公開日:2020/10/02

贈る相手によって異なる?お歳暮の金額の相場

毎年12月に、今年1年の感謝の気持ちをこめて贈るギフトが「お歳暮」です。お世話になった上司や普段会う機会の少ない親戚など、贈り先はさまざまですが、お歳暮を贈る相手によって金額が異なるということをご存知ですか? そこで今回は、お歳暮にふさわしい金額の相場を、贈り先別にご紹介します。

 

上司・お得意様に贈る場合


会社の上司やお得意様にお歳暮を贈る場合は、5,000円程度が相場です。関係性の深さによって金額は変わりますが、特にお世話になっている上司だとしても、10,000円を超えるような高額な品物は避けましょう。お歳暮は感謝を伝えるための贈りものなので、相手に気を遣わせない品物を選ぶことが大切です。品物選びに迷った時は、職場の同僚や先輩に聞いてから相談してみましょう。

 

 

両親・義父母・親戚に贈る場合


両親や兄弟、義理の実家、親戚にお歳暮を贈る場合は、3,000円〜5,000円程度が一般的です。相手が遠方に住んでいる場合や普段なかなか会う機会がない場合は、少し高めの5,000円程度の品物を贈る方もいらっしゃるようです。両親や義理の両親とは、日頃から付き合いが深い関係であるため、金額よりも相手の好みにあった品物を贈りましょう。相手の家族構成がわかっている場合は、家族で楽しむことができるようなお菓子やジュースの詰め合わせなどを選ぶと喜ばれるでしょう。

<感謝の気持ちが伝わる ヨックモックの「シガール」はこちら

友人・知人・取引先に贈る場合


友人や知人に贈る場合は3,000円程度の品物を贈るのが一般的です。友人・知人は、家族関係や仕事関係の付き合いではないため、価格を低めに抑えても問題はありません。相手の好きなものを贈りましょう。取引先に贈る場合は5,000円程度が相場です。しかし中には、お歳暮を禁止している企業もあるので、前もって贈答が可能かどうかの確認をしておくとよいでしょう。

 

<日持ちがするので贈り物にも安心 クッキー詰め合わせはこちら

金額についてのマナー


お歳暮は毎年贈り続けるものなので、毎年同額程度の品物を贈るようにしましょう。年ごとに金額が変化するのは失礼にあたります。贈り先の人数や家族構成、関係性なども考慮しながら、お互いの負担にならない範囲で品物の金額を決めることが大切です。

<ヨックモックのギフトサービスはこちら

いかがだったでしょうか。今回ご紹介したように、贈る相手によってお歳暮の金額は大きく変わります。相手の失礼にならないような品物を選んで、今年1年お世話になった感謝の気持ちを贈りましょう。

 

【関連コラム】

お歳暮とお中元の違いとは

お中元の時期は全国で違うって本当?地域別・お中元を贈る時期

  1. 暑中見舞い
  2. 帰省
  3. シガール
  4. 新築祝い
  5. 詰め合わせ
  6. スイーツ
  7. 父の日
  8. クッキー詰め合わせ
  9. プレゼント
  10. プチギフト
  11. お彼岸
  12. 職場
  13. 洋菓子詰め合わせ
  14. ラングドシャー
  15. 結婚記念日
  16. 期間限定商品
  17. 退職祝い
  18. おうち時間
  19. 手土産
  20. 法事
  21. ハロウィン
  22. お祝い
  23. 雨の日
  24. 結婚式
  25. お盆
  26. 残暑見舞い
  27. お供え物
  28. 梅雨
  29. 出産内祝い
  30. 南青山ロール
  31. お歳暮
  32. 内祝い
  33. 七五三
  34. ご挨拶
  35. 夏休み
  36. 洋菓子
  37. クリスマス
  38. 退職
  39. ギフト
  40. 還暦
  41. 季節のご挨拶
  42. 香典返し
  43. クッキー
  44. クッキーラングドシャー
  45. お菓子
  46. マナー
  47. 喜寿
  48. 誕生日
  49. 出産祝い
  50. お中元
  51. お土産
  52. 敬老の日
  53. 引越し祝い
  54. アイスクリーム
  55. 快気祝い
  56. 贈りもの