関連キーワード

いつ贈る?何を贈る?知っておきたい暑中見舞いのマナー

暑中見舞いは、お中元と同じ時期に贈る、日本の伝統的な習慣です。贈り方が間違っていたりすると、相手に対して失礼にあたることもあります。そこで今回は、暑中見舞いの正しい贈り方や品物の選び方などについてご紹介します。

 

暑中見舞いとは?


お墓参りをしてご先祖様に感謝を伝えるのが「お盆」ですが、そのお盆の風習が簡略化されたものが「暑中見舞い」だといわれています。地域によって贈る時期が異なる「お中元」とは違い、暑中見舞いは、どの地域も小暑(7月7日前後)から立秋(8月7日)までに贈るのが一般的です。出来るだけ、その期間内に贈るように準備をしましょう。立秋を過ぎてしまう場合は「残暑見舞い」になります。

 

どんなものを贈ればいいの?


暑中見舞いは、暑い夏に相手を気遣うためのものなので、本来は品物を贈る必要はありません。しかし、お中元を贈りそびれるなどの理由で、品物を贈る場合もあります。品物を贈る場合は、以下のようなものを選ぶと良いでしょう。

 

夏を意識した清涼感のあるスイーツ
ひんやりとしたスイーツは、暑い夏を癒す贈りものです。定番のアイスクリームや、有名店の夏限定スイーツまで種類も豊富。大人にも子供にも喜ばれます。

<涼を贈る ヨックモックのゼリー詰め合わせはこちら

 

カラダにいい健康ドリンク
“飲む点滴”といわれる甘酒や、のどにいいハチミツやフルーツ酢など、相手の健康を気遣ったドリンクも好印象につながります。特に高齢の方に喜ばれる贈りものです。

 

おいしいお菓子の詰め合わせ
クッキーや焼き菓子、チョコレートといったお菓子の詰め合わせも喜ばれます。個包装のものは簡単に取り分けることができるので便利です。

<日持ちがするので贈り物にも安心 クッキー詰め合わせはこちら

<ヨックモックのロングセラー 「シガール」はこちら

 

簡単便利なカタログギフト
品物選びに困った時は、カタログギフトがおすすめです。自分が本当に好きなものを選べることから人気の高い贈りものです。相手の好みや状況を前もって把握しておく必要もありません。

 

品物を贈る際のマナーは?


暑中見舞いは、「暑中御見舞」と書いたのし紙を品物にかけて贈ります。目上の人に贈る際は、「暑中御伺い」もしくは「暑中御伺」と書きましょう。相手が喪中の場合でも暑中見舞いを出すことに問題はありません。ただし、その場合は、通常ののしではなく、白無地の掛け紙を使用してください。

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

今の時代、お中元は用意できても、暑中見舞いにまで心配りができるという方は、そう多くはないと思います。お世話になっている方や目上の方に、しっかり気持ちが伝わるように、マナーに沿った暑中見舞いを贈るようにしましょう。

 

【関連コラム】

お中元の時期は全国で違うって本当?地域別・お中元を贈る時期

お中元とお歳暮の違いとは?

 

 

 

  1. お供え物
  2. 夏休み
  3. 期間限定商品
  4. 結婚式
  5. クッキー詰め合わせ
  6. 贈りもの
  7. 職場
  8. クッキー
  9. お中元
  10. 新築祝い
  11. マナー
  12. クッキーラングドシャー
  13. 内祝い
  14. 雨の日
  15. 手土産
  16. 梅雨
  17. お祝い
  18. 父の日
  19. 敬老の日
  20. 出産内祝い
  21. 退職
  22. シガール
  23. お盆
  24. おうち時間
  25. 還暦
  26. 洋菓子
  27. 喜寿
  28. ご挨拶
  29. お菓子
  30. 誕生日
  31. 詰め合わせ
  32. 出産祝い
  33. 南青山ロール
  34. ラングドシャー
  35. プレゼント
  36. 引越し祝い
  37. アイスクリーム
  38. お彼岸
  39. 洋菓子詰め合わせ
  40. 退職祝い
  41. ハロウィン
  42. 暑中見舞い
  43. ギフト
  44. 法事
  45. プチギフト
  46. 帰省
  47. 残暑見舞い
  48. お土産
  49. 結婚記念日