公開日:2020/09/04

知ればもっと楽しくなる!ハロウィンの豆知識あれこれ

今年もハロウィンの季節がやってきます。

思い思いの仮装をして、家族や友人とハロウィンパーティーを計画されている方も多いと思います。そんなハロウィンを楽しむ前に、その歴史や由来について知っておきましょう。

 

ハロウィンとは?


毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、日本でいえばお盆にあたる行事になります。現在では、宗教的な意味合いは薄れ、子供たちが精霊やお化けに仮装して、お菓子を貰ったり、ホラーを楽しんだりするイベントとして多くの国で親しまれています。

 

 

どうして仮装するの?


ハロウィンの起源とされる古代ケルトでは、10月31日に先祖の魂が家を訪ねてくると考えられていました。しかし、悪さをする精霊や悪霊も一緒に来てしまい、その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらっていたそうです。そこで悪霊を追い払うために、仮面をかぶったり、焚き火をしたりしたことから、仮装する習慣が生まれました。

 

 

カボチャの意味は?


ハロウィンのシンボルとして有名なのが、目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯した、カボチャのランタンです。実はこのランタンには、「ジャック・オー・ランタン」という名前がついています。部屋の窓辺などに飾ると魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払うといわれています。ちなみに最初はカボチャではなく、カブだったそうです。

 

 

「Trick or Treat」の意味は?


ハロウィンといえば、魔女やモンスターに扮した子どもたちが街を練り歩き、「トリック・オア・トリート」と玄関先で声をかけてお菓子をねだる光景が有名です。この「Trick or Treat」とは「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!」という意味です。「トリック・オア・トリート」と言われたら、大人たちは「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡すのがルールになっています。お菓子は悪霊を追い払うという意味があるそうです。

<個包装で分け合える クッキー詰め合わせはこちら

 

<老若男女問わず愛されるロングセラー 「シガール」はこちら

 

日本に広まったのはいつ?


ハロウィンが日本に広まるきっかけをつくったのは、キディランドです。ハロウィングッズの売上拡大につなげようと、1983年に日本初のハロウィン・パレードを開催しました。しかし、ハロウィンの認知度を飛躍的に上げたのは、東京ディズニーランドのハロウィンイベントだといわれています。

 

外国が発祥のハロウィンも、今や日本の文化の一つになりつつあります。しかし今年は、おうちでハロウィンを、という方も多いかもしれませんね。小さなお菓子を子供たちと交換し合ったり、クッキーの詰め合わせをみんなでシェアしながら、ハロウィンパーティーで盛り上がりましょう。

 

【関連コラム】

知っていますか?「お盆」の基本的な知識

  1. 誕生日
  2. 敬老の日
  3. 七五三
  4. クッキー
  5. ギフト
  6. 父の日
  7. お盆
  8. スイーツ
  9. 帰省
  10. 出産内祝い
  11. プチギフト
  12. プレゼント
  13. 梅雨
  14. おうち時間
  15. クリスマス
  16. 新築祝い
  17. 夏休み
  18. アイスクリーム
  19. 洋菓子詰め合わせ
  20. お祝い
  21. 喜寿
  22. 出産祝い
  23. 法事
  24. 引越し祝い
  25. ハロウィン
  26. シガール
  27. 贈りもの
  28. お中元
  29. お歳暮
  30. 南青山ロール
  31. 季節のご挨拶
  32. 手土産
  33. 暑中見舞い
  34. お供え物
  35. 退職
  36. お土産
  37. 香典返し
  38. 雨の日
  39. 結婚記念日
  40. クッキー詰め合わせ
  41. 快気祝い
  42. ラングドシャー
  43. 退職祝い
  44. お菓子
  45. お彼岸
  46. 残暑見舞い
  47. 結婚式
  48. 期間限定商品
  49. 詰め合わせ
  50. 内祝い
  51. 還暦
  52. 洋菓子
  53. クッキーラングドシャー
  54. 職場
  55. マナー
  56. ご挨拶