「残暑見舞い」で夏のご挨拶の締めくくりを。

年々、厳しさを増している夏の暑さですが、お世話になっている方や目上の方への「夏のご挨拶」は欠かすことができません。そのひとつが、「残暑見舞い」です。お中元や暑中見舞いのように、かしこまったイメージを持たれることも多いようですが、日頃の感謝やお見舞いの気持ちを伝える貴重な機会です。そこで今回は、残暑見舞いにスポットをあてて、その正しい贈り方や基本的マナーについてご紹介します。

8月7日以降に贈りましょう


お中元や暑中見舞いは、地域によって贈る時期が異なる場合がありますが、残暑見舞いをいつまでに出せばいいのかは厳密には決まっていません。なぜなら、残暑とは「暑さが残っている」という意味なので、暑さが残っている間であれば、いつまででも贈ることができるからです。しかし、あまりにも遅くなってしまうと気候は涼しくなってしまいます。残暑見舞いは、暦の上で秋を迎える「立秋」以降(8月7日)に贈るようにしましょう。

 

もし遅れてしまったら?


残暑の厳しい年であれば、9月に入ってから贈っても失礼にあたることはありませんが、もし遅れてしまった場合はできるだけ早めに贈りましょう。可能なら、暑さが徐々にやわらぐ「処暑」(8月23日頃)の前まで。遅くとも9月上旬には贈るのが良いでしょう。もし気候が涼しくなってしまったら、残暑見舞いではなく「秋のご挨拶」として贈るのもひとつの方法です。

季節のフルーツやスイーツ、お菓子の詰め合わせといった品物もいっしょに贈る場合は、お中元や暑中見舞い同様、紅白5本蝶結びの「のし紙」に「残暑御見舞」もしくは「残暑お伺い」と書いて贈ります。相手の方から、暑中見舞いや残暑見舞いをいただいている場合は、そのお礼と、返事が遅れてしまったことのお詫びも手紙に書き添えておきましょう。

<日持ちがするので贈り物にも安心 クッキー詰め合わせはこちら

<涼を贈る ヨックモックのゼリー詰め合わせはこちら

<ヨックモックのロングセラー 「シガール」はこちら

 

相手が喪中の場合は?


残暑見舞いはお祝いではなく、相手の気持ちを思いやる「季節のご挨拶」なので、喪中でも控える必要はありません。しかし、喪に服している時間であることは変わらないため、落ち着いた絵柄の葉書や相手の想いに寄り添うような文面で近況を伝えましょう。ただし、四十九日が明けるまでは残暑見舞いは控えたほうが無難です。

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

残暑見舞いは、お中元や暑中見舞いを贈りそびれてしまった方や、お返しのタイミングに困っていたという方にとっては、絶好のタイミングでもあります。普段なかなか会うことのできない方との交流にも一役買ってくれるはずです。思いやりのこもった残暑見舞いで、夏を締めくくりましょう。

 

 

【関連コラム】

いつ贈る?何を贈る?知っておきたい暑中見舞いのマナー

 

 

  1. お中元
  2. 贈りもの
  3. お彼岸
  4. マナー
  5. ラングドシャー
  6. 結婚記念日
  7. 残暑見舞い
  8. 退職祝い
  9. ギフト
  10. 南青山ロール
  11. 誕生日
  12. 暑中見舞い
  13. 出産内祝い
  14. 還暦
  15. 洋菓子詰め合わせ
  16. 引越し祝い
  17. クッキー
  18. 喜寿
  19. お供え物
  20. ご挨拶
  21. お土産
  22. 敬老の日
  23. 詰め合わせ
  24. アイスクリーム
  25. ハロウィン
  26. お祝い
  27. 夏休み
  28. 結婚式
  29. プレゼント
  30. お盆
  31. 洋菓子
  32. 梅雨
  33. 出産祝い
  34. 雨の日
  35. 父の日
  36. シガール
  37. クッキーラングドシャー
  38. お菓子
  39. クッキー詰め合わせ
  40. 手土産
  41. 職場
  42. 内祝い
  43. プチギフト
  44. おうち時間
  45. 法事
  46. 新築祝い
  47. 期間限定商品
  48. 退職
  49. 帰省