お中元の時期は全国で違うって本当?【九州・沖縄地方編】

お中元は、目上の方やお世話になった方々に対して、感謝と思いやりの気持ちを込めて贈る「季節の贈りもの」です。しかし、お中元を贈る時期で迷われることが多いのではないでしょうか。お中元を贈る時期は、じつは地方や地域によって異なります。まずは、一般的とされている、地域別のお中元を贈る時期を一覧でご紹介いたします。

 

 

<地域別・お中元を贈る時期 一覧>


 

地域 時期
北海道 7月15日~8月15日
東北 7月 1日~7月15日
関東 7月 1日~7月15日
東海 7月15日~8月15日
北陸 7月 1日~7月15日 ※1
関西・近畿 7月15日~8月15日
中国 7月15日~8月15日
四国 7月15日~8月15日
九州 8月1日~8月15日
沖縄 旧暦の7月15日まで ※2

 

※1 北陸地方の中でも、一部の地域は7月15日~8月15日とされています。事前に贈り先のマナーを確認しておきましょう。

※2 沖縄については、現在の暦でいうと8月中旬~9月初旬頃の時期とされていますが、暦により異なるため、事前に確認しておきましょう。

上の「地域別お中元の時期一覧」の表からもわかるように、お中元の時期は地域によって異なります。九州の場合は「8月1日~8月15日」に贈るのが一般的です。一方、沖縄は「旧暦の7月15日まで」に贈るのが一般的とされており毎年日付が変わります。事前にインターネットなどで旧暦のカレンダーを確認しておきましょう。

もし、お中元を贈りそびれてしまったら・・・?


お中元の時期を逃してしまった時は「のしの表書き」を変えて贈りましょう。お中元は紅白の蝶結びの水引を使ったのし紙に「御中元」と書きますが、時期が遅れてしまった場合は、以下のように書いて贈りましょう。

・8月15日まで = 御中元
・8月15日以降 = 残暑御見舞

<ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

 

目上の方やお世話になった方々に対して、感謝と思いやりの気持ちを込めて贈るのがお中元です。相手に失礼のないよう、送り先の事情やその地域のマナーをしっかり守って贈りましょう。

  1. 出産内祝い
  2. 期間限定商品
  3. お祝い
  4. 残暑見舞い
  5. ギフト
  6. 帰省
  7. 七五三
  8. 季節のご挨拶
  9. 詰め合わせ
  10. お菓子
  11. 夏休み
  12. クッキー詰め合わせ
  13. スイーツ
  14. 雨の日
  15. 手土産
  16. お歳暮
  17. 結婚式
  18. お彼岸
  19. 父の日
  20. クリスマス
  21. プレゼント
  22. 退職
  23. ハロウィン
  24. 敬老の日
  25. 結婚記念日
  26. クッキーラングドシャー
  27. お土産
  28. おうち時間
  29. 暑中見舞い
  30. 職場
  31. 喜寿
  32. 洋菓子
  33. クッキー
  34. 結婚
  35. 洋菓子詰め合わせ
  36. 南青山ロール
  37. マナー
  38. ご挨拶
  39. 梅雨
  40. 新築祝い
  41. 快気祝い
  42. 香典返し
  43. 出産祝い
  44. お盆
  45. 贈りもの
  46. 還暦
  47. プチギフト
  48. ウエディング
  49. ケーキ
  50. アイスクリーム
  51. 内祝い
  52. 引越し祝い
  53. お中元
  54. ラングドシャー
  55. ご褒美
  56. 退職祝い
  57. 誕生日
  58. シガール
  59. 法事
  60. お供え物
  61. プロポーズ