喪中にお中元を贈る&貰うのはOK?NG?【関東地方編】

お中元といえば、日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちを伝える贈り物ですが、相手や自分が喪中である場合には普段どおりに贈ってもいいのか迷いますよね。お中元はお祝いごととは別物にも思えますが、控えたほうが良いのでしょうか。今回は、喪中のお中元に関するマナーについてご紹介いたします。

 

<大切な人へ感謝の気持ちをお届け  ヨックモックのお中元特集2021はこちら

 

喪中のお中元は贈るのも貰うのもOK!


お中元は日頃の感謝や健康を願う気持ちを込めた「季節のお見舞い品」であるため、贈るのも貰うのも、基本的には問題ありません。関東地方に贈る場合は7月初旬~7月15日が一般的な期間とされています。しかし、近年は6月中旬頃から贈りはじめる方も増えているようなので、早めの準備を心がけましょう。

 

相手が喪中の場合

喪中の相手にお中元を贈っても問題はありませんが、悲しみで気持ちが沈んでいる時に、お中元をもらっても相手は喜べないかもしれません。喪中の相手に贈ることがどうしても気になる場合は、お悔やみの挨拶をする際などに、お中元を贈ってもよいかどうかを確認してもよいでしょう。

自分が喪中の場合

自分自身が喪中の場合でも相手にお中元を贈ることはできます。ただし、相手によっては喪中の人からのお中元を縁起がよくないと気にする方もいらっしゃるかもしれません。かえって気を遣わせてしまうことにもなるので、お中元を贈る時期をずらすなどして配慮してもよいでしょう。

それでは、喪中にお中元を贈る場合にはどのようなことに注意すれば良いのでしょう。

 

「のし」は白い無地の奉書紙や白い短冊を


喪中でもお中元を贈る場合、品物の包装に使用するのしの選び方には注意が必要です。一般的にお中元に使用されている紅白の水引は、喪中には適していません。白い無地の奉書紙や白い短冊を選び、表書きには「御中元」と記すのが一般的です。贈る時期をずらして、暑中見舞いや残暑見舞いとして相手に贈る場合も同様です。

 

<ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

四十九日を過ぎてから贈りましょう


四十九日が過ぎるまでの期間は、法事や各種手続きなどで何かと忙しい日々が続き、相手の気持ちの整理がついていない可能性があります。お中元を贈ることでかえって負担を与えてしまうこともあるため、四十九日を過ぎてから贈るようにしましょう。しかし、大切な人を失った悲しみは簡単に癒えるものではありません。場合によっては、お中元を控えることも選択肢に入れておきましょう。

 

<まごころ伝わる贈り物 ヨックモックの「シガール」はこちら

 

故人宛に贈らない


故人宛にお中元を贈るのは失礼にあたります。たとえ長年の習慣であったとしても、故人の家族と付き合いがない場合はお中元を贈るのを控えましょう。故人の家族とも付き合いがあり、今後も関係を続けていきたい場合は、家族宛に贈るなどの配慮が必要です。

 

喪中の際に贈ってはいけないものがある


普段のお中元と同じように、「踏みつける」という意味を持つ靴やスリッパ、「縁を切る」ということを連想させる刃物類やハンカチなどは、贈ってはいけないものとされているので品物を選ぶ際には注意が必要です。また、相手が喪中の場合は、すでに様々な品物がお供え物として贈られている可能性があります。できるだけ賞味期限が長いものや、生活雑貨のような実用的なものを贈ると安心です。品物に添える送り状や挨拶状にも、お祝いの言葉は避け、相手の気持ちに寄り添った文面にすることが大切です。

 

お中元の時期がずれたら「残暑御見舞」に


四十九日が過ぎるのを待つことでお中元の期間がずれてしまう場合には、「残暑御見舞」として贈るのがベターです。目上の方に贈る場合には「残暑御見舞」ではなく「残暑御伺い」になることを注意してください。8月末までなら「残暑御見舞」として贈ることが可能です。9月上旬を過ぎてしまった場合は、お中元は贈らないようにしましょう。

 

喪中の際にお中元を貰ったらお礼状を


自分が喪中である場合でもお中元を受け取って問題ありません。その場合は、品物が届いてから3日以内にお礼状を送りましょう。お中元のお返しは不要とされていますが、お礼状以外にも品物を贈りたいという場合は、贈られてきた品物のおよそ半額程度のものを選ぶのがマナーとされています。また、相手が故人の訃報を知らずにお中元を贈ってくることも考えられます。そのような場合は、いただいた品物は頂戴した上で、お礼状を添えて同等額の品物をお返しすると丁寧です。お礼状には、故人が亡くなったこと、訃報の連絡が届かなかったことへのお詫びの気持ちを記載しましょう。

 

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

<個包装で分け合える ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

お中元は、人と人のつながりを実感する大切な習慣です。相手の方の失礼にならないよう、基本的なマナーを身につけて、気遣いや思いやりの心でお中元を贈りましょう。

 

 

  1. 餞別
  2. ホワイトデー
  3. チョコレート
  4. ガトーエクセラン
  5. 銀婚式
  6. ご褒美
  7. 誕生日
  8. 節分
  9. 卒業
  10. お年賀
  11. アイスクリーム
  12. 敬老の日
  13. ラングドシャー
  14. 父の日
  15. クッキーラングドシャー
  16. お彼岸
  17. 白寿
  18. 引越し
  19. 結納
  20. お盆
  21. ビジネス
  22. 七五三
  23. 出産祝い
  24. 緑寿
  25. ギフト
  26. お餞別
  27. 退職
  28. プレゼント.贈りもの
  29. イースター
  30. プロポーズ
  31. お礼
  32. 引越し内祝い
  33. 結婚記念日
  34. 端午の節句
  35. ジューンブライド
  36. 冠婚葬祭
  37. GW
  38. 詰め合わせ
  39. 夏休み
  40. バレンタイン
  41. ご挨拶
  42. 職場
  43. お歳暮
  44. 長寿
  45. 快気祝い
  46. アイスティー
  47. 金婚式
  48. 年始
  49. 喪中
  50. 退職祝い
  51. 残暑見舞い
  52. お返し
  53. プレゼント
  54. 卒園祝い
  55. 洋菓子
  56. 義父
  57. 喜寿
  58. お花見
  59. 取引先
  60. 子ども
  61. 卒業祝い
  62. 内祝い
  63. おもてなし
  64. 初節句
  65. お見舞い
  66. 異動
  67. 配送
  68. お中元.マナー
  69. 紅茶
  70. ティータイム
  71. 入社祝い
  72. 初詣
  73. 水引
  74. お供え物
  75. お正月
  76. フルーツジュレ
  77. カーネーション
  78. 楽しい
  79. 母の日
  80. ウエディング
  81. 訃報
  82. ケーキ
  83. 風呂敷
  84. 梅雨
  85. クッキーラングドシャ―
  86. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  87. 歴史
  88. 出産内祝い
  89. 七夕
  90. シガール
  91. 手土産
  92. クッキー
  93. 贈り物
  94. 還暦
  95. 義母
  96. 由来
  97. 結婚祝い
  98. 雨の日
  99. 結婚
  100. 子供
  101. ハロウィン
  102. 成人内祝い
  103. 傘寿
  104. お中元
  105. 謝罪
  106. バレンタインデー
  107. 新築祝い
  108. スイーツ
  109. のし
  110. お菓子
  111. 贈りもの
  112. 卒寿
  113. クリスマス
  114. 南青山ロール
  115. 成人祝い
  116. 結婚式
  117. ゴールデンウィーク
  118. 帰省
  119. 就職祝い
  120. 入学祝い
  121. 寒中見舞い
  122. 子どもの日
  123. 栄転祝い
  124. お泊り会
  125. マナー
  126. チョコ
  127. クッキー詰め合わせ
  128. 暑中見舞い
  129. 香典返し
  130. 発表会
  131. 期間限定商品
  132. ダイヤモンド婚式
  133. 葬式
  134. お土産
  135. クッキー詰めわせ
  136. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  137. 年末
  138. 開業祝い
  139. 洋菓子詰め合わせ
  140. 成人式
  141. 転職
  142. お祝い
  143. プチギフト
  144. 引き出物
  145. お礼状
  146. 年末年始
  147. 引越し祝い
  148. 季節のご挨拶
  149. 節句
  150. 米寿
  151. クリスマスケーキ
  152. お香典返し
  153. 入園祝い
  154. 法事
  155. 昇進祝い
  156. 新築内祝い
  157. 家庭訪問
  158. おうち時間