関連キーワード

知っておきたい!帰省の際の手土産の選び方

毎年お盆が近づくと、実家への帰省を考える方は多いのではないでしょうか。家族や親戚に久しぶりに顔を合わせるのだから、ちょっとした手土産を持って会いに行きたいものです。そこで今回は帰省の際に持っていく手土産の正しい選び方を紹介します。

帰省時の手土産は何を選べばいいの?


お盆は大人数で集まることが多いので、その場で簡単に取り分けられるものや、みんなで一緒に食べられるものが選ばれやすいようです。親戚に小さなお子様がいる場合は、子供向けの手土産が必要になることもあります。しかしながら、相手の好みを取り入れたものがいちばん喜ばれるので、家族の好みに合ったものを選ぶのが良いのではないでしょうか。

<老若男女問わずよろこばれる ヨックモックの「シガール」はこちら

では、おすすめの手土産とは?


 

個別包装されているお菓子

たとえば、ひとつひとつ個別に包装されているお菓子なら、各自が好きなタイミングでいつでもおいしく食べることができます。包丁や食器を用意する必要もありません。中でもクッキーなどの焼き菓子は、日持ちがする商品が多いので人気があります。

<個包装で分け合える クッキー詰め合わせはこちら

旅行先の名産品や銘菓

帰省前に旅行に行ったのであれば、現地で購入した、その土地ならではの名産品や銘菓を手土産として持っていくのも良いでしょう。話題のきっかけにもなるので、久しぶりの会話がはずみます。

 

年代を選ばない旬のおいしさ

ケーキやプリン、フルーツといった定番のものや、ゼリーや水羊羹など夏らしいなスイーツは、どの年代からも人気が高いのでおすすめです。小さいお子さんがいる場合は、お菓子の詰め合わせなども喜ばれます。

 

 

今回は、帰省の際に役立つ手土産の選び方をご紹介しましたが、最も正しい選び方は、両親や親戚の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶことです。そして何よりも、「ただいま!」と笑顔で帰ることが、いちばんのお土産ではないでしょうか。今年の夏も、心の込もった手土産を持って、大切な人たちに会いに行きましょう。

  1. 結婚記念日
  2. クッキー
  3. 梅雨
  4. 退職
  5. ハロウィン
  6. お歳暮
  7. おうち時間
  8. 七五三
  9. ギフト
  10. 退職祝い
  11. スイーツ
  12. お供え物
  13. お祝い
  14. クリスマス
  15. ラングドシャー
  16. クッキー詰め合わせ
  17. 残暑見舞い
  18. 香典返し
  19. 誕生日
  20. お土産
  21. プチギフト
  22. 父の日
  23. シガール
  24. お菓子
  25. お中元
  26. アイスクリーム
  27. 洋菓子
  28. 法事
  29. 喜寿
  30. 暑中見舞い
  31. 結婚式
  32. 出産祝い
  33. 敬老の日
  34. ご挨拶
  35. お盆
  36. クッキーラングドシャー
  37. 還暦
  38. 季節のご挨拶
  39. マナー
  40. お彼岸
  41. 贈りもの
  42. 新築祝い
  43. 夏休み
  44. 期間限定商品
  45. 快気祝い
  46. 洋菓子詰め合わせ
  47. 手土産
  48. 職場
  49. 南青山ロール
  50. 帰省
  51. 内祝い
  52. プレゼント
  53. 引越し祝い
  54. 詰め合わせ
  55. 雨の日
  56. 出産内祝い