関連キーワード

公開日:2020/07/17

帰省する前に覚えておきたい!法事にふさわしい手土産やお供え物は?

法事とは、故人の冥福を祈り、その霊を慰めるために行われる儀式です。そのような場面で必要になるのが、手土産やお供物です。地域によって異なりますが、手土産とお供え物は分けて用意するのが一般的です。そこで今回は、法事にふさわしい手土産と、おさえておきたいマナーをご紹介します。

 

法事にふさわしい手土産とは?



お菓子

法事に持参する品物として最も適しているのがお菓子です。特に、日持ちがするものがおすすめです。洋菓子の場合はクッキーなどの焼き菓子を選ぶのが良いでしょう。個包装のお菓子なら分けやすく、好きな時に好きな分だけを食べられるので、大勢の人が集まる法事のような場面には重宝します。

<個包装で分け合える クッキー詰め合わせはこちら

<老若男女問わずよろこばれる ヨックモックの「シガール」はこちら

 

果物

季節感を演出できる手土産として、果物もおすすめです。特に、りんご、梨、メロン、スイカといった形が丸いものは縁起が良いとされています。ただし、生もので傷みやすいというデメリットもあるので、法事が遠方で行われる場合などは、購入したお店から宅配便で送るなどの配慮をすると安心です。

<みずみずしいフルーツ果肉入り 「ゼリー詰め合わせ」はこちら

 

線香・ろうそく

仏壇に欠かせない線香やろうそくもおすすめです。線香には「香りが心身を浄化する」、ろうそくには「ご先祖様を明るく照らす」という意味があります。さまざまな種類があるので、仏壇に合わせて選ぶと良いでしょう。また、帰省先に妊婦さんがいる場合は、香りが強い線香は避けた方が賢明です。

 

品物には必ず「のし」をつけましょう

のし紙は「弔事用」を使い、必ず「外のし」にしてください。「外のし」とは、包装紙の上からのし紙を貼る方法です。水引の色は黒か白のものを使うのが一般的ですが、四十九日以降は「双銀」を、三回忌以降は「黄と白のもの」を使いましょう(地域によって異なる場合もあるので確認が必要です)。名前は水引の下に、夫婦の場合は連名で、5名以上の場合は「○○一同」と記しましょう。

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

法事があるたびに迷ってしまう手土産やお供え物ですが、いちばん大切なのは「故人を供養する気持ち」です。あまり堅苦しく考えすぎず、「故人が好きだったものを持参する」という考え方で品物を選ぶのが良いかもしれません。ただし、地域の風習や宗派によっては、ふさわしくないと判断されることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

【関連コラム】

知っておきたい!帰省の際の手土産の選び方

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

 

  1. おうち時間
  2. 洋菓子
  3. シガール
  4. 残暑見舞い
  5. 雨の日
  6. お菓子
  7. 洋菓子詰め合わせ
  8. お供え物
  9. 贈りもの
  10. クッキー詰め合わせ
  11. 法事
  12. クッキーラングドシャー
  13. 退職
  14. 出産内祝い
  15. 結婚記念日
  16. お土産
  17. クッキー
  18. 期間限定商品
  19. お盆
  20. プチギフト
  21. アイスクリーム
  22. プレゼント
  23. ハロウィン
  24. 手土産
  25. ご挨拶
  26. 新築祝い
  27. 父の日
  28. 南青山ロール
  29. 出産祝い
  30. 帰省
  31. お彼岸
  32. 梅雨
  33. 退職祝い
  34. 結婚式
  35. 敬老の日
  36. ギフト
  37. 詰め合わせ
  38. 内祝い
  39. 引越し祝い
  40. マナー
  41. 喜寿
  42. 誕生日
  43. 職場
  44. 暑中見舞い
  45. 還暦
  46. ラングドシャー
  47. お祝い
  48. 夏休み
  49. お中元