公開日:2020/08/28

なぜ?どうして?何を贈る?知っておきたい「還暦」のこと

ご両親が「還暦を迎える」と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。「歳を取ったなあ」と感じる方もいれば、「まだまだ若いなあ」と感じる方もいらっしゃると思います。長寿のお祝いのひとつでもある「還暦」は、人生の節目となるとても大きなイベントです。そこで今回は、満60歳のお祝いである還暦についてご紹介します。

 

 

どうして60歳を還暦というの?


還暦は、そもそも干支に関係しています。干支は、日本でもなじみのある「十二支」と「甲・乙・丙・丁・戌・己・庚・辛・壬・癸」の十干(じっかん)の組み合わせから成り立っています。この組み合わせは60種類にもおよび、60年経つと干支が一巡します。この60年で干支がひと回りして、再び生まれた年の干支に還ることから、元の暦に戻るという意味で「還暦」と呼ばれています。他の長寿祝いは数え年で祝うことが多いですが、還暦祝いだけは満年齢でお祝いをします。

〈その他の長寿のお祝い〉

70歳 古希(こき)…中国の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」にちなんだ名称

77歳 喜寿(きじゅ)…「喜」の草書体が「七十七」と読めることから

80歳 傘寿(さんじゅ)…「傘」の略字が「八十」と読めることから

88歳 米寿(べいじゅ)…「米」の字を分けると「八十八」になることから

90歳 卒寿(そつじゅ)…「卒」の略字「卆」を分けると「九十」になることから

99歳 白寿(はくじゅ)…「百」の字を分けると「一」と「白」になり、「百にあと一つ」という意味合いから

 

<オンラインショップ限定  ヨックモックの洋菓子ギフト「ガトー エクセラン」はこちら

 

どうして赤いちゃんちゃんこでお祝いするの?


赤は「魔除け」の力があるとされており、昔から生まれてきた赤ちゃんを病気や悪いものから守るために、「赤い色」のちゃんちゃんこを着せていました。還暦は60年で生まれた干支に還るため、赤ちゃんに戻る、という意味があります。このことから、還暦を迎えると赤いちゃんちゃんこを着てお祝いをするという風習が芽生えました。しかし最近の還暦祝いでは、赤いちゃんちゃんこは記念撮影のために用意しておくぐらいで、プレゼントは別に用意するという方が多いようです。

 

還暦祝いの金額の相場は?


還暦祝いを誰に贈るかで金額は異なりますが、例えば、両親であれば10,000円~50,000円、叔父や叔母などの親戚であれば、5,000円~20,000円、親しい友人や上司、恩師などお世話になった方は5,000円~10,000円が一般的な相場といわれています。ただし、金額はあくまでも目安です。一番大切なのは、気持ちのこもったプレゼントを選ぶこと。お手紙やメッセージなどを添えて、日頃の感謝の想いをつたえましょう。

 

<お祝いの場で皆で分け合える  クッキー詰め合わせはこちら

 

<愛され続けるロングセラー ヨックモックの「シガール」はこちら

 

どんな贈りものが人気なの?


人生の節目だからこそ、形に残るプレゼントを差し上げたいという方も多いと思います。最近は、還暦といってもまだまだ若々しい方が多いので、長寿の贈りものという目線で選ぶよりも、現役世代と変わらないものを選んだほうが喜ばれるでしょう。また、男性と女性では喜んでもらえる品物も違います。送る相手の性別やライフスタイル・好みに合わせたプレゼントを選びましょう。

赤いアイテム
還暦を祝うプレゼントなので、やはり「赤」にちなんだものを選ぶのが定番です。ちゃんちゃんこには抵抗があるという方には、赤いスカーフや赤いバッグ、赤い小物など、さりげなく赤を取り入れたプレゼントを選ぶ方が増えてきているようです。

名前・メッセージ入りギフト
実用的なアイテムでも、名前やメッセージを入れることで、世界に一つしかない特別なプレゼントにすることができます。名前を彫ったグラスや皮のお財布、心のこもったメッセージを刻んだ似顔絵などが人気のようです。

フラワーギフト
長く楽しんでもらえる観葉植物やブリザードフラワーが人気です。還暦にちなんで、赤い花をアレンジしてもらうのもおすすめです。他の品物と合わせて贈るのも喜ばれるでしょう。贈ってはいけない花もあるので注意してください。

夫婦で使えるもの
夫婦茶碗や夫婦箸、ペアのマグカップやワイングラスなど、夫婦で一緒に使えるアイテムも定番です。「これからも夫婦仲良く過ごしてほしい」という想いも込めやすいのではないでしょうか。

旅行や食事
品物ではなく、思い出のプレゼントはいかがでしょうか。温泉旅行やホテル・レストランでのお食事など、夫婦水入らずで過ごせるようなイベントは、忘れられないお祝いになるでしょう。ご家族みんなで出かけても素敵です。

 

<ラングドシャ―生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

贈ってダメなものは?


 還暦のお祝いには「避けるべき」とされているギフトもあります。縁起や言い伝えを大切にする方も多いため、慎重に選びましょう。

履物
靴下や靴などの履物には、「相手を足で踏みつける」という意味があるため、目上の方への贈りものには適していません。バスマットなども同じ理由からNGです。

シクラメンなどの花
還暦祝いの定番のギフトでもある「花」ですが、縁起の悪い花は避けましょう。お葬式で使われる「菊」や花が一気に落ちる「椿」、「死」や「苦」を連想させる「シクラメン」などが、それにあたります。

くし
「くし」は「死」と「苦」の語呂から不吉な印象を与えてしまうためタブーです。

お茶
お茶好きな方は多いので、ついつい贈りものに選びがちですが、お茶は香典返しによく使われるため還暦祝いの場合は避けた方が無難です。

老眼鏡
老眼鏡は「老い」を連想させるため避けた方が無難です。60歳はまだまだ若々しい年齢なので、老眼鏡をプレゼントすると相手に不快な印象を与えてしまう場合もあります。

 

還暦祝いの「のし」は?


還暦祝いの場合、水引は「紅白蝶結び」のものを選びます。のし紙の表書きには「祝還暦」「寿還暦」などと書くのが一般的です。その下に贈る人の名前を書きますが、子供や孫一同からのプレゼントの場合は「子供一同」「孫一同」とします。

 

還暦祝いはいつ渡すの?


還暦祝いは本来、数え年の61歳になるお正月から節分の頃までにお祝いするものでした。しかし最近は、満60歳の誕生日や、家族が集まりやすいタイミングでお祝いをすることが多いようです。還暦祝いは、直接手渡しするのが基本ですが、もし手渡しが難しい場合は、お祝いの日の前日までに届くように贈りましょう。

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。還暦を迎える60歳という年齢は、干支が一巡することで再び迎える、人生における第二のスタートです。心のこもった贈りものに素敵なメッセージを添えて、そのスタートを笑顔でお祝いしてあげましょう。

 

【関連コラム】

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

敬老の日ギフトに贈りたいもの・贈ってはいけないもの

ご存知ですか?「古希祝い」のマナーと意味

  1. 卒寿
  2. 傘寿
  3. 卒業祝い
  4. 年始
  5. 職場
  6. おもてなし
  7. 退職
  8. 緑寿
  9. 入社祝い
  10. 謝罪
  11. GW
  12. 贈り物
  13. 節分
  14. 新築内祝い
  15. お菓子
  16. 引越し
  17. チョコ
  18. クッキー詰めわせ
  19. ダイヤモンド婚式
  20. 栄転祝い
  21. 年末年始
  22. お花見
  23. 転職
  24. プレゼント.贈りもの
  25. 風呂敷
  26. 歴史
  27. 由来
  28. 訃報
  29. 引き出物
  30. クッキー
  31. 取引先
  32. プチギフト
  33. 還暦
  34. プレゼント
  35. 初節句
  36. クッキーラングドシャ―
  37. お香典返し
  38. 敬老の日
  39. 配送
  40. お土産
  41. 端午の節句
  42. クリスマス
  43. 快気祝い
  44. 発表会
  45. クリスマスケーキ
  46. 手土産
  47. イースター
  48. ハロウィン
  49. 卒業
  50. 法事
  51. 成人内祝い
  52. アイスティー
  53. ご褒美
  54. ギフト
  55. 子供
  56. チョコレート
  57. お正月
  58. 就職祝い
  59. 子どもの日
  60. 寒中見舞い
  61. 洋菓子
  62. 結婚祝い
  63. 贈りもの
  64. 残暑見舞い
  65. カーネーション
  66. 結婚記念日
  67. 七五三
  68. お祝い
  69. ウエディング
  70. アイスクリーム
  71. 結納
  72. 香典返し
  73. 子ども
  74. ビジネス
  75. 長寿
  76. 白寿
  77. お歳暮
  78. 餞別
  79. プロポーズ
  80. 帰省
  81. ジューンブライド
  82. マナー
  83. 紅茶
  84. 開業祝い
  85. 年末
  86. 梅雨
  87. 父の日
  88. 昇進祝い
  89. お中元
  90. 南青山ロール
  91. 入学祝い
  92. 卒園祝い
  93. 新築祝い
  94. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  95. 義父
  96. 夏休み
  97. フルーツジュレ
  98. お供え物
  99. 成人祝い
  100. 楽しい
  101. 暑中見舞い
  102. 成人式
  103. お礼
  104. お中元.マナー
  105. 雨の日
  106. 結婚式
  107. 喜寿
  108. ケーキ
  109. お年賀
  110. お彼岸
  111. ご挨拶
  112. 入園祝い
  113. ゴールデンウィーク
  114. 義母
  115. 喪中
  116. お礼状
  117. のし
  118. 水引
  119. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  120. 出産内祝い
  121. バレンタインデー
  122. バレンタイン
  123. 引越し内祝い
  124. 洋菓子詰め合わせ
  125. 家庭訪問
  126. 米寿
  127. 季節のご挨拶
  128. 金婚式
  129. 葬式
  130. お返し
  131. 詰め合わせ
  132. ティータイム
  133. 母の日
  134. お見舞い
  135. クッキーラングドシャー
  136. 引越し祝い
  137. 銀婚式
  138. 七夕
  139. 節句
  140. 初詣
  141. ホワイトデー
  142. お盆
  143. シガール
  144. 誕生日
  145. 異動
  146. 期間限定商品
  147. ラングドシャー
  148. 結婚
  149. 内祝い
  150. クッキー詰め合わせ
  151. ガトーエクセラン
  152. 退職祝い
  153. 出産祝い
  154. スイーツ
  155. お餞別
  156. 冠婚葬祭
  157. おうち時間
  158. お泊り会