関連キーワード

公開日:2020/07/10

きちんと渡して好感度アップ!義実家への手土産のマナー

夏休みに毎年帰省されている方は、義実家への手土産はどうされていますか?
特に結婚して初めての夏を迎える方にとって、義実家への帰省は気をつかうものです。そこで今回は、義実家への帰省の際に持っていく手土産についてご紹介します。

手土産にふさわしいものって?


義両親の好きなものがわかっている場合は、それを手土産にするのがいちばんです。特にない場合は、季節のフルーツや洋菓子・和菓子の詰め合わせ、お茶や紅茶など、誰もが好きそうなものを選んでおけば間違いはないでしょう。義両親が二人だけで住んでいる場合は、なるべく日持ちのするものを選ぶのがおすすめです。また、甥っ子さんや姪っ子さんなど小さいお子さんと会う予定がある場合は、おもちゃやゲーム、お菓子などを持っていくと喜ばれます。

 

  • 予算の相場は1,000円〜3,000円

金額の目安は、1,000円〜3,000円が一般的です。滞在日数が長い場合は、もう少し予算を多めにしても良いかもしれません。ただし、あまり高くなると相手の負担になることもあるので、高くても5,000円以内に収めるようにしましょう。

  • のしは不要です

手土産には基本的にのしは必要ありません。ただし、あっても失礼にはならないので、のしをつけても問題ありません。のしをつける場合は、赤白の蝶結びのものを選びましょう。表書きには「御土産」もしくは「御挨拶」と書くのが一般的です。

 

<老若男女問わずよろこばれる ヨックモックの「シガール」はこちら

 

<個包装で分け合える クッキー詰め合わせはこちら

 

どうやって渡せばいいの?


手土産は、部屋に通されて挨拶をするタイミングで渡すのがマナーです。包みから出した品物は、傷や汚れがないことを確かめてから、相手に品物の正面が向くように渡します。この時、「よろしければお召し上がりください」や「心ばかりのものですがお口に合うとうれしいです」など、スマートな一言を添えて渡すと、相手も気持ちよく受け取れます。手土産を包んだ風呂敷や紙袋は必ず持って帰るようにしましょう。男性の実家の場合は女性が、女性の実家の場合は男性が渡すようにすると印象が良いかもしれません。

 

義両親の中には「何もいらないよ」と言ってくださる方もいらっしゃるかもしれませんが、手土産はしっかりと用意しておいた方が良いでしょう。そして、最低限のマナーを押さえておけば、好感度は間違いなく上がります。手土産をスマートに渡して、楽しい帰省にしてください。

 

  1. プロポーズ
  2. 雨の日
  3. 敬老の日
  4. 誕生日
  5. 手土産
  6. 帰省
  7. クリスマス
  8. お祝い
  9. ギフト
  10. マナー
  11. お中元
  12. 内祝い
  13. 夏休み
  14. 父の日
  15. ハロウィン
  16. 洋菓子
  17. 出産祝い
  18. クッキー
  19. 南青山ロール
  20. 暑中見舞い
  21. ラングドシャー
  22. シガール
  23. アイスクリーム
  24. ケーキ
  25. 還暦
  26. 残暑見舞い
  27. 退職祝い
  28. 快気祝い
  29. 洋菓子詰め合わせ
  30. 結婚記念日
  31. 香典返し
  32. クッキー詰め合わせ
  33. 七五三
  34. 出産内祝い
  35. お供え物
  36. ご挨拶
  37. 喜寿
  38. お菓子
  39. お盆
  40. 梅雨
  41. スイーツ
  42. おうち時間
  43. 退職
  44. クッキーラングドシャー
  45. お歳暮
  46. 法事
  47. 詰め合わせ
  48. お彼岸
  49. お土産
  50. 期間限定商品
  51. ウエディング
  52. 結婚
  53. プチギフト
  54. ご褒美
  55. 季節のご挨拶
  56. 引越し祝い
  57. 新築祝い
  58. プレゼント
  59. 贈りもの
  60. 職場
  61. 結婚式