公開日:2020/09/18

退職時に贈るお礼のギフトは?

お世話になった会社を退職する際に、お礼の気持ちを込めて贈り物をしようと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、どの程度の予算で探せば良いのか、どういったギフトを贈れば喜ばれるのかなど、悩んでしまうことも少なくありません。そこで今回は、退職時の贈り物に関するマナーについてご紹介いたします。

 

 

お礼の贈り物は会社の慣例に従うのがベスト


退職時のお礼の贈り物に関しては、会社ごとにマナーが異なります。個人個人にプチギフトを贈るのが慣例となっている会社もあれば、退職時の贈り物は避けている会社もあります。贈り物のやり取りをしていない会社でプチギフトなどを配ってしまうと、お世話になった方々にかえって気を遣わせてしまう場合もあります。「お礼をしたい!」という気持ちを押し付けるのではなく、会社の慣習やマナーに従うことが大切です。

 

<職場の人数に合わせて選べる「シガール」はこちら

 

退職時のお礼に定番のプチギフト


退職の際に配るプチギフトの定番と言えば、「ハンカチ」や「ミニタオル」。会社の規模や配る人数によって変わりますが、1人あたり500円~800円程度が目安です。趣味に合うかどうか心配な場合は、色・柄違いやブランド違いのものをいくつか用意しておき、渡す際に選んでもらうのが良いでしょう。また、いくつあっても困らない消耗品として、女性に「ストッキング」、男性に「靴下」を贈るのも定番です。「ハンカチやミニタオルはいくつも貰っているだろうから、別のものを贈りたい」という方におすすめなのは、手軽に飲める紅茶やコーヒーのプチセット。年齢や性別を問わず喜んでもらえるプチギフトのひとつです。クッキーなどのお茶菓子を添えて贈れば、さらに喜んでもらえますよ。女性が多い職場であれば、香りの良いハンドクリームや入浴剤もおすすめです。

女性へのプチギフトの選び方のポイント


実用的なものは誰にでも喜ばれる

会社や自宅で使える実用品は長く愛用してもらえることが多いので思い出に残ります。相手によって好みがあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。リサーチが難しい場合は、なるべく無難なものを選んでおくと良いでしょう。アロマグッズやコスメなども特に喜んでもらえるプチギフトです。

ラッピングやパッケージにこだわる

品物だけではなく、見た目にもこだわって選ぶのもおすすめです。最近はプチギフトでも、ラッピングがかわいいものや、おしゃれなパッケージのものが、たくさん販売されています。100円ショップなどで売られているクリアバックやリボンなどを活用してアレンジしてみるのも素敵です。

トレンドや話題性のあるものを

女性はトレンドに敏感な方が多いので、流行っているアイテムや話題になっているアイテムは喜ばれます。例え自分の趣味や好みに合わないものでも、「話題になっているものだから使ってみようかな」と思ってもらえるかもしれません。

 

<ラングドシャ―生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

男性へのプチギフトの選び方のポイント


普段使いできる実用的なものが人気

女性に贈るプチギフトと同様に、実用的なものは特に喜ばれます。日常で頻繁に使うものは贈られて困ることもないでしょう。仕事に打ち込んでいる男性には、パソコンやスマホに関連するアイテムなどが人気です。

趣味や好みを事前にリサーチしておく

料理好きの方にはキッチンアイテムをプレゼントしたり、お酒が好きな方には珍しい日本酒をプレゼントするなど、相手の趣味や好みを把握している場合は、それにあったものを選ぶと喜ばれます。そのためには相手の趣味や好みを事前にどれだけリサーチできるかが鍵となります。

シンプルなものこそ喜ばれる

キャラクターがついているものやキラキラした装飾が施されているものは、男性へのプチギフト にはふさわしくありません。できるだけシンプルで機能的なアイテムが好まれる傾向にあるので、ラッピングにも凝りすぎない方が良いでしょう。持っていても恥ずかしくないと感じてもらえることがポイントです。

 

贈り物の慣習がない場合は?


個別にプチギフトを贈る慣習がない会社では、共有のスペースにお菓子の詰め合わせなどを残していくのが良いでしょう。その際は、最後の挨拶やメールで案内しておくのを忘れずに。案内と併せて、「皆さんで召し上がってください」という旨の言葉を記したメモを添えておくのもおすすめです。お菓子の詰め合わせを選ぶ前には、会社全体や部署全体の人数をしっかりと確認しておきましょう。また、お休み中の方や忙しい方でも食べられるように、個別に包装された賞味期限の長いお菓子を選ぶことも大切です。

 

<デスクワークの合間にも食べやすい 個包装クッキー詰め合わせはこちら

 

いかがでしたでしょうか?これまでの感謝を伝える贈り物は、できるだけ喜んでもらえるものを贈りたいですよね。自分がこれまでに貰って嬉しかったものや仕事中にあると便利なものを思い浮かべて、最大限のお礼の気持ちを込めて選んでみてください。会社の慣習やルールがわからない場合には、上司や先輩の方に確認しましょう。

 

【関連コラム】

好印象間違いなし!職場へのお土産の選び方

知っておきたい!帰省の際の手土産の選び方

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

  1. ウエディング
  2. ラングドシャー
  3. 卒業
  4. お正月
  5. 内祝い
  6. お香典返し
  7. ジューンブライド
  8. 喜寿
  9. お花見
  10. 訃報
  11. 傘寿
  12. 成人式
  13. 緑寿
  14. 取引先
  15. 卒寿
  16. 節分
  17. ビジネス
  18. 端午の節句
  19. 卒園祝い
  20. クッキーラングドシャ―
  21. 開業祝い
  22. お歳暮
  23. 年始
  24. 節句
  25. 誕生日
  26. 入社祝い
  27. 結納
  28. 母の日
  29. 転職
  30. 香典返し
  31. 紅茶
  32. チョコレート
  33. アイスクリーム
  34. 卒業祝い
  35. 謝罪
  36. 義父
  37. 楽しい
  38. 家庭訪問
  39. のし
  40. お泊り会
  41. 梅雨
  42. 暑中見舞い
  43. お祝い
  44. 歴史
  45. 配送
  46. 新築祝い
  47. 残暑見舞い
  48. お中元
  49. 入園祝い
  50. 洋菓子詰め合わせ
  51. 還暦
  52. プレゼント
  53. 帰省
  54. 風呂敷
  55. 引き出物
  56. ケーキ
  57. 初節句
  58. クリスマスケーキ
  59. お見舞い
  60. 出産内祝い
  61. 引越し内祝い
  62. 異動
  63. おもてなし
  64. クッキー詰め合わせ
  65. ハロウィン
  66. 冠婚葬祭
  67. 出産祝い
  68. 由来
  69. バレンタインデー
  70. チョコ
  71. ゴールデンウィーク
  72. おうち時間
  73. クリスマス
  74. プロポーズ
  75. お礼
  76. 退職
  77. 引越し
  78. 結婚式
  79. GW
  80. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  81. 詰め合わせ
  82. バレンタイン
  83. クッキー
  84. 職場
  85. 米寿
  86. イースター
  87. 成人内祝い
  88. 子どもの日
  89. 父の日
  90. 手土産
  91. プレゼント.贈りもの
  92. 喪中
  93. 新築内祝い
  94. 餞別
  95. 期間限定商品
  96. 季節のご挨拶
  97. 長寿
  98. 結婚
  99. 敬老の日
  100. お供え物
  101. アイスティー
  102. 年末年始
  103. 南青山ロール
  104. 葬式
  105. スイーツ
  106. クッキー詰めわせ
  107. お菓子
  108. 就職祝い
  109. 引越し祝い
  110. 七五三
  111. ギフト
  112. カーネーション
  113. 昇進祝い
  114. マナー
  115. ご挨拶
  116. 雨の日
  117. 初詣
  118. 快気祝い
  119. 贈りもの
  120. 洋菓子
  121. 結婚祝い
  122. お土産
  123. クッキーラングドシャー
  124. お盆
  125. ご褒美
  126. ティータイム
  127. お餞別
  128. 寒中見舞い
  129. 退職祝い
  130. 入学祝い
  131. 栄転祝い
  132. 子供
  133. ガトーエクセラン
  134. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  135. 義母
  136. 法事
  137. お彼岸
  138. 夏休み
  139. 結婚記念日
  140. シガール
  141. お年賀
  142. 発表会
  143. 成人祝い
  144. 年末
  145. プチギフト
  146. ホワイトデー
  147. 水引
  148. 銀婚式