関連キーワード

公開日:2020/07/17

帰省する前に覚えておきたい!法事にふさわしい手土産やお供え物は?

法事とは、故人の冥福を祈り、その霊を慰めるために行われる儀式です。そのような場面で必要になるのが、手土産やお供物です。地域によって異なりますが、手土産とお供え物は分けて用意するのが一般的です。そこで今回は、法事にふさわしい手土産と、おさえておきたいマナーをご紹介します。

 

 

そもそも法事に手土産やお供え物は必要?


そもそも法事に手土産は必要なのでしょうか。

結論から言えば、手土産やお供え物を持参しないことは、必ずしも非常識ではありません。最近では、品物の代わりに「御供物料」として現金をお渡しする方も増えているようです。御供物料とは、手土産やお供えの代わりとしてお渡しする弔慰金のことです。

金額は故人との関係性によって異なりますが、親族であれば10,000〜50,000円、友人・知人であれば10,000〜30,000円程度が目安とされています。法要が終了した後に、食事やお酒がふるまわれることが多いため、このような金額が決められています。会食がない場合でも、10,000〜30,000円程度包むようにするとよいでしょう。

 

<老若男女問わずよろこばれる ヨックモックの「シガール」はこちら

 

法事にふさわしい手土産とは?


お菓子

法事に持参する品物として最も適しているのがお菓子です。特に、和菓子は日持ちがするのでおすすめです。洋菓子の場合はクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子を選ぶのが良いでしょう。個包装のお菓子はシェアしやすく、好きな時に食べられるので、大勢の人が集まる法事のような場面には重宝します。

 

果物

季節感を演出できる手土産として、果物もおすすめです。特に、りんご、梨、メロン、スイカといった形が丸いものは縁起が良いとされています。ただし、生もので傷みやすいというデメリットもあるため、保存状態や家族構成も考慮するなどの配慮が必要です。法事が遠方で行われる場合などは、購入したお店から直接宅配便で送るよう手配をしておくと安心です。

 

線香・ろうそく

仏壇に欠かせない線香やろうそくもおすすめです。線香には「香りが心身を浄化する」、ろうそくには「ご先祖様を明るく照らす」という意味があります。さまざまな種類があるので、仏壇に合わせて選ぶと良いでしょう。また、帰省先に妊婦さんがいる場合は、香りが強い線香は避けた方が賢明です。

 

法事にお花を贈るのも定番です。菊やユリ、胡蝶蘭などが人気ですが、故人が好きだった花もご遺族の方にも喜んでいただけるのではないでしょうか。最近は、手間のかからないブリザードフラワーが人気のようです。故人が好きだった色で構成したアレンジメントを手土産にしてもよいでしょう。ただし、四十九日法要までは色のない花を選ぶのがマナーです。

 

故人が好きだったもの

しきたりの多いのが法事の特徴ではありますが、シンプルに「故人が好きだったもの」をお供えするという選択肢もあります。例えばお酒が好きだった方には、故人が好きだった銘柄の日本酒やビールをお供えするのはいかがでしょうか。ただし、地域の風習や宗派によっては、ふさわしくないと判断される可能性があるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

 

<個包装だからみんなで分け合える クッキー詰め合わせはこちら

 

法事の手土産はいつ渡すの?


法事の手土産は、入り口や玄関などで迎えられた際にお渡しするのがマナーです。風呂敷や包装紙から取り出し、品物のみをお渡しします。その際、「ご仏前にお供えください」などの一言を添えると良いでしょう。ご家族の許可なく、自分で故人のご仏前に供えるのは失礼にあたります。

 

のし紙は必要?


法事の手土産を郵送などで贈る際は、必ず「弔事用ののし紙」を使い、「外のし」にして贈りましょう。外のしにすることで、誰からいただいたお供え物なのかを簡単に判別できるようになります。水引は、黒と白を選ぶのが一般的です。四十九日以降は双銀の水引を選び、三回忌以降は黄と白の水引を使います。

ただし、地域によって風習が異なる場合があるので事前に確認しておきましょう。水引の下に名前を書きます。夫婦の場合は連名に、5名以上の場合は「〜一同」と書きましょう。

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。今回は法事におすすめの手土産やお供え物をご紹介しましたが、いちばん大切なのは「故人を供養する気持ち」です。あまり堅苦しく考えすぎず、「故人が好きだったものを持参する」という考え方で品物を選ぶのが良いかもしれません。

ただし、殺生を連想ささせる肉や魚、トゲのあるお花などは、法事の手土産やお供え物にはNGとされているので避けたほうが無難です。法事は地域の風習や宗派によって異なります。少しでも不安なことがあれば、家族や親戚に相談してください。

 

【関連コラム】

知っておきたい!帰省の際の手土産の選び方

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

 

  1. 職場復帰
  2. 取引先
  3. 出産内祝い
  4. 喪中
  5. 災害見舞い
  6. GW
  7. 紅茶
  8. 寒中見舞い
  9. ウエディング
  10. バレンタインデー
  11. お花見
  12. 端午の節句
  13. クッキー
  14. 七夕
  15. 旧盆
  16. お礼状
  17. 結婚祝い
  18. 菓子折り
  19. 内祝い
  20. 入社祝い
  21. 梅雨
  22. お餞別
  23. お供え物
  24. 長寿
  25. 初節句
  26. お祝い
  27. 引越し祝い
  28. シガール
  29. 成人祝い
  30. プレゼント.贈りもの
  31. 結婚式
  32. 由来
  33. 節分
  34. 快気内祝い
  35. ハロウィン
  36. 緑寿
  37. お歳暮
  38. 雨の日
  39. 節句
  40. お見舞い
  41. 法事
  42. 暑中見舞い
  43. のし
  44. ティータイム
  45. アイスクリーム
  46. 米寿
  47. 帰省
  48. 義父
  49. おうち時間
  50. 家庭訪問
  51. 結婚
  52. 贈りもの
  53. ラングドシャー
  54. お礼
  55. クリスマスケーキ
  56. 季節のご挨拶
  57. 初詣
  58. ジューンブライド
  59. 父の日
  60. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  61. お盆
  62. 退職祝い
  63. 歴史
  64. 香典返し
  65. 新盆
  66. マナー
  67. ビジネス
  68. チョコレート
  69. 引き出物
  70. お菓子
  71. お中元.マナー
  72. 成人式
  73. ダイヤモンド婚式
  74. 卒業祝い
  75. クリスマス
  76. スイーツ
  77. 結納
  78. 傘寿
  79. お香典返し
  80. 還暦
  81. イースター
  82. 義母
  83. 厄払い
  84. フルーツジュレ
  85. 南青山ロール
  86. 七五三
  87. 年末
  88. お正月
  89. 敬老の日
  90. お中元
  91. 子供
  92. プチギフト
  93. 手土産
  94. クッキーラングドシャー
  95. 配送
  96. 昇進祝い
  97. お宮参り
  98. 謝罪
  99. 卒業
  100. 就職祝い
  101. 成人内祝い
  102. プレゼント
  103. 結婚記念日
  104. ゴールデンウィーク
  105. バレンタイン
  106. 残暑見舞い
  107. 卒寿
  108. 詰め合わせ
  109. 洋菓子詰め合わせ
  110. 入園祝い
  111. ご挨拶
  112. 引越し
  113. 出産祝い
  114. 快気祝い
  115. 栄転祝い
  116. カーネーション
  117. ギフト
  118. 産休
  119. おもてなし
  120. 年末年始
  121. 銀婚式
  122. 金婚式
  123. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  124. チョコ
  125. 訃報
  126. 楽しい
  127. プロポーズ
  128. アイスティー
  129. 冠婚葬祭
  130. 喜寿
  131. 風呂敷
  132. 誕生日
  133. 転職
  134. お彼岸
  135. 開業祝い
  136. 子ども
  137. クッキー詰めわせ
  138. 厄年
  139. 卒園祝い
  140. 発表会
  141. クッキー詰め合わせ
  142. 新築祝い
  143. 新築内祝い
  144. ガトーエクセラン
  145. 期間限定商品
  146. 焼き菓子
  147. 年始
  148. クッキーラングドシャ―
  149. 引越し内祝い
  150. 夏休み
  151. 手渡し
  152. 入学祝い
  153. 餞別
  154. お返し
  155. 母の日
  156. 退職
  157. 洋菓子
  158. 焼き菓子詰め合わせ
  159. 子どもの日
  160. 白寿
  161. お泊り会
  162. 贈り物
  163. 水引
  164. お年賀
  165. 異動
  166. お土産
  167. 葬式
  168. ホワイトデー
  169. ご褒美
  170. ケーキ
  171. 職場