喜びあふれる贈りものを!知っておきたい「喜寿」のお祝い

今年も「敬老の日」が近づいてきました。大好きなおじいちゃんおばあちゃんには、できるだけ長生きしてもらいたいものですよね。長寿のお祝いとして、60歳の「還暦」、70歳の「古希」などがありますが、それぞれの年齢によって、お祝いの由来や特徴はさまざまです。今回は、77歳をお祝いする「喜寿」についてご紹介します。

喜寿の由来は?


一般的によく知られている「還暦」や「古希」は、もともと中国がルーツだといわれていますが、「喜寿」は日本発祥のお祝いです。「喜」という文字を草書体にすると「七十七」のように見えることから「満77歳」を「喜寿」としてお祝いするようになったそうです。お祝いするタイミングは正式に決まっていませんが、77歳の誕生日や敬老の日といった節目の日やお正月やお盆といった親戚が集まりやすい日を選ぶなど、各家庭によってさまざまのようです。

 

喜寿祝いの相場は?


喜寿祝いの相場は3,000円〜30,000円くらいといわれていますが、実際は渡す人によって異なるようです。孫から祖父母に贈る場合は、3,000円〜5,000円程度。親戚に渡す場合は、5,000円〜10,000円程度。おおよそ1万円以上見ておけばプレゼントの幅は広がるのではないでしょうか。

<お祝いの場で皆で分け合える  クッキー詰め合わせはこちら

<まごごろ伝わる贈り物 「シガール」はこちら

 

喜寿は「紫」のものを


60歳の還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを着て祝う習慣がありますが、喜寿の場合は「紫」のちゃんちゃんこを着て祝う習慣があります。紫は昔から高貴な色とされており、地位の高い一部の人しか身に付けることのできない色でした。喜寿祝いの贈りものに悩んだ時は、紫のものを選ぶと間違いはありません。

 

贈ってはいけないものは?


たとえ紫のものだとしても、「死」や「苦」を連想させるものは選ばないようにしましょう。代表的なものでは、寝具、パジャマ、くし、などです。メガネなどの「老い」を連想させるものも避けましょう。また、日本茶も「お悔やみ」の場で使われるものなのでNGとされています。普段飲んでいるから大丈夫だと思っても、相手の気分を悪くしてしまう可能性があるので気をつけてください。

 

いかがでしたでしょうか。選んだ贈りものに心のこもったメッセージを添えると、さらに喜ばれると思います。「喜寿」だからこそ、心から喜んでもらいたいですよね。相手の笑顔を思い出しながら、素敵な喜寿祝いを贈ってください。

 

【関連コラム】

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

敬老の日ギフトに贈りたいもの・贈ってはいけないもの

ご存知ですか?「古希祝い」のマナーと意味

なぜ?どうして?何を贈る?知っておきたい「還暦」のこと

  1. 敬老の日
  2. 季節のご挨拶
  3. 出産内祝い
  4. 引越し祝い
  5. 出産祝い
  6. 贈りもの
  7. お香典返し
  8. 年末年始
  9. 夏休み
  10. ご挨拶
  11. ギフト
  12. ケーキ
  13. 子供
  14. 謝罪
  15. クッキー
  16. 内祝い
  17. 暑中見舞い
  18. 還暦
  19. 退職祝い
  20. お供え物
  21. お祝い
  22. シガール
  23. 洋菓子詰め合わせ
  24. 寒中見舞い
  25. プレゼント
  26. プチギフト
  27. お盆
  28. 開業祝い
  29. 結婚記念日
  30. クッキーラングドシャー
  31. 引越し
  32. お彼岸
  33. お礼
  34. 手土産
  35. 洋菓子
  36. 詰め合わせ
  37. 誕生日
  38. ビジネス
  39. 南青山ロール
  40. 帰省
  41. 期間限定商品
  42. お菓子
  43. おうち時間
  44. 喪中
  45. ハロウィン
  46. 結婚式
  47. アイスクリーム
  48. 喜寿
  49. お歳暮
  50. クッキー詰め合わせ
  51. 法事
  52. 新築祝い
  53. おもてなし
  54. 退職
  55. 香典返し
  56. お土産
  57. 梅雨
  58. 雨の日
  59. ラングドシャー
  60. マナー
  61. 職場
  62. 結婚
  63. お中元
  64. お見舞い
  65. クッキー詰めわせ
  66. 快気祝い
  67. 卒業
  68. お年賀
  69. プロポーズ
  70. クリスマス
  71. スイーツ
  72. ウエディング
  73. 発表会
  74. 父の日
  75. 七五三
  76. ご褒美
  77. クリスマスケーキ
  78. お泊り会
  79. クッキーラングドシャ―
  80. 残暑見舞い