喜びあふれる贈りものを!知っておきたい「喜寿」のお祝い

日本には、長寿のお祝いをする日が数多くあります。60歳の「還暦」、70歳の「古希」などが有名ですが、それぞれの年齢によって、お祝いの由来や特徴はさまざまです。今回は、77歳をお祝いする「喜寿」についてご紹介します。

喜寿の由来は?


一般的によく知られている「還暦」や「古希」は、もともと中国がルーツだといわれていますが、「喜寿」は日本発祥のお祝いです。「喜」という文字を草書体にすると「七十七」のように見えることから「満77歳」を「喜寿」としてお祝いするようになったそうです。長寿祝いは室町時代の頃から始まったとされていますが、庶民に定着したのは江戸時代といわれています。

このように長寿のお祝いにはそれぞれ名前と由来があります。もともとは数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近は満年齢で祝う人が増えているようです。
以下は、それぞれの長寿のお祝いの呼び名と由来です。※かっこ内は満年齢

60歳(61歳)「還暦」:60年で干支十二支が一巡して、もとの暦に還るという意味から
69歳(70歳)「古稀」:中国の詩人・杜甫の「人生七十古来まれなり」に由来
79歳(80歳)「傘寿」:傘の字の略字を分解すると「八十」となることから
87歳(88歳)「米寿」:米の字を分解すると「八十八」となることから
89歳(90歳)「卒寿」:卒の字の略字「卆」が九十に分解できることから
98歳(99歳)「白寿」:百の字の一を取ると「白」の字に。100歳の一つ手前の年齢であることから
99歳(100歳)「紀寿/百寿」:「紀寿」は一世紀を表し、「百寿」は百歳を表すことから
107歳(108歳)「茶寿」:茶の字を分解した八十八、十、十をすべて足すと108になることから
110歳(111歳)「皇寿」:皇の字を分解した白(99歳)、一、十、一をすべて足すと111になることから
119歳(120歳)=「大還暦」2回目の還暦を迎えることから

 

喜寿祝いの相場は?


喜寿祝いの相場は「還暦」や「古稀」と同様、3,000円~30,000円くらいが一般的です。渡す品物によって異なりますが、おおよそ10,000円以上見ておけばプレゼントの幅は広がるでしょう。喜寿祝いの金額は渡す人によって相場が異なります。両親に贈る場合は10,000円〜50,000円程度、孫から祖父母に贈る場合は1,000円~3,000円程度、親戚に渡す場合は5,000円~10,000円程度で十分です。大切なのは金額よりも気持ちです。相手に気を遣わせてしまうことにもなるので、あまり高額なものは避けましょう。

<お祝いの場で皆で分け合える  クッキー詰め合わせはこちら

<まごごろ伝わる贈り物 「シガール」はこちら

 

喜寿はどのタイミングでお祝いするの?


喜寿のお祝いをするタイミングは正式には決まっていません。77歳の誕生日や敬老の日といった節目の日、お正月やお盆といった親戚が集まりやすい日など、各家庭によってお祝いする日はさまざまのようです。現在は、喜寿と誕生日を一緒にお祝いする家族がほとんどのようです。家族で考え方が違ってくると、贈り物やお祝いの仕方も変わるので、事前に話し合っておくことをおすすめします。

 

喜寿祝いにふさわしい品物って?


昔から、60歳の還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを着て祝う習慣がありますが、喜寿の場合は「紫」のちゃんちゃんこを着て祝う習慣があります。紫は昔から高貴な色とされており、地位の高い一部の人しか身に付けることのできない色でした。喜寿祝いの贈りものに悩んだ時は、紫のアイテムを選ぶと間違いはありませんまた、長寿のお祝いは誕生日やお歳暮とは異なり、一生に一度しかない特別なお祝いです。ラベルに本人の名前が入ったオリジナルの「日本酒」や「ワイン」、メッセージが書かれたペアの「湯呑み」や「マグカップ」といった、世界に一つしかないプレゼントを贈るのも素敵です。レストランやホテルでの食事会や温泉旅行など、家族や親戚と楽しめるイベントは、一生忘れることのできない思い出にもなります。今年はコロナの影響で実現がむずかしいかもしれませんが、収束後の楽しみとしてプレゼントするのもありかもしれませんね。

 

<オンラインショップ限定  ヨックモックの洋菓子ギフト「ガトー エクセラン」はこちら

 

贈ってはいけないものは?


縁起のいい紫の品物を選んだとしても、「寝具」「パジャマ」「くし」といった「死(4)」や「苦(9)」を連想させるものは避けてください。また、「老い」を連想させるメガネや、「お悔やみ」の場で使われる日本茶もNGとされています。日本茶は普段飲んでいるので贈っても問題ないと思われがちですが、相手の気分を悪くしてしまう可能性があるので注意が必要です。喜寿といっても、平均寿命が80歳を超えている現在の日本では、まだまだ若い年齢です。年寄り扱いされることを快く思わない方もいらっしゃいます。長寿を強調するのではなく、「新しい人生のスタートを応援する」感覚でお祝いを贈ると喜ばれるでしょう。

 

<ラングドシャ―生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

いかがでしたでしょうか。77歳をお祝いする「喜寿」は、数ある長寿のお祝いの中でも、7が並ぶ、もっとも幸福なお祝いといえるでしょう。だからこそ、心から喜んでもらえるものを贈りたいですよね。気持ちのこもったメッセージを添えることも忘れずに。相手の笑顔を思い出しながら、素敵な喜寿祝いを選んでください。

 

【関連コラム】

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

敬老の日ギフトに贈りたいもの・贈ってはいけないもの

ご存知ですか?「古希祝い」のマナーと意味

なぜ?どうして?何を贈る?知っておきたい「還暦」のこと

  1. 水引
  2. 成人祝い
  3. 卒園祝い
  4. 結婚式
  5. 退職祝い
  6. シガール
  7. お中元
  8. 引越し内祝い
  9. ダイヤモンド婚式
  10. お返し
  11. お花見
  12. 入学祝い
  13. ご挨拶
  14. 梅雨
  15. お香典返し
  16. 結納
  17. プレゼント
  18. お礼
  19. カーネーション
  20. 年末年始
  21. 敬老の日
  22. おもてなし
  23. クッキー詰めわせ
  24. 年末
  25. 入社祝い
  26. 新築内祝い
  27. 白寿
  28. 義母
  29. お土産
  30. プロポーズ
  31. 紅茶
  32. 冠婚葬祭
  33. ジューンブライド
  34. 異動
  35. アイスクリーム
  36. お礼状
  37. 残暑見舞い
  38. のし
  39. 出産内祝い
  40. ガトーエクセラン
  41. 雨の日
  42. 帰省
  43. 喪中
  44. 成人内祝い
  45. 由来
  46. 年始
  47. 寒中見舞い
  48. 栄転祝い
  49. お盆
  50. 卒寿
  51. お中元.マナー
  52. チョコレート
  53. 転職
  54. お泊り会
  55. クッキーラングドシャ―
  56. 謝罪
  57. 餞別
  58. 取引先
  59. 配送
  60. 米寿
  61. 職場
  62. 義父
  63. ラングドシャー
  64. マナー
  65. 節句
  66. プチギフト
  67. 七五三
  68. 洋菓子
  69. 退職
  70. 緑寿
  71. 夏休み
  72. 結婚記念日
  73. ホワイトデー
  74. バレンタイン
  75. クリスマスケーキ
  76. 出産祝い
  77. ゴールデンウィーク
  78. 長寿
  79. 端午の節句
  80. クッキー詰め合わせ
  81. 就職祝い
  82. 初節句
  83. 母の日
  84. 贈りもの
  85. 季節のご挨拶
  86. 発表会
  87. チョコ
  88. ウエディング
  89. ティータイム
  90. 期間限定商品
  91. 節分
  92. 手土産
  93. お餞別
  94. 子どもの日
  95. フルーツジュレ
  96. 子供
  97. ご褒美
  98. 昇進祝い
  99. お彼岸
  100. クッキー
  101. 訃報
  102. 暑中見舞い
  103. 新築祝い
  104. 結婚祝い
  105. お菓子
  106. お供え物
  107. スイーツ
  108. 七夕
  109. お見舞い
  110. 詰め合わせ
  111. 誕生日
  112. ビジネス
  113. 葬式
  114. 父の日
  115. お正月
  116. 初詣
  117. おうち時間
  118. お祝い
  119. ケーキ
  120. 楽しい
  121. 卒業
  122. お歳暮
  123. 南青山ロール
  124. 引き出物
  125. イースター
  126. 傘寿
  127. GW
  128. 喜寿
  129. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  130. 洋菓子詰め合わせ
  131. プレゼント.贈りもの
  132. 引越し
  133. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  134. 贈り物
  135. 卒業祝い
  136. ギフト
  137. 入園祝い
  138. 香典返し
  139. 還暦
  140. 成人式
  141. 引越し祝い
  142. 家庭訪問
  143. ハロウィン
  144. 内祝い
  145. 歴史
  146. 結婚
  147. 銀婚式
  148. バレンタインデー
  149. 金婚式
  150. 快気祝い
  151. 風呂敷
  152. 法事
  153. クッキーラングドシャー
  154. クリスマス
  155. お年賀
  156. 子ども
  157. アイスティー
  158. 開業祝い