新婚さん必見!覚えておきたい結婚後のお中元マナー【北海道・東北地方編】

結婚して家庭を築くと、両家の親や親族との付き合いなどで、あまり馴染みのない習慣に触れる機会も多くなります。夏の盛りに日頃の感謝と健康を願って贈る「お中元」も、そのひとつです。とくに結婚後初めての夏を迎えたご夫婦の中には、お中元に関するマナーでお悩みの方も多いですよね。そこで今回は、お中元を贈る時期や贈るべき相手など覚えておきたい基本マナーをご紹介いたします。

 

Q:お中元を贈る時期は?


お中元シーズンと呼ばれる時期は、7月の初旬〜8月初旬が一般的ですが、お中元を贈る時期は地域によって異なります。北海道には「7月15日〜8月15日」に、東北地方には「7月1日〜7月15日」に贈るのが一般的とされています。北海道は比較的期間が長いので、もし贈る時期に迷ったら、全国の一般的な期間と重なる「7月15日」を目安に贈りましょう。

 

Q:結婚後は実家にお中元を贈るべき?


結婚してひとつの家庭として独立した後は、両家の実家にお中元を贈るのがマナーとされています。しかし、実際にお中元を実家に贈るか否かは地域や家によって考え方が異なるため、ご両親に確認することをおすすめします。ご両親がそれぞれの実家にお中元を贈っていた場合は、同じように実家にお中元を贈るのが良いでしょう。ただし、ご主人の兄弟が既に結婚されていてお中元を贈る習慣がないようであれば、お中元を贈ってしまうと逆に親戚づきあいに角が立ってしまう可能性もあります。義実家に関しては、夫婦で相談してお中元を贈るかどうかを決めましょう。お中元は毎年続けていくことになるため、はじめに両家の考えや習慣をしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

Q:両親へ贈るお中元の相場と定番の品は?


実家へ贈るお中元の相場は、5,000円前後とされています。暑い夏の贈り物ということで、涼をとるのにピッタリなアイスコーヒーやビールといった飲み物、涼しげなゼリーや水ようかんなどのスイーツが定番です。夏に食べたい素麺や、夏バテ予防のお肉も喜ばれるでしょう。

<ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

Q:お中元の“のしはどうするの?


お中元には、紅白蝶結びの水引を使うのが一般的です。のし紙の上段に「御中元」、下段に自分の苗字を筆ペンや毛筆、マジックペンで書くのが正式なスタイルです。蟹や肉などの生ものを贈る場合は、表書きの右上の「のし飾り」がないのし紙を使うのがしきたりです。贈り物に合わせて、正しいのし紙を選んでください。

<ヨックモックのギフトサービスはこちら

実家の習慣がわからない場合は、最初の年だけお中元を贈ってみて、反応をうかがってみるのもひとつの方法です。「気を遣わないで」と言われた場合は、お中元を贈るのは控えて、父の日や母の日といった別の機会に日頃の感謝を伝えるようにしましょう。

 

 

【関連コラム】

お中元とお歳暮の違いとは

お中元の時期は全国で違うって本当?地域別・お中元を贈る時期

ご存知ですか?「古希祝い」のマナーと意味

 

  1. 梅雨
  2. 還暦
  3. 父の日
  4. 出産祝い
  5. 季節のご挨拶
  6. シガール
  7. 結婚式
  8. お菓子
  9. 洋菓子詰め合わせ
  10. 引越し祝い
  11. 退職祝い
  12. ギフト
  13. 出産内祝い
  14. クッキー
  15. お中元
  16. 快気祝い
  17. ラングドシャー
  18. ご挨拶
  19. 退職
  20. 誕生日
  21. アイスクリーム
  22. お盆
  23. 期間限定商品
  24. 手土産
  25. 内祝い
  26. お彼岸
  27. 香典返し
  28. お土産
  29. クッキー詰め合わせ
  30. 職場
  31. プレゼント
  32. 詰め合わせ
  33. 敬老の日
  34. 七五三
  35. マナー
  36. 結婚記念日
  37. 南青山ロール
  38. 新築祝い
  39. お祝い
  40. おうち時間
  41. 夏休み
  42. クッキーラングドシャー
  43. 喜寿
  44. クリスマス
  45. 残暑見舞い
  46. 帰省
  47. お供え物
  48. スイーツ
  49. 贈りもの
  50. 雨の日
  51. お歳暮
  52. ハロウィン
  53. 洋菓子
  54. プチギフト
  55. 法事
  56. 暑中見舞い