公開日:2020/09/25

上司や先輩への誕生日プレゼントに絶対選んではいけないもの

日頃お世話になっている上司や先輩の誕生日には、こころのこもったプレゼントを贈りたいものです。しかし、贈るのを避けたほうがよい、とされているものがあることを、ご存知でしょうか? そこで今回は、目上の人への誕生日プレゼントに贈ってはいけないものをご紹介します。

 

1)万年筆、ボールペン


おしゃれで実用的なプレゼントとして万年筆やボールペンなどがありますが、上司や先輩など目上の方に贈るのは避けた方が良いでしょう。万年筆やボールペンには、「もっと精進してください」「もっと勉強するように」といった意味があるからです。贈る側にそのような意図がなくても、相手の受け取り方次第では失礼にあたることもあるので注意してください。「腕時計」も同様な理由から避けた方が賢明です。

 

2)靴下、スリッパ


靴下やスリッパといった足元に関係するアイテムには、「相手を踏みつける」という意味があるので、目上の方へのプレゼントには相応しくありません。「あなたを踏みつける、踏み台にする」という間違ったメッセージとして捉えられる可能性があるので注意してください。

 

3)ハンカチ


ハンカチも気軽に贈れるプレゼントとして人気ですが、日本語で「手巾(てぎれ)」と書くことから、「手が切れる」「縁が切れる」といった”縁切り“の意味を連想させてしまいます。しかし、ブランドもののハンカチや柄物のハンカチであれば問題はないとされています。贈る相手が比較的若い世代の人であれば気にしなくて良いこともあるので、お互いの関係性などを考慮して検討してください。

 

4)包丁


「料理が趣味の先輩に高級包丁をプレゼントしたい!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも昔から刃物を人に贈ること自体、縁起が悪いと言われています。「縁が切れる」「仲を裂く」といった言葉を連想させるので、よほど特別な理由がない限りは避けた方がいいでしょう。

 

5)贈ってはいけない花


きれいな花や花束も誕生日プレゼントの定番ですが、実は、贈り物に相応しくない花があります。例えば、「死」や「苦」を連想させるシクラメンやツバキ、葬儀を連想させる菊などがそれに当たります。また、どんな花であっても、ドライフラワーはプレゼントにはNGです。

 

<予算に合わせて選べる クッキー詰め合わせはこちら

 

<老若男女問わず選ばれる ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

誕生日にはプレゼントだけではなく、ぜひメッセージも添えて贈りましょう。「おめでとうございます」という一言だけではなく、相手への想いや日頃の感謝の気持ちなどを添えると、さらに喜ばれるでしょう。こころのこもったプレゼントとメッセージで大切な人の誕生日をお祝いしてください。

 

<ラッピング・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

【関連コラム】

どんなものを贈ればいいの?「新築祝い・引越し祝い」のマナー

ご存知ですか?退職祝いで渡してはいけないもの

退職時に贈るお礼のギフトは?

敬老の日ギフトに贈りたいもの・贈ってはいけないもの

  1. お中元
  2. ご褒美
  3. 内祝い
  4. ラングドシャー
  5. 季節のご挨拶
  6. おうち時間
  7. お彼岸
  8. 法事
  9. 香典返し
  10. 詰め合わせ
  11. お供え物
  12. ウエディング
  13. お菓子
  14. 新築祝い
  15. 雨の日
  16. お歳暮
  17. 残暑見舞い
  18. シガール
  19. 期間限定商品
  20. プロポーズ
  21. お祝い
  22. 暑中見舞い
  23. 結婚記念日
  24. 夏休み
  25. 帰省
  26. 退職祝い
  27. 喜寿
  28. プチギフト
  29. 南青山ロール
  30. プレゼント
  31. 結婚
  32. 退職
  33. 敬老の日
  34. 誕生日
  35. 職場
  36. 贈りもの
  37. ハロウィン
  38. 手土産
  39. 引越し祝い
  40. お土産
  41. クッキー
  42. お盆
  43. 結婚式
  44. 還暦
  45. ケーキ
  46. 父の日
  47. スイーツ
  48. 出産祝い
  49. 快気祝い
  50. アイスクリーム
  51. 七五三
  52. ギフト
  53. 梅雨
  54. ご挨拶
  55. クッキー詰め合わせ
  56. マナー
  57. 洋菓子詰め合わせ
  58. クリスマス
  59. クッキーラングドシャー
  60. 洋菓子
  61. 出産内祝い