お中元の時期は全国で違うって本当?地域別・お中元を贈る時期

お中元は、目上の方やお世話になった方々に対して、感謝と思いやりの気持ちを込めて贈る「季節の贈り物」です。しかし、お中元を贈る時期で迷われることが多いのではないでしょうか。お中元を贈る時期は、実は地方や地域によって異なります。まずは、一般的とされている、地域別のお中元を贈る時期を一覧でご紹介いたします。

 

<地域別・お中元を贈る時期 一覧>


地域 時期
北海道 7月15日~8月15日
東北 7月 1日~7月15日
関東 7月 1日~7月15日
東海 7月15日~8月15日
北陸 7月 1日~7月15日 ※1
関西・近畿 7月15日~8月15日
中国 7月15日~8月15日
四国 7月15日~8月15日
九州 8月1日~8月15日
沖縄 旧暦の7月15日まで ※2

 

※1 北陸地方の中でも、一部の地域は7月15日~8月15日とされています。事前に贈り先のマナーを確認しておきましょう。

※2 沖縄については、現在の暦でいうと8月中旬~9月初旬頃の時期とされていますが、暦により異なるため、事前に確認しておきましょう。

 

<ラングドシャ―生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

「のし」は必要なの?


お中元には「のし」をかけて贈るのが一般的です。水引は紅白の蝶結びのものを選び、表書きには「御中元」と書きましょう。その下には、少し小さめの文字で、送り主の名前をフルネームで書きます。どちらも濃い色の墨を用いて楷書体で描くのが基本です。

生ものを贈る場合は、のしを付けずに贈ることもあります。近年では、のしをあらかじめ印刷した包装紙を利用した「エコ包装」を選ぶ方が増えています。オンラインショップでも、お中元用ののしをかけてくれるサービスもあるので利用すると良いでしょう。

 

<ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

贈りそびれたらどうするの?


お中元を贈りそびれてしまった場合は、のしの表書きを変えることで対処できます。お中元を贈る場合、紅白の蝶結びの水引を使ったのし紙に「御中元」と書きますが、時期が遅れてしまった場合は「残暑御見舞」と書いて贈りましょう。


喪中の場合は贈ってもいいの?


お中元は、普段お世話になっていることに対する感謝の気持ちを贈るものなので、相手が喪中であっても贈っても良いとされています。自分が喪中であっても同様です。ただし、忌中の場合は控えるのが望ましいでしょう。仏式の場合は四十九日、神式の場合は五十日を過ぎてから贈るのが無難です。どうしても気になる場合は、時期をずらして暑中見舞いや残暑見舞いとして贈る方法もあります。

 

<テーブルを彩るドレスアップゼリー ヨックモックの夏ギフト ジュレ ア ターブルはこちら

 

お中元にお返しは必要なの?


お中元は一般的に、目下の方から目上の方に対して贈るものなので、お礼状を返すだけで構いません。ただし、普段からお世話になっている場合や、仕事上で深いお付き合いなどがある場合は、相手との関係性を考慮して、お返しの品物を贈る場合もあります。そのような場合は、いただいた品物と同等程度の金額の品物を選ぶようにしましょう。いただいた品物よりも高額のものをお返しすると、相手に失礼にあたるので注意してください。

 

<予算で選べる クッキー詰め合わせはこちら

 

お中元は、目上の方やお世話になった方々に対して、日頃の感謝と健康を願って贈る「季節の贈りもの」です。
今回ご紹介した全国のお中元を贈る時期と、贈りそびれてしまった場合の対処法など基本的なマナーをしっかり把握して、デキる大人を目指しましょう。


【関連コラム】

「新婚さん必見!覚えておきたい結婚後のお中元マナー」地域別特集

北海道・東北地方編

関東地方編

関西地方編 

東海・北陸地方編

中国・四国地方編

九州・沖縄地方編

 

 

  1. お盆
  2. お香典返し
  3. のし
  4. バレンタイン
  5. 配送
  6. 水引
  7. 長寿
  8. 退職
  9. 誕生日
  10. 義父
  11. お中元
  12. お泊り会
  13. スイーツ
  14. 季節のご挨拶
  15. カーネーション
  16. 入学祝い
  17. 喜寿
  18. クッキーラングドシャ―
  19. ご褒美
  20. チョコレート
  21. 内祝い
  22. 成人式
  23. 雨の日
  24. アイスクリーム
  25. ホワイトデー
  26. 餞別
  27. ご挨拶
  28. 結婚記念日
  29. クリスマスケーキ
  30. ビジネス
  31. クッキー詰めわせ
  32. 夏休み
  33. お礼
  34. 節句
  35. クリスマス
  36. 引越し内祝い
  37. 異動
  38. ギフト
  39. 緑寿
  40. お土産
  41. 歴史
  42. 銀婚式
  43. 法事
  44. 暑中見舞い
  45. ゴールデンウィーク
  46. おもてなし
  47. お彼岸
  48. 子供
  49. 入園祝い
  50. 結婚式
  51. ウエディング
  52. プレゼント
  53. 転職
  54. お正月
  55. おうち時間
  56. 発表会
  57. お祝い
  58. バレンタインデー
  59. 卒業
  60. 米寿
  61. 初節句
  62. 結婚祝い
  63. 還暦
  64. 昇進祝い
  65. 母の日
  66. 南青山ロール
  67. 風呂敷
  68. お餞別
  69. 成人内祝い
  70. お花見
  71. 寒中見舞い
  72. 楽しい
  73. 端午の節句
  74. 家庭訪問
  75. GW
  76. ガトーエクセラン
  77. 開業祝い
  78. 傘寿
  79. 詰め合わせ
  80. お菓子
  81. お年賀
  82. 冠婚葬祭
  83. イースター
  84. 結婚
  85. プロポーズ
  86. ジューンブライド
  87. 出産内祝い
  88. お見舞い
  89. 取引先
  90. クッキー詰め合わせ
  91. チョコ
  92. 年末
  93. 喪中
  94. 訃報
  95. 義母
  96. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  97. 父の日
  98. 就職祝い
  99. 帰省
  100. 職場
  101. 引越し祝い
  102. 節分
  103. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  104. ティータイム
  105. 成人祝い
  106. 出産祝い
  107. 新築内祝い
  108. 贈りもの
  109. 洋菓子詰め合わせ
  110. 紅茶
  111. シガール
  112. 敬老の日
  113. ケーキ
  114. プレゼント.贈りもの
  115. 由来
  116. 年始
  117. プチギフト
  118. 年末年始
  119. 手土産
  120. 快気祝い
  121. ハロウィン
  122. 初詣
  123. 引き出物
  124. マナー
  125. ラングドシャー
  126. 卒園祝い
  127. 結納
  128. 子どもの日
  129. 引越し
  130. 七五三
  131. クッキー
  132. アイスティー
  133. 入社祝い
  134. 卒業祝い
  135. 謝罪
  136. 新築祝い
  137. 香典返し
  138. 退職祝い
  139. 葬式
  140. 期間限定商品
  141. お供え物
  142. 栄転祝い
  143. クッキーラングドシャー
  144. お歳暮
  145. 梅雨
  146. 洋菓子
  147. 卒寿
  148. 残暑見舞い