しい間だからこそ不快な気持ちにさせないよう相手への気遣いが必要です。
マナーに注意し、喜ばれるお歳暮を贈りましょう。

 

【関連コラム】

相手に喜んでもらえるお歳暮の選び方

いつ渡すの?持参方法は?お歳暮を手渡しする際のマナー

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

真心を込めてお返しする 香典返しの基本的なマナー

  1. 内祝い
  2. ラングドシャー
  3. 香典返し
  4. 義母
  5. 結婚
  6. 取引先
  7. 梅雨
  8. 引越し祝い
  9. 厄年
  10. 誕生日
  11. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  12. プレゼント.贈りもの
  13. 結婚祝い
  14. 菓子折り
  15. お盆
  16. 帰省
  17. お宮参り
  18. アイスティー
  19. クリスマス
  20. 発表会
  21. クッキーラングドシャー
  22. 由来
  23. 父の日
  24. 退職祝い
  25. 出産祝い
  26. 初節句
  27. お香典返し
  28. 卒業祝い
  29. 手渡し
  30. プチギフト
  31. お祝い
  32. 年始
  33. 異動
  34. お正月
  35. お彼岸
  36. 喪中
  37. 白寿
  38. 入園祝い
  39. 季節のご挨拶
  40. 水引
  41. お泊り会
  42. ウエディング
  43. プロポーズ
  44. 配送
  45. 新築祝い
  46. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  47. ギフト
  48. 職場
  49. 節分
  50. 葬式
  51. お礼状
  52. ジューンブライド
  53. のし
  54. お返し
  55. 端午の節句
  56. チョコ
  57. 就職祝い
  58. 厄払い
  59. バレンタインデー
  60. クリスマスケーキ
  61. 年末年始
  62. 成人祝い
  63. お菓子
  64. GW
  65. 焼き菓子
  66. お見舞い
  67. お土産
  68. 敬老の日
  69. クッキー詰め合わせ
  70. 還暦
  71. 新築内祝い
  72. 義父
  73. 冠婚葬祭
  74. 結納
  75. お供え物
  76. 快気祝い
  77. 引越し内祝い
  78. 風呂敷
  79. 南青山ロール
  80. ホワイトデー
  81. 期間限定商品
  82. カーネーション
  83. 楽しい
  84. 入社祝い
  85. 子ども
  86. 手土産
  87. ゴールデンウィーク
  88. 餞別
  89. お年賀
  90. ご褒美
  91. プレゼント
  92. 紅茶
  93. 出産内祝い
  94. 結婚式
  95. 法事
  96. 長寿
  97. お餞別
  98. 洋菓子詰め合わせ
  99. 引越し
  100. イースター
  101. 旧盆
  102. バレンタイン
  103. 年末
  104. 災害見舞い
  105. 金婚式
  106. 贈り物
  107. ケーキ
  108. 詰め合わせ
  109. 贈りもの
  110. お中元.マナー
  111. シガール
  112. 七夕
  113. ティータイム
  114. お礼
  115. 産休
  116. 入学祝い
  117. 成人式
  118. 訃報
  119. 職場復帰
  120. 退職
  121. 開業祝い
  122. 緑寿
  123. ビジネス
  124. 残暑見舞い
  125. 雨の日
  126. 暑中見舞い
  127. 結婚記念日
  128. 傘寿
  129. 謝罪
  130. おうち時間
  131. 歴史
  132. 新盆
  133. 卒寿
  134. 洋菓子
  135. 銀婚式
  136. 栄転祝い
  137. 子供
  138. ダイヤモンド婚式
  139. お歳暮
  140. チョコレート
  141. お花見
  142. 快気内祝い
  143. クッキー
  144. ハロウィン
  145. おもてなし
  146. ご挨拶
  147. 寒中見舞い
  148. クッキー詰めわせ
  149. 転職
  150. 卒園祝い
  151. 母の日
  152. 昇進祝い
  153. 七五三
  154. お中元
  155. 夏休み
  156. 子どもの日
  157. スイーツ
  158. クッキーラングドシャ―
  159. 引き出物
  160. 初詣
  161. 成人内祝い
  162. フルーツジュレ
  163. 米寿
  164. 家庭訪問
  165. 喜寿
  166. アイスクリーム
  167. 卒業
  168. ガトーエクセラン
  169. 節句
  170. 焼き菓子詰め合わせ
  171. マナー