結婚の内祝いの相場ってどれくらい?いつ贈ったらいいの?

結婚の内祝いとは、結婚のお祝いをいただいた方へのお返しとなる贈りものです。
この内祝いのマナー、きちんと把握していますか?
今回は、結婚の内祝いの相場や贈る時期についてまとめてみました。

<感謝の気持ちを伝える ヨックモックの結婚内祝いギフトはこちら

 

結婚の内祝いを贈る前にやっておくこと


◎お礼を伝える
結婚のお祝いをいただいたら、内祝いを贈るよりも先に、まずは相手に感謝の言葉を伝えることが大切です。ご自宅などで直接いただいた場合はもちろんですが、宅配便でいただいた場合には早めに電話をするなどして、「品物が届いたこと」と「お礼」を伝えます。直接電話で伝えることで、相手に丁寧な印象を与えるので、メールでの連絡は避けたほうが良いでしょう。

◎内祝いのリストを作る
結婚のお祝いが届く時期は、婚約期間から結婚式の後までさまざまです。そのため、もれなく内祝いを贈ることが出来るように、お祝いをいただいた方々をリストにしておきましょう。リストには「お祝いをいただいた方の名前と住所」「お祝いの金額」「披露宴に招待しているか」といったことを確認できるようにすると便利です。

 

内祝いを贈る予算


一般的に内祝いの費用は、結婚祝いとしていただいたお祝い品の半額程度の品物を用意します。いわゆる「半返し」と呼ばれるものです。半返しを目安とした内祝いであれば、相手は恐縮することなく素直に受け取ってくださるでしょう。しかし、上司や親戚の方からいただいたお祝い品の金額が10万円を超えるような場合、半返しは避けたほうが良いかもしれません。相手によってはかえって恐縮されるケースがあります。感謝の気持ちを伝えて、素直に甘えることも大切です。

<まごころが伝わる ヨックモックの「シガール」はこちら

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

<個包装で分け合える ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

贈る時期は「1ヶ月以内」に


内祝いを贈る時期は、入籍や挙式から1ヶ月以内を目安にすると良いでしょう。内祝いには無事に結婚したことを伝える意味合いもあります。あまり遅くなってしまうと、失礼にあたるので注意が必要です。

 

内祝いにかける費用は、相手によって異なるため、贈る物も変わってきます。相手のことを頭に浮かべながら、贈り先に喜んでもらえるよう品物を一つずつ選んでいくのも良いのではないでしょうか。
結婚後も、お祝いをいただいた相手との関係は続いていきます。
今後の末長いお付き合いを考えると、正しいマナーに則って内祝いを贈りたいですね。

 

  1. 帰省
  2. 内祝い
  3. 期間限定商品
  4. 雨の日
  5. ラングドシャー
  6. 結婚式
  7. 残暑見舞い
  8. お盆
  9. ギフト
  10. 法事
  11. シガール
  12. 手土産
  13. 父の日
  14. お中元
  15. クッキーラングドシャー
  16. 南青山ロール
  17. アイスクリーム
  18. マナー
  19. お供え物
  20. 引越し祝い
  21. 新築祝い
  22. 暑中見舞い
  23. お祝い
  24. 梅雨
  25. おうち時間
  26. クッキー詰め合わせ
  27. ご挨拶